特になし

年始の読書などのこと(成城のコラムー55)

投稿日:

  • 「コラム055」
  • 年始のこと
  • 年末年始に読んだ本のこと
  • オススメ度:特になし

【年始のこと】

この前成人式だったようです。自分の成人式はどうだったかなと思い出そうとしたら、思い出せなかったです。よく考えると成人式には出席していなかった。当時は、なるべく式典というものを避けていたい年頃(?)でしたし、出席してもどうせすぐに帰るだけですので。その日はどこかへというか旅に出かけていました。

成人式というと酒(?)ですが、私の年始は、新潟県のにごり酒ではじまりました。それを飲みながら録画していたアニメや映画やグリーンチャンネルの番組を観てました。

そして、年始の競馬はもちろん金杯から始まりました。両場の金杯ともゲットできました。京都金杯のダイワキャグニーはこれから今年も人気落ちの時にお世話になることでしょう。ニューイヤーSのボンセルヴィーソもそうですが、走ってもなぜか人気にならないので、本当にありがたいです。今年もよろしくお願いいたします。

シンザン記念のマテンロウオリオンは、前走がやはり強かったということか。短い距離で活躍できそうか。フェアリーSについては、馬券をゲットできなかったので、とくに書くことなしです。このレースは桜花賞にはつながらなさそうか。マテンロウオリオンを新馬戦で下したエバーシャドネーをどう評価するかですが、次走も人気なら買わないでおこう。

【年始の読書~ユドルフォ城の怪奇】

年末年始の読書での1番は、やはり『ユドルフォ城の怪奇』でしょう。主人公エミリーを中心にしたサスペンス物語ですが、ゴシック小説の源流にあるというのがよく分かりました。古びたいわくつきの古城という舞台設定も良いですし、何より城が郊外(というか田舎)にあるため、その郊外の自然の描写も雰囲気を出せています。

エミリーは、フランスからイタリアへと、あちこちと連れ回されるのです。これは、主人公エミリーのグランドツアーの変種みたいなものであるといえるかもしれません。エミリーは、自然はもちろんのこと、イタリアの文化にも触れるわけですから。

一読すると、エミリーが受動的な運命に翻弄される物語のように思えますけど、彼女は自分に言い寄ってくる男性たちを品定め(?)もしているのです。そうです。彼女をロマンスの主体と考えると、『ユドルフォ城の怪奇』とは、エミリーが数々の謎に出くわしながらも、実は彼女が自らの出自を知り、そして自らにふさわしいパートナーを選び出す物語でもあるのです。

彼女に降りかかる謎というのは読者にも隠されているので、それがサスペンス効果を生むわけです。その謎がなければサスペンスホラー(?)にはならないわけです。この作品が書かれた時代(18世紀)を考えると良くできてるなと思います。

ゴシックホラー好きの人は読んでみてください。話題にもできますし。

この翻訳の唯一の難点をあげると、校正がもうひとつだったことです。私でもすぐに分かるミス(脱字とか)が多すぎたことです。もしかしたらミスではなくて、そういう文章だったのかもしれませんが。

【再読】

正月に、永井均『〈私〉の存在の比類なさ』の前半部分を再読しました。永井均哲学の源流(?)を再確認するために読みました。

(成城比丘太郎)

(成城比丘太郎)



-特になし
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホラーについての質問【3】(成城のコラムー47)

「コラム047」 刀について ゾンビについて オススメ度:特になし 【はじめに】 今回は読んだホラーのことや、刀や、ゾンビのことについて質問に答えます。 【Q:最近読んだオススメホラーはありますか?】 …

2020年読書などの振り返り

「M-1グランプリ」について 読書を振り返る その他のことについて オススメ度:特になし 【はじめに】 今回は、2020年の読書について振り返りますが、このまとめ記事で取り上げる本は、今年の記事ではま …

2021春アニメ感想~語り合い宇宙【4】

春アニメ感想(4) 20年前のアニメについて オリンピック見た? オススメ度:特になし 【登場人物】 A:ちょっとイライラ。 B:知ってることだけ知ってる。 私:時代遅れの人。 【時代遅れの繰り言】 …

2021春アニメ感想~語り合い宇宙【3】

春アニメ感想(3) ノンフィクション混じりのフィクション オタクは◯◯しがち オススメ度:特になし 【登場人物】 A:酸っぱいもの苦手 B:飯大好き 私:夏バテに負けない人 【前置きが長い】 A:どう …

「かけがえのなさ」について(成城比丘太郎のコラム-16)

コラム(016) 「かけがえのなさ」と「個別性」 「絶対的な喪失」を受け入れられるのか おススメ度:特になし 最近、野矢茂樹『そっとページをめくる』(岩波書店)を読み終えた。この本に収められているのは …

アーカイブ