★★★☆☆

パタリロ! (第22巻)(魔夜峰央/花とゆめCOMICS) ~パタリロの作者が描くナウシカ

投稿日:

  • パタリロ6世と悪魔の公爵が出てくる番外編
  • 権力闘争からパターン化された「仕事人」風の展開に
  • パロディ満載の22巻。この後も続く。
  • おススメ度:★★★☆☆

「君たちはどう生きるか」などを読めば、ブログ的には話題になるのかな、と思いつつ、そういった世の中の流れに流されることなく、というより最初から船を出していない当ブログでは、なぜかパタリロ、そして、22巻。同じ怪奇+少女漫画+ギャグという構図であれば、仏の漫画賞「遺産賞」を受賞された楳図かずおを取り上げるべきか。しかし、唯一無二という意味では、魔夜峰央は漫画界においてフォロワーのいない(というかしようがない)孤高の存在だと思う。という訳で、徒然なるままに「パタリロ!」の紹介を。

「パタリロ!」は1978年に少女漫画雑誌で連載が始まったギャグ漫画である。マリネラ王国という架空の国の国王パタリロ(8世)を主人公に、MI6のスパイ・バンコランとその愛人マライヒ(男)、パタリロに仕える公務員(?)のタマネギ部隊などが、ベタなギャグを繰り広げる。実はギャグマンガでありつつ、当時としては高度なストーリーも併せ持っており、純粋に物語を楽しめるという点が斬新であった。そして、下書きをしないという恐ろしく繊細な画風。極限までデフォルメされたその絵は、浮世絵などに近いもので、描けと言われてもそうそう描けるものではない。こればかりは文字ではなく、本編を読んでほしい。蛇足だが、大体今回紹介する巻ぐらいまでが全盛期で、この後は惰性感を感じるので、とびとびにしか読んでいない。先日開いた時もノリは一緒だった。

本題。なぜ、パタリロかと言えば、やはりホラー要素を多分に取り入れている点があるからである。初期からもちょくちょくホラー的な要素はあったが、この巻ではホラー要素を前面に押し出して、パタリロ8世の夢という設定で、パタリロ6世が魔界の公爵アスタロトと一緒に、価値の高い魂を巡って、魔界の派閥争いから、ちょっとした仕事人風の「悪が偽善を懲らしめる」的なお話まで、バラエティに富んだ連作となっている。ちなみに、次巻もこの展開は続いていく。基本的にはアスタロトはバンコランと置換可能なキャラなので、基本のフォーマットは同じとも言える。

読み返してみると、まず、実在の悪魔をモデルに、パタリロ風に読み替えた悪魔たちが魅力的だ。ルキフェルやベールゼブブなどのお馴染みの名前から、嘘しか言わない悪魔ベリトや部下の羊顔のブネ、お転婆だが純情な猫娘(!)まで登場する。ベリトは嘘しか言わないという自分のキャラクターを武器に100万回に1回の真実で、アスタロトを罠にはめたりし、その辺が単なるギャグマンガにない面白さになっている。

そして、後半は「ソロモンの指輪」や「やらせに熱心なテレビクルー」などが、アスタロトに懲らしめられるというネタで、この辺は、ギャグテイストのホラーとして十分に通用する内容だ。特にアスタロトに逆らったテレビクルーの末期は悲惨かつ直接的な残酷描写がある。覚えている人も少ないかも知れないが、テレビアニメ版の作風と比べると随分と大人向けなので、ご注意を。さらに男色趣味は相変わらずで、この点は素直にはうなずけないが(少年が犯されていたりする)、時代を先取りしていたともいえる。

あと、おしんからナウシカ、ペコちゃんからマイケル・ジャクソンまで、ありとあらゆるパロディがあるのが、再読しての再発見だった。まさか、こんなにあからさまに描いていたとは。分かる人にはわかると思うが、魔夜峰央が描く「ナウシカ」というだけで、一見の価値あり。ちなみに普段は著作権の関係で、転載は控えているが、元がパロディということもあるので、とくべつに魔夜峰央のナウシカを掲載して終わりにしよう。

うーむ。微妙に似てないというかあってないというか、そもそもネタが滑っている(笑)。小学生の時、私の友人が「風の丘のウレシカ」というパロディ漫画を描いていたのを思い出した。因みにその漫画の登場人物は「よみうり兵」「クールミント爺」など、今思い出しても中々センスのあるネーミングだった。N島君は元気にしているだろうか?

個人的な思い出話をしつつフェードアウト……。

(きうら)


すいません、白状すると、少しも読んでません。

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

あくむ(井上夢人/集英社)※電子書籍版

悪夢をテーマにした短編集 興味深い設定で文章も読みやすい 話のオチには物足りなさを感じる おススメ度:★★★☆☆ 目が覚めると、全身が動かず、おまけに目も見えない。医者の説明によると、全身複雑骨折で、 …

ラッキーマン(マイケル・J・フォックス〔著〕、入江真佐子〔訳〕)

ハリウッドスターとパーキンソン病 バックトゥザ・フューチャーの裏話も 示唆に富む著者の半世記 おススメ度:★★★☆☆ マイケル・J・フォックスと言えば、今でも知らない人の方が少ない俳優だろう。それもほ …

鏡の前のチェス盤(ボンテンペッリ[著]・橋本勝雄[訳]/光文社古典新訳文庫)~あらすじと感想、軽いネタばれ

全年齢向けの「異世界ファンタジー」。 鏡の中に入りこんだ「ぼく」が出会う不思議なものたち。 漫画的なイラスト付きで、子供でも楽しめる。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、イタリアの作家ボンテンペッリの幻 …

ビッグドライバー(スティーヴン・キング(著)/ 高橋恭美子、風間賢二 (訳))

レイプされた女性の復習劇 と、夫の連続猟奇殺人に気付いた妻の苦悩 キング節たっぷり、いい意味で不愉快 オススメ度:★★★☆☆ 稀代のモダンホラー作家・スティーヴン・キングの作品を一つも読まれていないな …

海の底(有川浩/角川文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

SFパニックエンターテイメント小説 男の友情、というかそっち系 残酷描写あり。軽い読書向き。 おススメ度:★★★☆☆ 今回はSFで現代を舞台にしたモンスター・パニック系の小説を紹介。随分有名なので、ご …

アーカイブ