★★★★☆

ブラッドボーン(PS4/フロム・ソフトウェア)

投稿日:2017年5月19日 更新日:

  • ホラーアクションRPG
  • 細部までこだわった世界美術
  • 遊べば遊ぶほど良さがわかる
  • おススメ度:★★★★☆

(あらまし)19世紀ヴィクトリア朝をモチーフにした血みどろアクションRPG。このシリーズでは「ダークソウル」が有名だが、モチーフを変えて大幅に味付けが変わり別物のゲーム性になっている。

とにかく防御という概念がない。この手のRPGとしては思い切った仕様だ。あまつさえ攻撃によって体力が回復するという過激なシステム。ビビっている暇があったら攻撃しろというメッセージが明確に感じられる。

そのため動きが素早い。避けて避けて、隙を見て強力な一撃を加える。このスタイルは実に爽快感がある。ただ、ダークソウルの盾を前提にしたプレイに慣れたユーザーには馴染まないだろう。

敵キャラクターのデザインも秀逸。海外のモンスターにクトゥルフを混ぜたキモかっこいいキャラが満載。さらにジャンルはホラーなので、このサイトを訪れる人にもまさにぴったりの内容。遊んでいると、何度も驚かされますよ。

変形する武器と銃を持って強力な敵に対峙する勇躍感も素晴らしい。もちろん協力プレイなどの救済措置もあるので、最初さえ乗り切れれば楽しく遊べる。クリアだけならいうほど難易度も高くない。

難点は最初が難しく、次第に難易度が下がること。特に最初のボス2体は苦労するだろう。これが逆なら良かったのだが。

合わない人には合わない。しかし一度魅了されれば150時間遊べる一本。今なら追加コンテンツも収録された「完全版」が遊べる。この追加分だけでも十分楽しめるので、一度クリアした方もトライしてみる価値がある。

今が旬のゲームクリエーターは宮本茂でも、野村哲也でも松野泰己でもなく、宮崎英高だ。氏の次回作には本当に期待している。

因みにほぼ同じシステムの「仁王」でも、防御せずに逃げまくる私。これはこれで楽しい。

(きうら)



Bloodborne The Old Hunters Edition 通常版

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

氷(アンナ・カヴァン、山田和子[訳]/ちくま文庫)

異常な寒波に襲われた世界。 私にまとわりつく終末のヴィジョン。 アルビノの少女を追う、中年(?)終末旅行。 おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 まず、『氷』のあらすじですが、とても簡単、というかそも …

哲学塾の風景(中島義道/講談社学術文庫)

実況感覚でおくる哲学書読解と、<哲学>実践。 特に何かに役立つわけではないのが、この塾のミソ。 哲学的センスのない人は、哲学書を読む必要がない。 おススメ度:★★★★☆ 哲学者中島義道が、<本当に>哲 …

来るべき種族(エドワード・ブルワー=リットン、小澤正人[訳]/月曜社-叢書・エクリチュールの冒険)

「来るべき種族」という新人類? ユートピア文学の系譜を受け継いだSF的作品 謎の力「ヴリル」におびえる語り手 オモシロ度:★★★★☆ 【最初におしらせ】 はじめにちょっとしたおしらせですが、個人的な体 …

愛 (ウラジーミル・ソローキン (著), 亀山 郁夫 (翻訳)/文学の冒険シリーズ)~中程度のネタバレ、とはいえネタバレしても意味不明

ロシアの牧歌的な会話から急転直下する狂気の短編集 同性愛、スカトロジー、エロティシズム、スプラッターと何でもあり もはやこれは一種の「芸」である(※芸術ではなく)。 おススメ度:★★★★☆ 先日、村上 …

アーカム計画(ロバート・ブロック/創元推理文庫)

クトゥルー神話の傑作長編 クトゥルー復活の陰謀に巻き込まれた一組の夫婦 ラヴクラフト作品へのオマージュ おススメ度:★★★★☆ 先日取り上げた『クトゥルー(2)――永劫の探究』では、ダーレスによる人間 …

アーカイブ