★★★★☆

倉橋由美子の怪奇掌篇(倉橋由美子/新潮文庫)~紹介と感想、軽いネタばれ

投稿日:2017年7月29日 更新日:

  • 「幻想・残酷・邪心・淫猥な世界」を描いた20篇。
  • 簡潔で読みやすい。
  • 著者の博識ぶりがいかんなく発揮されている。
  • おススメ度:★★★★☆

倉橋由美子というと、一番(一般的に)有名なのは『大人のための残酷童話 (Ama)』じゃないでしょうか。『残酷童話』はベストセラーとして少し話題になりましたので、いつか取り上げたいなあと思っています。今回紹介する『怪奇掌篇』は、ギリシャ神話の神々を登場させたり、国内外の古典から少し題材をいただいたりしていますが、著者のオリジナル作品集です。タイトルには「掌篇」とありますが、内容の密度からいうと、短篇集といってよいと思います。

20もある作品をそれぞれ紹介するよりも、実際読んでもらって、その幻想的でおそろしい世界に入りこんでもらいたいです。少し観念的なところもありますが、無駄を削ぎ落とした感じの無駄のない分量なので、読みやすくなっています。また、著者の知識をいかしつつ、それをひけらかすような(衒学的な)ところもあまりなく、元ネタが分からなくても楽しめます。

一応、私の印象に残った作品をいくつか紹介したいと思います。観念的な恐怖が、厭な感じに変わる恐怖、それが現実に胚胎する時、革命のイメージが癌になって現れる「革命」。『ガリバー旅行記』のパロディで、毒のある皮肉がきいた「オーグル国渡航記」。食人通の夫婦の、もっともらしい食人談である「カニバリスト夫妻」。この「カニバリスト夫妻」に関して、ラストだけは少し余計かなとは思いますが。

基本的に、この作品集は、怪奇もさることながら、エロティシズムの要素が多分に見られます。直接的な交歓のシーンもありますが、冒頭作品の「ヴァンピールの会」に見られる、ヴァンパイアが人の精を吸うという行為もそうですし、食人というのも交合のメタファーのようです。また、「事故」という一編にすら妙なエロスを感じてしまいます。

この作品群には、所々、登場人物たちが、形而上的な理想を追い求めている、そのような感じを覚えます。自分たちが生きる場所が、本当はこの現実の世界ではなく、どこか別の場所ではないかという、そのような理想を求めているのではないかと思わせることがあります。それが、時にはきつい皮肉のきいた残酷な結果として現れたりしますが。

20篇が適度な長さで、これから何か続きそうというところで終わってしまいます。そこが少し怖いところでもあります。夏の暑さに参って、本など読む気力が湧かない時などに、少しずつ読みすすめるものとして、おススメです。

(成城比丘太郎)



【楽天・電子書籍】

-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

わたしを離さないで(カズオ・イシグロ、土屋政雄[訳]/ハヤカワepi文庫) ~途中からネタバレ感想

平易な文章と、密度の濃い内容。 ある役目を生得的に背負った人物たちの、閉塞的な世界。 この紹介文の後半はネタバレ混じりです。 おススメ度:★★★★☆ 【ネタバレ抜きのあらすじ】 本書の主人公、というか …

文字禍(中島敦/Kindle版)~概要と感想、中盤までのネタバレ

文字による禍をアッシリアの伝説で説く 短く鋭い文章と明確な主題 ネット時代にこそ意味があるストーリー おススメ度:★★★★☆ 先日、同じ著者による「山月記」を紹介したところ、共同運営者の成城氏より「( …

神聖喜劇 第一巻(大西巨人/光文社文庫)

1942年対馬要塞に配属された一兵卒の戦い とにかく学問でもって他を圧倒するという主人公東堂 古今東西の哲学者・文学者の著作の的確で膨大な引用 おススメ度:★★★★☆(あるいは保留) 本ブログの共同執 …

クリムゾンの迷宮 (貴志裕介/角川文庫) ~簡単なあらすじと感想

隔離された舞台での頭脳戦を描くサバイバルホラー 非常にゲームを意識した展開。結末に物足りなさも 痛い描写も多数あるので、苦手な方は注意 おススメ度:★★★★☆ 表紙の写真にあるようなまるで火星のような …

ガダラの豚(中島らも/集英社)

学者VS.呪術師の対決を壮大なスケールで描 気軽に読める何でもありの傑作娯楽小説 グロテスクで下品な描写も多い おススメ度:★★★★☆ 学者の一家が日本・アフリカを舞台に悪役の呪術師と戦う。これは、ど …

アーカイブ