3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

ムーたち(2)(榎本俊二/講談社)

投稿日:2017年5月7日 更新日:

  • ムー夫の哲学的な疑問。
  • 「サード自分」を発見したムー夫。
  • 「規理野君」の行きつく先。
  • おススメ度:★★★★☆

『ムーたち』1巻の続きである2巻では、ムー夫が「セカンド自分」を駆使して自分なりの発見をするとともに、さらに「セカンド自分」を意識する「サード自分」が現れるに至る。ムー夫は自分だけで何かをするだけでなく、友人たちと独自のルールで遊んだりする。

親子関係も順調に進んでいる。「38話・選択地獄」ではお母さんとムー夫があらゆるルートを想定していって、それらがどんどん増殖するので、とうとう何も選択できなくなるさまがおもしろい。お母さんがムー夫と1話かけて何かするのはこの話くらいでしょうか。これは、これほど極端ではないものの、誰しも考えたことがあるのではないでしょうか。

「46話・ムーたち」では、銭湯でムー夫とお父さんが対話をするのだが、最後にムー夫が哲学的な質問(自己言及のパラドックスでしょう)をして父をやり込める。ラストコマの父が困り顔をするのがおかしい。できればこの後を見たかったのだが、父は何も答えずに帰宅したんだろうな。「57話・難解世代」で、ムー夫か父から貰った本が難解で捨てるのだが、ムー夫が父に言ったことの方が難しいのでは、と思う。

後半の「規理野君」がどうなるのかは、是非とも読んで確かめてもらいたい。一応言っておくとバッドエンド的なものではありません。2巻は1巻よりも内容的により濃くて複雑で、読み応えがあります。

(成城比丘太郎)

(楽天)

-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (ティム・バートン監督) ~感想と軽いネタバレ

異能者たちの苦悩と戦い 純粋なエンターテイメント映画 不満もあるが概ね良くできている おススメ度:★★★★☆ (あらすじ)リア充になれないオタク系男子のジェイクは、祖父の謎の死に遭遇する。祖父は奇怪な …

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂/Nintendo Switch)~クリア後のレビュー

爽快感のあるバツグンの操作性 物語性は濃くはないが、印象に残るキャラクター ダンジョンが少々難しい おススメ度:★★★★☆ 前回、2017年6月15日に1時間ほど遊んだ感想と回顧録的な感想(前回の記事 …

鍵-自選短編集(筒井康隆/角川ホラー文庫)~概要と感想、軽いネタバレ

不条理を感じるSF要素もある現代(少し古いが)ホラー 筒井康隆ならではのアイロニー 正解を知っていて敢えて外すというテクニックはさすが おススメ度:★★★★☆ 筒井康隆と言えば、知らない人はいないベテ …

【2021秋の再掲載シリーズ02】ザ・スタンド(1) (スティーヴン・キング/文春文庫)

強力なインフルエンザの蔓延を描くパンデミック系 様々な登場人物が入り乱れる群像劇 全五巻中の一巻。導入は入り込み辛いが、この先は面白い おススメ度:★★★★☆ 強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパー …

メドゥーサ(E・H・ヴィシャック、安原和見〔訳〕/ナイトランド叢書)~読書メモ(46)

「幻の海洋奇譚」 海洋冒険ものの序盤から、怪奇ものの後半へ 恐怖とは暗示に満ちた不定形なもの おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 『メドゥーサ』は1929年発表で、海洋冒険を装った怪奇幻想小説。本書 …

アーカイブ