★★★★☆

山月記(李陵・山月記より) (中島敦/新潮文庫) ~ネタバレ感想

投稿日:

  • 中島敦屈指の名文
  • 物語は分かりやすく、論旨は明瞭
  • 身につまされるような話
  • おススメ度:★★★★☆

皆さんは小中学校の教科書で読んだ文学作品を、一部でも覚えておられるだろうか? 私にとっては、おぼろげに記憶に残っているのは、すでに紹介した芥川龍之介の「トロッコ」、子狐が葉っぱで手袋を買いに行くお話、谷川俊太郎の詩、そして、この「山月記」なのである。文学には興味がなかった私が、強烈に覚えているストーリーが、なぜかこの山月記なのだ。

(あらすじ)中国の古代、隴西の李徴(ろうさいのりちょう)は、非常に優れた人物(博学才頴)であったが、自らを頼むこと頗る厚く、賤吏(身分の低い役人)に甘んずるを潔くとせず、人と交わりを絶って、ひたすら詩作に耽った。しかし、文名は容易に賜らず(要するに、詩人として芽が出なかった)、生活は困窮した。やがて、妻子もあることもあって困窮に耐え切れず、地方の役人となったが、かつて馬鹿にしていた同輩の部下となる屈辱の扱いに耐え兼ね、ついに発狂して失踪する。その翌年、嘗ての友が辺境に使いに行った折、人食い虎に出会う。しかし、それこそ、零落した李徴そのものだったのである。

あらすじというか、ほとんど話の全体であるが、この後、人食い虎となった李徴と友人との会話が哀切極まりない。なまじ自分に才能があると思った故に、気が狂ってなぜか虎(獣)になってしまった李徴。非常に非現実的な話ながら、その思いは非常にリアリティを伴って読者に語り掛けてくる。

あまり一般化するのは躊躇われるが、誰でも自分に才能があると信じて、天狗になる時期はあるのではないだろうか。少なくとも私はそうだった。この山月記は若き日のそういった「勘違い」を戒めると共に、人間の中にある獣性についての警鐘となっている。再読して思うのは、この短い物語によくこれだけ味わい深い物語を表現できたという驚嘆である。非常に耳が痛いが、以下の一節を引用する。

人間であった時、己は努めて人との交を避けた。人々は己を倨傲だ、尊大だといった。実は、それが殆羞恥心に近いものであることを、人々は知らなかった。勿論、曾ての郷党の鬼才といわれた自分に、自尊心が無かったとは云いわない。しかし、それは臆病な自尊心とでもいうべきものであった。己は詩によって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、求めて詩友と交って切磋琢磨に努めたりすることをしなかった。かといって、又、己は俗物の間に伍することも潔しとしなかった。共に、我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所為せいである。

まったく、中途半端な才能を信じるあまり、人生を誤る典型的な例である。努力もせずに独学で研鑽し、たいしてモノにならない典型だ。私の記憶に深く残っているのは、他でもない、私もずっと同じことを考えているからに他ならない。私は虎にはなっていないが、客観的に見れば、まさに李徴と同様の自尊心が肥大した醜い獣である。これは多かれ少なかれ、中年になると感じることであるが、多分、教科書で読んだ時も、漠然と将来の己の本質を見抜いていたのであろう。

作品としては、明瞭かつ怪奇、そして教訓的でありながら悲哀の極みのような話である。文章自体も頗る読みやすく、一切の淀みがない。現代においては、若者ならまだ取り返しはつくが、李徴に至っては、嘗ての友に醜い獣の姿を見せるしかなかったのであろう。怪奇的な要素はあるが、その本質は、若者への一種の苦言・警告である。

それにしても33歳の若さで他界した中島敦も不遇の作家の一人であろう。これだけ寡作にも関わらず、多数、後世に伝わっているという事実だけでも著者の非凡さが良く分かる。しかし、生前は決して順風満帆な人生ではなかった。そういう事も含め、この山月記を読む度に世の無常を思う。それは別に、文学者だけの無常ではない。

そう思うと、恐怖と悔恨、そして、いくばくかの克己心と希望も感じるのである。ちなみに、青空文庫などで読めるので、ぜひ、読んでみていただきたい。一切の無駄のない名文であることが良く分かる。

(きうら)


-★★★★☆
-,

執筆者:

関連記事

原民喜(梯久美子/岩波新書)~読書メモ(012)

読書メモ(12) 原民喜の「死と愛と孤独の肖像」 様々な「死」に囲繞された人生 おススメ度:★★★★☆ 原民喜は1905年生まれということで、私の曾祖母と同年生まれ(ちなみに曾祖母は10年前に他界)な …

異次元を覗く家(ウィリアム・ホープ・ホジスン[著]・荒俣宏[訳]/ナイトランド叢書)

ある廃墟から発見された手稿。 謎の<窖(ピット)>から出現する化け物。 とらえどころのないスケールのでかさ。 おススメ度:★★★★☆ アイルランド西部クライテンという、小さな村に滞在することになった、 …

拷問の話(岡本綺堂/青空文庫)

日本人の誇りを示す貴重な伝聞 拷問とはサディズムにあらす 読みやすい文。感じ入る結末 おススメ度:★★★★✩ (あらすじ)江戸時代、吉五郎という人間が窃盗の罪を犯した。しかし、彼は自白しない為、拷問に …

天使の囀り (貴志祐介・角川文庫)

気持ち悪いとはこういうことだ 貴志作品で二回読みたくないのはこれだけ 意外に読みにくい文章が惜しい おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)主人公の北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医だ。その恋人で作家 …

死刑 その哲学的考察(萱野稔人/ちくま新書)

日本の死刑制度のもつ意味とは。 道徳的に、または政治哲学的に考える。 価値観の押しつけや、抽象論に堕しない死刑の考察。 おススメ度:★★★★☆ 【大雑把な本書の見取り図】 まず、(欧州に非難される)日 …

アーカイブ