3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆ コラム

今年の読書目標(成城のコラムー91)

投稿日:

  • 「コラム091」
  • クトゥルー神話を読む。
  • その他の目標です。
  • オススメ度:★★★☆☆

【近況】

年末に調子が悪くなったうちの家の洗濯機は、大丈夫でした。まだまだ働いてくれるでしょう。ありがとう。でも、数年のうちに買い換えなければなりませんが。

【今年のホラー読書目標】

森瀬繚『クトゥルー神話解体新書』(コアマガジン)を昨年末からちょこちょこと読んでます。クトゥルー神話関連について知ることができます。

個人的に去年は、ラヴクラフトやクトゥルー神話関連の本をほとんど読めなかった。今年は読みたいです。そんなクトゥルー神話関連の知識を本書で得ながら、クトゥルー神話の小説とか読みたいと思ってます。

本書には、クトゥルー神話関連の邪神や怪物や禁書などがイラスト付きで載ってます。そのイラストは、おどろおどろしいのがあって、もし小学生の時にこれらを見たらけっこう怖いかもしれない。小学生の時にこのイラストを見たら悪夢を見るだろうなぁ。

『クトゥルー神話解体新書』には、様々な邪神や怪物についての項目があります。そのなかで、おそらく唯一身近な存在なのは、猫です。猫はラヴクラフトにとって重要な生物でした。

そんな猫のホラーも読みたい。

そして、1月11日はワンワンワンですので、犬のホラーも読みたいです。クトゥルー神話でいうとティンダロスの猟犬かなと思いましたが、ティンダロスの猟犬はワンちゃんではないなぁ。

【他の目標】

今年もSFを読みます。でも、感想はあまり書かないと思います。
あと、癒やしのある本も私には必要なので、そういった本も読んでいきたいです。

そして、100冊の企画という穴埋め記事もまたやりたいです。

【次回予告】

来週は、普段通りに本の紹介とかしたいです。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆, コラム
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

オオカミは大神(青柳健二/天夢人〔発行〕・山と渓谷社〔発売〕)~読書メモ(47)

読書メモ(047) 「狼像をめぐる旅」 日本各地に残る狼信仰 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、日本各地に残る狼信仰をもとめて、主に東日本の社などを著者が巡ったことを、写真付きで記したもの。「お犬さま像 …

神の左手悪魔の右手 (3) (楳図かずお/小学館文庫)

人体破壊を極める本格スプラッターコミック 気持ちがいいほど徹底した殺戮描写 描写は古典的だがホラーへの本物の情熱がある おススメ度:★★★☆☆ ホラー漫画は基本的に苦手なのだが、時々気まぐれで買ってく …

ヴェトナム戦場の殺人 (デイヴィッド・K・ハーフォード(著)、松本 剛史(翻訳)/扶桑社ミステリー)

ヴェトナム戦争の米軍の内部犯罪物 実にまっとうなミステリ ヴェトナムへの掘り下げ度は浅い おススメ度:★★★☆☆ 霊能者や呪いに少々食傷気味な気分で、タイトルだけで選んだ一冊。ミステリは数あれど、ヴェ …

ビッグドライバー(スティーヴン・キング(著)/ 高橋恭美子、風間賢二 (訳))

レイプされた女性の復習劇 と、夫の連続猟奇殺人に気付いた妻の苦悩 キング節たっぷり、いい意味で不愉快 オススメ度:★★★☆☆ 稀代のモダンホラー作家・スティーヴン・キングの作品を一つも読まれていないな …

西巷説百物語 (京極夏彦/角川文庫)

百物語シリーズ第5弾 金で人の恨みを晴らす仕事を怪談風に 名前の通り大阪が舞台 おススメ度:★★★☆☆ 最近、凄惨な現代の殺人事件の小説ばかり読んでいたので、久し振りに京極夏彦でも読んでゆっくり楽しむ …

アーカイブ