3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪 ~2話までの短評

投稿日:2022年9月4日 更新日:

  • やっちまったな!
  • ゲーム・オブ・スローンズとロード・オブ・ザ・リングはジャンルが違う
  • 簡単に言うとスターウォーズEP7を観た感じ
  • おススメ度:★★☆☆☆

ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)の冠は必要なかった。原作を下敷きに独自に脚本を書いているようだが、この程度なら、いっそオリジナル作品にして欲しかった。

とにかく現代の映画界の基準に則った物語は違和感しかない。主人公はガラドリエルよりエルロンドが相応しいし、黒人俳優のエルフなんて原作のどこにも出てこない(黒人俳優の存在が悪いのではなく、100年以上の歴史がある作品のイメージと合致しない)。

そもそも指輪物語は有色人種をあからさまに差別していた人種差別的作品だ。「時代」なのかもしれない。しかし、それでも疑問は残る。

どうも製作陣は勘違いしているようだが、指輪物語は異世界の日常を静かに語りつつ、クライマックスに向かって翻弄されるフロドたちの友情の深さに感動する物語である。このようなアクションっぽい作劇には向いていない。ロード・オブ・ザ・リングの旅の仲間も地味な映画だったのだ。

しかし、ビーター・ジャクソン監督の執念というか怨念で奇跡的に娯楽作品として3作でまとまった。Amazonが何をやろうとしているのかまだわからないが、見ていて欠伸の出る展開だった。ガラドリエルが出てこなかったらすぐに視聴を止めていたと思う。

ゲーム・オブ・スローンズはそれまでのファンタジーの常識を破壊することで多大なる支持を得た。それを巻き戻しても結果は見えている。

一応、続きも見るつもりだが、少なくとも1話と2話は面白くなかった。何か秘策があるのだろうか。

(きうら)

https://amzn.to/3wUdvHM

-★★☆☆☆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

バトルロワイヤル(高見広春/幻冬舎)

当時斬新だった「中学生同士の殺し合い」がテーマ キャラが類型的で単調な展開 ごく普通の娯楽小説 おススメ度:★★☆☆☆ 出版当時は国会で話題に上がったという問題作……のはずだが、中身はごくごく普通の娯 …

奴隷小説(桐野夏生/文春文庫)

怪奇小説…いや幻想小説家 タイトルほどのインパクトはない どれもプロローグっぽい感じ おススメ度:★★☆☆☆ 自虐読書というものがあって、私は新年早々初出勤に合わせて「新装増補版 自動車絶 …

グルーム (ジャン・ヴォートラン (著) /高野優 (翻訳)/文春文庫) ~感想と概要

心を病んだ青年ハイムの妄想と犯罪 ノワール小説の鬼才の作品(紹介文より) 面白いような、そうでないような おススメ度:★★☆☆☆ 松の内も明けない内にこんな不気味な作品を紹介するのは気が引けないでもな …

私が彼を殺した (東野 圭吾/講談社文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

毒殺した犯人を探るミステリ 類型的設定と「推理」中心の内容 ミステリという組立ブロックを組み合わせたよう おススメ度:★★☆☆☆ (あらまし)あまり特定の主人公を主役にしない東野圭吾にあって珍しいシリ …

殺人依存症(櫛木理宇/幻冬舎文庫) ~ 話の要約とネタバレあり、閲覧注意

タイトル通り、閲覧注意 残虐で不条理な物語 後味は最悪だ おススメ度:★★☆☆☆ 最初にこんなことを書くのもどうかと思うが、本書を読むのはやめた方がいい。ただ残虐でグロテスク、実在の事件をネタにするな …

アーカイブ