★★★☆☆

一ダースなら怖くなる (阿刀田高/文春文庫) ~紹介とレビュー、軽いネタバレ

投稿日:2017年8月15日 更新日:

  • 男と女にまつわる怖い話が1ダース=12編
  • 絶妙なブラックユーモア的な落ちがつく
  • 大なり小なりエロス的要素がある
  • おススメ度:★★★☆☆

著者の阿刀田氏は星新一氏とならぶショートショートの名手として知られている(と思っている)のだが、今でもあちこちで名前を聞くことが多い、星新一氏とは違い、余り耳にすることが無い。そういう私も本棚を探して見つかったのが、この一冊だけだった。ただ1983年文庫初版という古さにもかかわらず、実に多彩で工夫の凝らされた物語が多く収録されている。

基本的なお話のフォーマットは、男と女の性的な関係に関するブラックユーモアで、物語の端緒で何らかの問題が提示され、それについてのお話が展開され、そしてまさしく「ニヤリとする」という表現がぴったりなオチがつく。オチのつき方は、多少のクオリティの差はあるものの、一定水準以上の意外性があり、読んでいて退屈しない。その辺はさすがに、星新一と並び称されることだけはあると思う。

収録されているお話は多彩で、SF的な要素を持った「妖虫」「進化論ブルース」やミステリ的な側面が強い「友を裏切るなかれ」、メタ的ユーモア「格子模様の夜」や単純に艶談として面白い「結婚嫌い」など、バラエティに富んでいる。本書のタイトルの「一ダースなら怖くなる」は素晴らしいタイトルで、確かに各話ともどこかしらユーモアがあるのだが、よくよく考えてみると非常に怖い話ばかりだ。よくよく考えなくても怖い「湖畔の女」なども収録されている。

最初にも書いたが、まあ、直接的に言うと結構「エロい」お話が多いので、そういうのが苦手な方には余りお勧めできない。男女の交合の様子が割と直接的に描写されていることも多い。描写自体はそんなに淫靡ではないのだが、作者の作風、はっきり言えば性癖だと思うが、卑猥な表現がお話のポイントになっているので、苦手な方はご注意を。

たとえば、最初に語られる「妖中」は、ひょんなことから「プラスチックを食べる虫」を見つけた冴えないサラリーマンが、この虫を利用して一獲千金を夢見るというストーリー。同時に男は、エリカという名前のあるホステスに恋をしているのだが、このエリカにも虫の話をする。エリカも主人公の男の話を信じ、好意を抱くのだが…という筋立て。エリカは、物語上では非常に魅力的な体を持った女性として描かれている。それはこのお話の根幹と密接に関連していて、最後まで読むと、驚愕するというというか、呆れるというか、とてつもなく虚しくなるというか、曰く表現しがたい複雑な感情を抱くだろう。要約すると「ニヤリとする」という風になる。

一方、科学的・論理的にそれほど厳密な話ではないので、あくまでも大人が楽しむ艶談として、軽い読書に向いているだろう。ホラー的な要素はそれほど強くないが、確かに「怖い」話も多いので、このサイトで紹介しているような怪談がお好きであれば、少々時代的に古いことは考慮する必要はあるが、一読の価値はあると思う。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

邪魅の雫(京極夏彦/講談社) ~続刊「鵺の碑」はいつ出るのか&感想

毒をテーマにミステリ寄りの展開 全体的に薄味の内容で、物足りない 続編は現段階でやはり未定。詳細は下段参照 おススメ度:★★★☆☆ 2017年現在、京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」から長編8編、短編 …

モロー博士の島(H・G・ウェルズ[著]・中村融[訳]/創元SF文庫) ~あらすじと感想

孤島で行われる、狂気のような実験。 人間と獣の境目とは? エンターテインメントとしても読める。 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)「エドワード・プレンディック」は、「海難事故」にあい、とある「貨物船 …

おろおろ草紙(三浦哲郎・著)

「三浦文学の最高傑作」 大飢饉による共食いの実態 記録のような小説 おススメ度:★★★☆☆ 2020年は、作家三浦哲郎(みうらてつお)の没後10年にあたります。三浦哲郎は青森県八戸市生まれですが、青森 …

再読の秋(成城比丘太郎のコラム-06)

「コラム」という名の穴埋め企画(二度目) 過去に読んだ本を再読する 現在再読中の本について おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 「~の秋」というと、世間ではよく読書の秋とか言われたりしますが、真正の …

切断 (黒川博行/角川文庫)

猟奇的描写からスタートする物語 全編ハードでやや猥雑、そして悲劇的トーン 叙述トリック的だがそれが売りでない所が不思議 オススメ度:★★★☆☆ とりあえず下記の説明だけ読んで、購入してみた一冊。文庫と …

アーカイブ