3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

コラム 特になし

先月購入した本【2023年7月】〜「成城のコラム(109)」

投稿日:

「コラム109」

7月の読書のこと。

九相図に関する本。

オススメ度:特になし

【近況〜読書とか】

7月に、旧twitterがその役目をおえ、新たに生まれかわりました。旧twitterさんからは色んな情報をもらいました。お疲れさまでした。あえてサヨナラは言いません。これまで誠にありがとうございました。新しい「x」さんでも頑張ってみてほしいところです。

さて、これまでにSNSを見ていた時間の大半を読書に振り分けたので、7月は読む量が増えました。その半面、SNSから情報を得る機会が減ったためか、購入する書籍が減りました。読書量が増え、購入する本が減るというのは、個人的には歓迎すべきことです。とりあえず、8月もこのペースでいきたいところです。

【7月に購入した本】

・山本聡美『増補カラー版 九相図をよむ』(角川ソフィア文庫)

二〇一五年に角川選書から出た本の、文庫版です。増補改訂のうえ、載せられた絵画とかがカラーになりました。副題は「朽ちてゆく死体の美術史」ということで、九相図を読み解く内容だと思います。まだ読み始めたばかりです。

九相図(くそうず)とは、「死体が腐敗し白骨となるまでを九つの相で表す」ものです。このなかに取り上げられた画でいうと、個人的には、河鍋暁斎のものを実際に観たことがあります。現物(?)には少しグロ味を感じましたけど、単なるグロ絵画ではないと感じました。グロ美(術)といった感じでした。そして、人生の無常を感じました。

九相図を見るというのは、もちろん死そのものを想うことですけど、それと同時に強烈な生を感じることでもあるように思います。真夏のこの時期になると、森林の中でたまに小動物の行き倒れ(?)に出会うことがあります。そんなときに生きてることを実感することが少しあります。九相図にもそんな感じをおぼえまする。

【次回予告】

来週は台風の影響がどうなるかわからないので、今のところ予定がたてられない。

(成城比丘太郎)


-コラム, 特になし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

レダ【全3巻】(栗本薫/ハヤカワ文庫JA)

ボーイ・ミーツ・ガール? ユートピア(ディストピア)SFとしてはイマイチ 作者自身の青春のモニュメント おススメ度:特になし 今年(2019年)は、小説家栗本薫の没後10年にあたる。生前は、商業出版さ …

ホラーについての質問【4】(成城のコラムー48)

「コラム048」 依存症について 質問されました オススメ度:特になし 【Q:最近読んだホラーについて教えて下さい】 この1週間は、ホラー読んでません。 【Q:では何か怖い本は読みましたか?】 松本俊 …

分厚い本を読む〜「成城のコラム(100)

「コラム100」 分厚い本。 一冊で百冊分読める本。 オススメ度:特になし 【近況〜春アニメ】 春アニメが本格的にはじまって夜はアニメ三昧です。タイトルに「異世界」のつくものが多い印象です。異世界転生 …

2010年代アニメまとめ(1)

「10年代」のアニメ総評 主に、テレビアニメについて 個人的な感想がメインです おススメ度:特になし 【はじめに】 これから数回にわたり、個人的に2010年代のアニメを振り返っていきたいと思います。内 …

春休みにオススメするホラー(2)〜「成城のコラム(97)」

「コラム097」 英国怪奇幻想作家の紹介。 イギリス怪奇幻想小説のオススメ。 オススメ度:★★★★☆ 【近況〜最近読んだ本】 ・南條竹則『怪奇三昧』(小学館) 上記の本を図書館で借りてきて読みました。 …

アーカイブ