3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

ダークナイト(クリストファー・ノーラン /監督)

投稿日:2019年10月28日 更新日:

  • 何かと話題のジョーカー像
  • ヒース・レジャーはやはりスゲェ
  • 映画としても面白い
  • おススメ度:★★★★☆

今さら感は満載だが「ジョーカー」が公開中の今、何とはなしに前作に当たる「ダークナイト」を見てみたら、そのまま止まらなくなってしまった。2時間半もある長い映画だが、とにかくスピーディでカッコいい。とことんダークな世界観とストーリー。クリストファー・ノーランにしては難解さも少なく、非常に見やすい。今回は事情が事情なので、ジョーカーに注目して見てみた。

驚いたのは、最初はただのチンピラ野郎としてジョーカーが出てくるところだ。そこからマフィアを乗っ取っていく彼の「サクセスストーリー」になっている。ホアキン版のジョーカーは彼がいかにしてジョーカーになったかが描かれているが、そういったバックボーンはほとんどない。飲んだくれの親父に母親が殺され、怯えていたジョーカーに「笑えよ」を口を割かれたという出自は語られるが、それ以外は一切謎。あの不気味なメークで、常にバッドマンの裏をかく巧妙な心理戦を仕掛けてくる。

更に思った以上にフィジカルが強いということ。バットスーツも無いのにバットマンと互角に肉弾戦を繰り広げたりして、なかなかどうして強いのである。何が強いという訳ではないが、とにかく「負けない戦略」を取っている。長いカーチェイスで見せる執拗な攻撃、犬に弱いという弱点をなぜか知っている情報収集能力、あとは度胸と駆け引きのうまさ。そんなフリがあってこそ「ナース姿のジョーカー」という強烈なビジュアルで、自分で仕掛けた爆弾が不発で何度も携帯を押していると、いきなり爆発して驚くというおちゃめなシーンが笑える。現場は、本当に不発気味だったらしいが、そこを名シーンにしてしまう役者の演技力に素直に感心した。彼が亡くなってしまったのは本当に損失だ。

ゲイリー・オールドマンやモーガン・フリーマンなど、脇役も超豪華。彼らの演技も楽しみつつ、ヒロインを途中で〇〇してしまうという大胆な脚本に唸らされ、ラスト付近のジョーカー初めての敗北に息を飲むという作り。もちろん、主役のバットマンはカッコいい。ほとんど体術だけで戦うが、洗練された動きで見せてくれる。傷だらけなのもなんかこの映画を象徴している。

よく言われるが、こういう映画のヒーローと悪役は、まさに「アンパンマンとばいきんまん」の関係で、お互いが存在を補完している。ジョーカーの邪悪さはそれを知ったうえで、バットマンを追い詰めていくところだと思う。愛と憎悪は極限に達すと絶対値で交わってしまうように思う。そういう一枚上の視点で見てみると、さらに色々見えてきて味わい深かった。

ちなみに、他に見て印象に残っているジョーカーはやはりジャック・ニコルソン。もっとコミカルだったが、さすが狂気の男「ジャック・ニコルソン」という演技で楽しめた。当時は、明石家さんまがしきりにパロディでネタにしていた記憶がある。お話としてはこのダークナイトの方が好みだが。

普段はアメコミ物は見ないが、これは別格。ぜひ、未見の方は、見られてはどうか。トゥーフェイスのメイクもなかなかグロくて素晴らしい。こういう「俺はこの映像で勝負する」という覚悟を感じる映画は大好きだ。

(きうら)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ねじの回転(ヘンリー・ジェイムズ[著]・土屋政雄[訳]/光文社古典新訳文庫) ~あらすじと感想

クリスマスイブに古い屋敷で行われた怪奇譚。 二人の美しい子どもたちと、二人の亡霊と、家庭教師の女性と。 (ゴシック小説風)ホラーとして読めます。 おススメ度:★★★★☆ 本書は、聞き手の「私」を含む何 …

バーナード嬢曰く。<1巻> (施川ユウキ/一迅社)

読書家(ぶりたい人)必読のマンガ。 本を読んだつもりになれ…いや、読みたくなる一冊。 こんな学生は、なかなかいないだろうな。 おススメ度:★★★★☆ このマンガは、去年アニメ化もされ、今さら取り上げる …

拷問の話(岡本綺堂/青空文庫)

日本人の誇りを示す貴重な伝聞 拷問とはサディズムにあらす 読みやすい文。感じ入る結末 おススメ度:★★★★✩ (あらすじ)江戸時代、吉五郎という人間が窃盗の罪を犯した。しかし、彼は自白しない為、拷問に …

カフカの父親(トンマーゾ・ランドルフィ、米川良夫・竹山博英・和田忠彦・柱本元彦[訳]/白水Uブックス)

かなり狂ってる人が登場する 奇想とユーモアとナンセンスとシュルレアリスムと 語り手の饒舌さ 奇妙さ:★★★★☆ 【はじめに】 トンマーゾ・ランドルフィ(1908-1979)は、イタリアの文学者。いつか …

それでも人生にイエスと言う(V.E. フランクル[著] 、山田邦男 [翻訳]、‎ 松田美佳 [翻訳])

生きる意味を真正面から問う易しい哲学書 「夜と霧」の著者の講演集 ある意味厳しい問いかけもある おススメ度:★★★★☆ 生きる意味と価値についてかたるということは、こんにち、これまでにもまして、なくて …

アーカイブ