★★★★☆

ムーたち(2)(榎本俊二/講談社)

投稿日:2017年5月7日 更新日:

  • ムー夫の哲学的な疑問。
  • 「サード自分」を発見したムー夫。
  • 「規理野君」の行きつく先。
  • おススメ度:★★★★☆

『ムーたち』1巻の続きである2巻では、ムー夫が「セカンド自分」を駆使して自分なりの発見をするとともに、さらに「セカンド自分」を意識する「サード自分」が現れるに至る。ムー夫は自分だけで何かをするだけでなく、友人たちと独自のルールで遊んだりする。

親子関係も順調に進んでいる。「38話・選択地獄」ではお母さんとムー夫があらゆるルートを想定していって、それらがどんどん増殖するので、とうとう何も選択できなくなるさまがおもしろい。お母さんがムー夫と1話かけて何かするのはこの話くらいでしょうか。これは、これほど極端ではないものの、誰しも考えたことがあるのではないでしょうか。

「46話・ムーたち」では、銭湯でムー夫とお父さんが対話をするのだが、最後にムー夫が哲学的な質問(自己言及のパラドックスでしょう)をして父をやり込める。ラストコマの父が困り顔をするのがおかしい。できればこの後を見たかったのだが、父は何も答えずに帰宅したんだろうな。「57話・難解世代」で、ムー夫か父から貰った本が難解で捨てるのだが、ムー夫が父に言ったことの方が難しいのでは、と思う。

後半の「規理野君」がどうなるのかは、是非とも読んで確かめてもらいたい。一応言っておくとバッドエンド的なものではありません。2巻は1巻よりも内容的により濃くて複雑で、読み応えがあります。

(成城比丘太郎)

(楽天)

-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

酔拳(ジャッキー・チェン[監督]、 ユエン・ウーピン [監督])

まさに初期ジャッキー功夫の集大成 明るく楽しい作風で抜群の娯楽性 誰が見ても楽しめる普遍性 おススメ度:★★★★☆ また、怖い本を読まずにこんな映画を紹介し申し訳ないが、その辺は勘弁して欲しい。体の中 …

『ネクロノミコン』の物語(H・P・ラヴクラフト、森瀬繚〔訳〕/星海社)~読書メモ(40)

読書メモ(040) 「新訳クトゥルー神話コレクション・2」 超ベタなゴシックホラーとして読める おススメ度:★★★★☆ 本書は、ラヴクラフト(と、一部の作品では別の人)が書いた、クトゥルーものから『ネ …

バーナード嬢曰く。<1巻> (施川ユウキ/一迅社)

読書家(ぶりたい人)必読のマンガ。 本を読んだつもりになれ…いや、読みたくなる一冊。 こんな学生は、なかなかいないだろうな。 おススメ度:★★★★☆ このマンガは、去年アニメ化もされ、今さら取り上げる …

ユリゴコロ(沼田まほかる/双葉文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

不幸な主人公を襲う驚愕の家族の真実 かなり暗いタッチ&怖い。好き嫌いはあるかも オチが秀逸。かつ感動できる おススメ度:★★★★☆ ドックランを経営する主人公が、母親を失い、父が末期癌であるところから …

猫に関する幻想短編を四つ ~野心的縦断感想文集

いにしえの魔術 (ブラックウッド/創元推理文庫) 猫町      (萩原朔太郎/岩波文庫) 猫の泉     (日影丈吉/国書刊行会) ARIA完全版(1)(天野こずえ/マッグガーデン) 猫と幻想(幻覚 …

アーカイブ