★★★☆☆

二十世紀鉄仮面(小栗虫太郎/河出文庫) ~紹介と感想、軽いネタばれ

投稿日:2017年8月6日 更新日:

  • 探偵・法水麟太郎が、ある意味大活躍。
  • ある一族の行末をめぐる事件の数々。
  • 猛スピードで展開される物語。
  • おススメ度:★★★☆☆

小栗虫太郎というと、読んだことはなくとも、あまりにも有名な作品である『黒死館殺人事件(wiki)』の作者として、有名でしょう。誰が言ったか知りませんが、これは「日本三大奇書」の一冊として、日本の推理小説に多大な影響を与え続けているようです。私としては、もう二度と読みたくない小説ランキングで、上位にランクされています。いや、読みたくないというより、読みたくとももう読めない本でしょうか。読んだのは二十歳の時で、読みたい本が現在より少なかったからこそ読めたのですが、今なら、どこかに閉じ込められたりしない限り、二度と読むことはないでしょう。そう考えると何だかさみしいですが。

『黒死館殺人事件』の後は、『人外魔境』シリーズを読んで、これはまあまあ面白かったです。法水麟太郎(のりみず・りんたろう)が登場するシリーズは、『黒死館』を読んだ時にいくつか読んだだけで、この『二十世紀鉄仮面』は、久しぶりの法水との再会です。

本書の幕開けは、川崎市が夜明けとともにペストに襲われるところからはじまります。この辺りの描写は、何か冒険的な物語の幕開けを告げるようで、わくわくしました。そこへ登場するのが、私立探偵の法水麟太郎です。彼は、ある巨大な人物の策動を知り、それを探るため、さらに幽閉されている鉄仮面の人物を助け出すために動きだすのです。さて、その鉄仮面とは何者で、その人物はどのような秘密を持っているのでしょうか……

本書には、『黒死館』ほどのペダンティック(学識をひけらかすさま。衒学的とも)さはありませんが、さすがに小栗虫太郎でしょうか、固有名詞や、暗号を解く方法などには、その片鱗がうかがえます。しかし、物語の展開については、妙なところがあります。さあ、これから丁々発止の敵(といっても、法水と顔見知り)との戦いが始まり、冒険ものっぽくなってきたかと思うと、法水は何度もヘマをしたり、焦ったり、裏切られたりと、あれ、法水ってこんなにポンコツだったかと思うときがよくあります。また、敵とのやり取りが何か変に感じたりして、何か雑だなぁと思うときがあります。

そして、何といっても、この作品を貫いているテーマが、法水のラヴロマンスでしょう。なぜこれほど法水がもてるのかわからないのですが、時には艶めかしい場面になったり、時には初々しいような恋愛のシーンになったりと、まあ、内容と同様に、目まぐるしいロマンスが(なんか都合よく)展開されます。

すぐ上で、「内容と同様に、目まぐるしい」と書きましたが、この物語の展開も、ちょっと目を離したら何が起こっているのか分からなくなるほどの急展開ぶりで、これは構成が悪いのか、場面ごとに段を区切ったら分かりやすく(読みやすく)なるのになぁと思ってしまいます。ラストなどは、真相の暴露から、新しい事実の発見から、最後のシーンまで、とにかくもうやっつけで書いているのかと思うほどです。

題材自体は悪くないと思うし、人物も魅力的なので、江戸川乱歩あたりなら、もう少し分かりやすく、もう少し面白く書くだろうなぁと思うと、なんだか残念な作品です。

(成城比丘太郎)



二十世紀鉄仮面 (河出文庫) [ 小栗 虫太郎 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

TVピープル(村上春樹/文春文庫)

村上春樹初期の短編集 不気味だがテーマはストレート 何だかんだで読んでしまう おススメ度:★★★☆☆ 本書を読んでいて思い浮かんだのはセンス・オブ・ワンダーという単語だった。ご存知の方も多いが、これは …

山岡鉄舟と月岡芳年について《1》~あるふたりの会話から

   山岡鉄舟-決定版(小島英記/日本経済新聞出版社) 月岡芳年伝(菅原真弓/中央公論美術出版) とあるふたりの暇にまかせた会話 幕末明治を生き抜いたふたりの人物から 江戸で生まれたふたりに、ニアミス …

水の精(ウンディーネ)(フケー[著]・識名章喜[訳]/光文社古典新訳文庫)~あらすじと軽いネタばれあり

人間の魂を得た美しい女性の悲恋。 三角関係に巻き込まれたダメ騎士? 怪異は出てくるも、メルヘンのようです。 おススメ度:★★★☆☆ 騎士のフルトブラントは、ある女性の要請により「妖しの森」への「肝試し …

尾生の信(芥川龍之介/青空文庫) ~感想とネタバレ、着想を得た「創作小説」

中国故事からとった、美しくかなしい掌編。 何かを待つということは、つらい。 青空文庫の中でも、とても簡単に読める作品。 おススメ度:★★★☆☆ タイトルの「尾生の信」とは、「ばか正直に約束を守るだけで …

6時間後に君は死ぬ(高野和明/講談社文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ

未来予知ができる青年が関わる短編連作 落ちは読めるが面白い ただ、少々わきが甘い気もする おススメ度:★★★✩✩ 高野氏の著作は結構読んでいるが、失礼ながら当たり外れが激しい方で、外れると手に追えない …

アーカイブ