お知らせ 評価不能

小説を書いてみたりして

投稿日:

  • たまにはそんな夜もある
  • こっそりと告知
  • 一応ホラー要素はある
  • おススメ度:評価不能

日頃から人様の作品を躊躇なく批判している私ですが、流石に自分で書いたとなると、臆病になってこんな深夜にこっそり告知したりして……。

読んでもらいたいのとは思いますが、実は某大賞に応募して、箸にも棒にもかからなかったという曰く付きの作品。

高校、恋愛、異能者、ラノベ、一応ホラー要素もあると言えばあります。
まあ、そんな所です。タイトルは「フェイクソウル」。

~Relight Ver. と付けたのは、ちょっとした意地です。ところで、小説って読むより書く方が面白いですね。

と、書評サイトにあるまじき発言をもって終わります。いやあ、宣伝は書きにくいな、本当にね。

(きうら)

-お知らせ, 評価不能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本は、これから(池澤夏樹[編]/岩波新書) ~本の未来を巡るいくつかのお話

7年前に出版された、「本」についての短文集。 私が当時(2010年)考えたことを中心に。 電子書籍の未来については、きうら氏に。 おススメ度:特になし。 今回取り上げるこの本を2010年に読んで、私が …

<広告です>本当の魔法と魔法瓶【第3版】(福森大輔/北川商店)

・私が書いた詩集の追補版 ・プロの画家の挿絵4点とオマケの短編小説を追加 ・いまだ、1冊しか売れてません(涙) おススメ度:★★★☆☆ 内容については、前に紹介したのでこちらを参照ください。今回の相違 …

広告の設置について

「Google AedSemce」の導入によって、若干見にくくなってしまいましたが、サイト継続のためにご協力頂けると助かります。クリック数で広告料が入るとか。現状では、サーバー代カツカツというところで …

今更自己紹介と宣伝を少し

このブログもおよそ7か月間に渡って毎日更新し続けている。最初の4か月ほどは私「きうら」だけだったが、その後、高校時代からの親友「成城比丘太郎」氏を巻き込んで、現在では、ほぼ交互に更新している。 私自身 …

図書館島(ソフィア・サマター、市田泉〔訳〕/東京創元社)

《ものがたり》が織りなす物語。 「<文字>」による秩序と、「<声>」のもつ豊饒さとの角逐。 病に冒された人の話ともいえる。 おススメ度:評価不能 【おことわり】 著者のソフィア・サマターは、本書が初長 …

アーカイブ