★★★☆☆

シェアメイト(角川ホラー文庫/新津 きよみ ) ~【新刊】2018/3/24発刊

投稿日:2018年4月18日 更新日:

  • 恐怖というより不安の物語
  • 女性の一人称で語られる家にまつわる短編6つ
  • はっきりと幸不幸が決まらない不思議な読み心地
  • おススメ度:★★★☆☆(3.5という感じ)

角川ホラー文庫というのは非常に貴重な存在で、このようなホラーを題材にしているサイトでは、良く取り上げれていると思う。ちゃんと調べたわけではないが、メジャーレーベルでホラーの新刊を毎月出しているというのはこれだけだと思う。それに、本屋に行くと背表紙が黒一色なので、非常に分かりやすい。古本屋で本を探すとき、黒い背表紙の本を選ぶと高確率でホラー、そして、角川ホラー文庫だ(黒豹シリーズ(特命武装検事・黒木豹介/門田泰明)も黒いがそれは分かる)。

(あらすじ)女性と家をテーマに取ったホラー小説。心理ホラーあり、幽霊系ホラーあり、社会系ホラーあり、不条理ホラーありと結構バラエティに富んだテーマを扱っている。表題作は、幼友達と長じてからルームシェアをした女性の遭遇するある奇禍を描く。全体的な作風としては、直接的な残酷描写や性的な表現はほとんどなく、心理的な微妙なニュアンスを扱ったホラー集になっている。その他、家に取り憑かれた家政婦の話、定年後に田舎に移り住んだ夫婦とその娘の話、幽霊が見える女性のあるミステリなどが収録されている。

面白いのは、単純に「恐怖」と言ったもので片づけられない感情を扱っていること。好意と悪意が入り混じった物語になっていて、ハッピーエンドにもバッドエンドにも、もっていっていないのが気に入った。題材的に、ホラーとして片づけてしまうこともできるのだが、そういう風に結論付けない。例えば、表題作は、主人公が被害を被るのだが、実は主人公側にも非が無いわけでないというのがポイント。ラストの「楽園」という話も、ハッピーエンドで終わらせられたはずだが、そうはせずに終わらせる辺りに面白さを感じる。私の一番嫌いな話は「さあ、思い切り感動してください」という系の小説だ。

ベタ褒め出来ないのは、設定の細部が甘いところだ。「魔取り」というエピソードがあるが、家政婦の取る行動は、非常に衝動的かつ単純で、こんなことを3回やって無事なはずがない。そういった脇の甘さがあるのが残念だ。ここは徹底的に、もっと言えばミステリ的にリアリティを追及してほしかった。そうすればこの短編ももっと味わい深いものになっていただろう。「我を忘れる」の落ちも何だかなぁと思ったりした。

しかし、平易な文章と設定、細かい章分けのおかげ(短編なのに7つに分かれていたりする)で、大変読みやすい読み物ではある。女性作家ではあるが「女性の暗い情念を描く」と言ったこだわりもなく、すんなりと設定が頭に入ってくる。短編なので、主人公や設定は切り替わるが、特に混乱せずに楽しめるのは軽い読書にピッタリだと思う。

この短編小説集のテーマを敢えて表現すれば「何気ない悪意」だろうか。それは私たちにとって非常に身近なものだ。本人が意識しなくても、人間は人と付き合う以上、悪意にさらされている。それが親しい人間であったらなおさら堪えるだろう。そんな心の弱い部分を刺激するような変化球のようなホラー小説集。設定は平凡だが、思った以上に面白みがあるように感じた。

関係ないが、新刊を取り上げることが少ないので、わざわざ新刊とつけてみた。最近、サイトの趣旨を忘れているので初心に帰ってみた。まあ、初心は忘れるものだ。だからこそ、諺があるわけで。と、いう訳で今後ともよろしくお願いします。

(きうら)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

出口のない海(横山秀夫/講談社文庫)

人間魚雷の乗組員の半生 戦争×野球という珍しい組み合わせ 娯楽作品として読めば楽しい。メッセージ性は弱い。 おススメ度:★★★☆☆ 第二次世界大戦時、人間魚雷こと特攻兵器「回天」の乗組員がいかにして自 …

クリーピー (前川裕/光文社文庫) ネタバレあり

「不気味な隣人」がテーマ 途中までは傑作感がある 期待と落胆 おススメ度:★★★☆☆ タイトルの意味は本書の冒頭で、 creepy (恐怖のために)ぞっと身の毛がよだつような; 気味の悪い(『小学館ラ …

暴君(スティーブン・グリーンブラット、河合祥一郎〔訳〕/岩波新書)~読書メモ(64)

読書メモ(64) 「シェイクスピアの政治学」 暴君がうまれる経緯 オススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 どのような経路をたどって暴君がうまれるのかを、いくつかのそのタイプを実際の作品を通してみていくと …

ラヴクラフト全集(1)(H・P・ラヴクラフト (著)、大西尹明(翻訳)/創元推理文庫)

架空のクトゥルフ神話体系をベースにした怪奇譚 恐怖の周辺を描く独特の作風 コズミックホラーと称される壮大なバックグラウンド おススメ度:★★★☆☆ 日本でも二次創作や三次創作が行われ「知る人ぞ知る」怪 …

清須会議 (三谷幸喜 /監督) ~あらすじと感想

5日間の政治的会議をコミカルに描く 秀吉(大泉洋)と柴田勝家(役所広司)を中心とした群像劇 狙いはわかるが、分かり過ぎるきらいも おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)久しぶりにAmazonの解説文を改 …

アーカイブ