★★★☆☆

ベルセルク 39(三浦建太郎/ヤングアニマルコミックス) ~ベルセルクの今と昔(後編) ※基本的に38巻まで読まれた方向け

投稿日:2017年6月28日 更新日:

  • 遂に妖精の王と謁見。キャスカの運命は?
  • 完全にファンタジー回帰、しかも穏やか
  • 内向的なストーリー展開
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらまし)数々の脅威を退けて、ガッツたちはついに妖精たちの王の住む島に上陸。敵と勘違いされて、様々な妨害を受けるが、ついにその島の最奥部に進み「花吹雪く王」との謁見へと臨むが……。キャスカが記憶を失ってから、恐ろしく長い時間が経ったが、ようやくその回復が望める所までやってきた。あんまり長すぎて、みんな目的を忘れているが、ガッツの目的は「キャスカの記憶の回復」と「グリフィスへの復讐」だ。この先どこまで続くかわからないが、とりあえず、この巻で最初の目的の目途が見えてくる。

前回、13巻までは傑作ダークファンタジーと評したが、その後、どうなったかと言うと、3巻程度はそれまでの余勢を駆って、魔物(使途)狩りが行われ、単純にアクションとしては面白いお話だった。潮目が変わるのは16巻で、その後のキーキャラクターの一人となるファルネーゼが登場する。彼女は最初は完全に敵として登場するのだが色々な変転を繰り返し、ファルネーゼの部下のセルピコや盗賊のイシドロなども加えて新たな仲間になっていく。そして、24巻でいわゆる「魔女っ子」シールケが登場して、漫画の雰囲気はダークファンタジーから「やや」ダークファンタジーへとトーンダウンする。

特にシールケが登場する辺りから、本来の持ち味だった「エログロ要素」は控えめになり、通常の冒険ファンタジー物の様相を帯びてくる。もともとパックという妖精が、コミカルなシーンを担当していたが、その雰囲気が全体に広がっていく感じだ。そして最新刊では、それらのキャラクターに加え、人魚や船長、貴族などガッツの仲間は「鷹の団」の頃に引けを取らないほどに増えている。しかも、作中でキャラクターが語っている通り、実に穏やかなストーリーラインになっているのである。

そこで問題としたいのは、もう一回どんでん返しである「蝕(しょく)」を行うつもりなのかどうか、ということだ。

13巻までの面白さは、まさに緻密に作り上げた世界をぶち壊すカタルシスにあった。その後は、そういった大きなカタルシスはない。あの時の衝撃がもう一度戻ってくるのかどうかが、今後最大の焦点となるだろう。ただ、心配なのは、作者にそういった「殺意」が薄れている気がする。現在登場しているキャラクターには、普通の漫画家が抱くような愛情を注いでいるし、もう一度、同じ場面を再現させるとは思えない。もっとはっきり言えば、ガッツに恋心を抱くファルネーゼとシールケを殺せるのかどうか? ということだ。この39巻だけではその辺は全くわからない。何か危うさはあるものの、そういう方向には進まないとは思うが、もしかしたら本当にやるかもしれない。

前回例えに出した「グインサーガ」と同じく、今のところ話の行く先は全く見えない。完全に予想になるが、作者の構想の三分の一程度しか消化していないのではないか? と、なると本当に完結しない可能性もあり、それだけが心配だ。お遊びシーンが多数あったので、今回の評価は★3としたが、ここまでの巻では★5や★4の巻も多数あるので、気長に物語に付き合える方は14巻以降も読んでみてはどうだろうか?

(きうら)



楽天

-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

チューイングボーン (大山尚利/角川ホラー文庫)

自殺に絡むスリリングなサスペンス 素直に面白い、だが このテーマでこの作風は珍しい オススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 もし、何もこの本について予備知識がないなら、この先の紹介文章も含めて何の情報も …

かもめのジョナサン 完全版(リチャードバック (著)/五木寛之 (翻訳)/新潮文庫) ~ベストセラーを読む(4)

「飛ぶ」ことを純粋に求めるカモメの物語 いろんな意味でひたすら「美しい」 伝説化したのが分かるような、そうでないような おススメ度:★★★☆☆ 初めに読んだのは1974年に発行されたバージョンなので、 …

雪の階(奥泉光/中央公論新社)

心中事件を探る推理ものの体をとったもの 奥泉文学の題材を詰め込んだ、ごった煮的作品 いろんなものに目を配った娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ 【時候の挨拶的まえがき】 先日(4/2)、軽い花見をしてき …

今週読んだ作品(12月第3週)と、軽いアニメ感想 ~宝石と詩の世界

鉱物 人と文化をめぐる物語(堀秀道/ちくま学芸文庫) 日本の詩歌(大岡信/岩波文庫) アニメ『宝石の国』(原作:市川春子)についての感想。 鉱物と人や文化との関わり(一冊目)。 日本の古代から中世の詩 …

蟹工船(小林多喜二/新潮文庫)

経済社会の恐怖を描くホラーとして読める文学 労働者の凄まじい絶望感を描く 後半の展開が性急に感じるが深いテーマ性 おススメ度:★★★☆☆ ご存知の通り小林多喜二と言えば「プロレタリア文学の代表者」とし …

アーカイブ