★★★★☆

幽霊海賊(ウィリアム・ホープ・ホジスン、夏来健次〔訳〕/ナイトランド叢書)

投稿日:2018年8月10日 更新日:

  • ホジスンの海洋奇譚
  • 謎の影につきまとわれる恐怖
  • 徐々におとずれる怪異
  • おススメ度:★★★★☆

【物語のあらすじ】

「わたし」ことジェソップが、自らの遭遇した怪異体験を語るという内容の物語です。サンフランシスコからイギリスへと戻るため、「モルツェストゥス号」の乗組員になった彼は、今までの乗組員が一人を除いてみな下船して、入れ替わっていたことを知ります。また、この船が呪われた船といわれていることも知ります。やがて航海に乗り出した船は怪異に襲われ、それらに振り回されることになります。船に乗り込んでくる「影」からはじまり、様々な怪異があらわれて、徐々に船員を恐怖に陥れるのです。はたして、船の運命はどうなるのでしょうか・・・。

【感想など】

全16章立てになっていて、章ごとに様々な怪異や異変が次々に展開していくという、なんともテンポのいいものになっています。物語の舞台はほぼすべてが船中なので、あまり見映えはしないかもしれませんが、異変の連続や乗組員の心理の変化など、楽しめることは色々あります。頻出する専門用語は、ホジスンの実体験が盛り込まれていることを感じさせます。

異変は、まずは人影が船に上がってきて、それをジェソップが見つけるところからはじまります。「なんだかわからないもの」が甲板に現れたという異変察知の後、目撃者が他にも出てきて、確かに何かがいて、何か異常なことがあるようだという認識に変わっていきます。ジェソップは、見習い水夫のタミーとともに、冷静になってそれが何かを探ろうとするのです。そして、その結果この船が今どういった状況にあるのかを推理していきます。このあたりは、オカルト風味の船上サスペンスとなっているようです。

その後、立て続けに何者かの襲撃らしきものにあい、霧が立ち込め、犠牲者もでてきます。この船に何が起こっているのかを知っている者と知らない者とがいて、なぜ共通の理解にいたろうとしないのだろうか不思議なのですが、おそらく船内の混乱を危惧してるのでしょうかね。そのうちに、船体の下、つまり海面下に船影が見えだして、この船になにかがつきまとっているのを知ります。

この怪異譚は、外からの応答に反応のない船(乗組員たち)が混乱に陥り、そこから逃れた者(=ジェソップ)を救助した別の船の乗組員から見た客観的な現象と、ジェソップの体験談を基に書かれたものです。「わたし」ことジェソップの話を、船の最後を一部始終目撃していた人物(書き手)が記したものということです。こういった構成は怪異譚としてはおもしろいです。体験談と、それを聞いて実体験風怪談として仕上げるにはオーソドックスながらも最適なフォーマットでしょうか。『異次元を覗く家』と同様ですね。

さて、余談というか、蛇足というか、この話は本当のことなのでしょうか。確かにこの書き手は、船の最後の姿を見ています。しかし、船は霧に包まれていて、はっきりと影に襲われていたと視認したわけではなさそうだし、ジェソップの体験談を聞いて、事後的にありもしない影を見たという認識をつくりだしたという可能性もなくはないのです。この当時の(現在でもそうかもしれないが)船員にとって気象異変はよくあることだし、船の沈没という極限状態において何らかの異変を錯覚することはあるかもしれません。ジェソップにしても、予備知識として持っていた船に対する何らかの因縁が悪い影響を与えたのかもしれません。まあ、これは無粋な読み方なので、単純に謎の幽霊船団らしきものに襲われた海洋ホラーとすればよいのではないかと思います。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

来るべき種族(エドワード・ブルワー=リットン、小澤正人[訳]/月曜社-叢書・エクリチュールの冒険)

「来るべき種族」という新人類? ユートピア文学の系譜を受け継いだSF的作品 謎の力「ヴリル」におびえる語り手 オモシロ度:★★★★☆ 【最初におしらせ】 はじめにちょっとしたおしらせですが、個人的な体 …

現代の地獄への旅(ディーノ・ブッツァーティ、長野徹[訳]/東宣出版)~読書メモ(28)

読書メモ(028) ブッツァーティ未邦訳短篇集第二弾 日常に潜む陥穽と幻想と おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 本作品は、一年ぶりのブッツァーティ短篇集。内容は、変身譚・復讐譚・昔話のようなノリな …

山の霊異記 赤いヤッケの男(安曇潤平/角川文庫) ~感想と軽いネタバレ

山にまつわる短編怪談集 基本的には登山者の死者の話 語り口も工夫されている おススメ度:★★★★☆ 本来、このサイトで取り上げようと思っていた主なお話は、ホラーというか、怪談のような話だった。もう結構 …

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)

妖怪をテーマにした悲恋 古典調だが読みやすい 予想以上に二転三転する物語 おススメ度:★★★★☆ 玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂 …

献灯使(多和田葉子/講談社)

読後感に何も残らない。 ディストピア風だが、ちゃちな感じしかしない。 なぜこんなものを著したのだろうか。 おススメ度:★★☆☆☆ (あらすじ)何らかの「災厄」に見舞われた後、鎖国状態の日本で、死を奪わ …

アーカイブ