★★★★☆

ダークナイト(クリストファー・ノーラン /監督)

投稿日:2019年10月28日 更新日:

  • 何かと話題のジョーカー像
  • ヒース・レジャーはやはりスゲェ
  • 映画としても面白い
  • おススメ度:★★★★☆

今さら感は満載だが「ジョーカー」が公開中の今、何とはなしに前作に当たる「ダークナイト」を見てみたら、そのまま止まらなくなってしまった。2時間半もある長い映画だが、とにかくスピーディでカッコいい。とことんダークな世界観とストーリー。クリストファー・ノーランにしては難解さも少なく、非常に見やすい。今回は事情が事情なので、ジョーカーに注目して見てみた。

驚いたのは、最初はただのチンピラ野郎としてジョーカーが出てくるところだ。そこからマフィアを乗っ取っていく彼の「サクセスストーリー」になっている。ホアキン版のジョーカーは彼がいかにしてジョーカーになったかが描かれているが、そういったバックボーンはほとんどない。飲んだくれの親父に母親が殺され、怯えていたジョーカーに「笑えよ」を口を割かれたという出自は語られるが、それ以外は一切謎。あの不気味なメークで、常にバッドマンの裏をかく巧妙な心理戦を仕掛けてくる。

更に思った以上にフィジカルが強いということ。バットスーツも無いのにバットマンと互角に肉弾戦を繰り広げたりして、なかなかどうして強いのである。何が強いという訳ではないが、とにかく「負けない戦略」を取っている。長いカーチェイスで見せる執拗な攻撃、犬に弱いという弱点をなぜか知っている情報収集能力、あとは度胸と駆け引きのうまさ。そんなフリがあってこそ「ナース姿のジョーカー」という強烈なビジュアルで、自分で仕掛けた爆弾が不発で何度も携帯を押していると、いきなり爆発して驚くというおちゃめなシーンが笑える。現場は、本当に不発気味だったらしいが、そこを名シーンにしてしまう役者の演技力に素直に感心した。彼が亡くなってしまったのは本当に損失だ。

ゲイリー・オールドマンやモーガン・フリーマンなど、脇役も超豪華。彼らの演技も楽しみつつ、ヒロインを途中で〇〇してしまうという大胆な脚本に唸らされ、ラスト付近のジョーカー初めての敗北に息を飲むという作り。もちろん、主役のバットマンはカッコいい。ほとんど体術だけで戦うが、洗練された動きで見せてくれる。傷だらけなのもなんかこの映画を象徴している。

よく言われるが、こういう映画のヒーローと悪役は、まさに「アンパンマンとばいきんまん」の関係で、お互いが存在を補完している。ジョーカーの邪悪さはそれを知ったうえで、バットマンを追い詰めていくところだと思う。愛と憎悪は極限に達すと絶対値で交わってしまうように思う。そういう一枚上の視点で見てみると、さらに色々見えてきて味わい深かった。

ちなみに、他に見て印象に残っているジョーカーはやはりジャック・ニコルソン。もっとコミカルだったが、さすが狂気の男「ジャック・ニコルソン」という演技で楽しめた。当時は、明石家さんまがしきりにパロディでネタにしていた記憶がある。お話としてはこのダークナイトの方が好みだが。

普段はアメコミ物は見ないが、これは別格。ぜひ、未見の方は、見られてはどうか。トゥーフェイスのメイクもなかなかグロくて素晴らしい。こういう「俺はこの映像で勝負する」という覚悟を感じる映画は大好きだ。

(きうら)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うなぎ鬼(高田侑/角川ホラー文庫)

裏社会系正統派(?)エログロホラー 本当にあった「ヤバい話」風でもあり、都市伝説風でもあり 最後、微妙に狙いがズレた気がするが…… おススメ度:★★★★☆ 過激なものから、純文学まで振れ幅が激しくなっ …

多和田葉子をおすすめしてみる(成城比丘太郎のコラム-08)

「コラム」という名のおすすめ記事 多和田葉子作品の中で、最初に読むにはどれがいいか 最新作『穴あきエフの初恋祭り』についても おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 先日、多和田葉子の『献灯使』(過去記 …

拝み屋郷内 花嫁の家拝み屋(郷内心瞳/MF文庫ダ・ヴィンチ)

「拝み屋」を営む著者の実話怪談集 魅力的な登場人物と秀逸なストーリー 単なる実話系会談集の枠を超えた傑作 おススメ度:★★★★☆ 憑き物落としや安全祈願などを生業とする拝み屋を営む著者が、自らの奇怪な …

原民喜(梯久美子/岩波新書)~読書メモ(012)

読書メモ(12) 原民喜の「死と愛と孤独の肖像」 様々な「死」に囲繞された人生 おススメ度:★★★★☆ 原民喜は1905年生まれということで、私の曾祖母と同年生まれ(ちなみに曾祖母は10年前に他界)な …

千霊一霊物語(アレクサンドル・デュマ、前山悠〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

「語り手」デュマによる「枠物語」 殺人事件から始まる怪奇譚の披露 まさに19世紀オカルティズムの潮流 おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 時は19世紀フランス。語り手のデュマは20代の劇作家。彼はあ …

アーカイブ