★★☆☆☆

怪奇博物館(赤川次郎/角川文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:

  • 非常に軽い内容のホラー風短編
  • 大学教授と助手のコンビ連作と独立した短編
  • 肩透かし、あるいは息抜き?
  • おススメ度:★★☆☆☆

(あらまし)ドラキュラや謎の箱、呪いなどにテーマを取った7つの短編を収録。同じコンビを主役に据えた連作の間に独立したストーリーが挟まる構成。とにもかくにも赤川次郎。酒で言うなら非常に軽い食前酒のようなもの。

巻末にはホラー小説とあるが、半分はホラー風ミステリで純粋なホラーではない。基本は怪奇現象を理詰めで解説する謎解きの形を取る話も多いが、最終的に超常現象を認めて決着する話もあり、どうも座りが悪い。

文体はもう赤川次郎以外にないと言う文体で、知らずに読んでも多分「赤川次郎か素人が書いたもの」と思うだろう。軽妙洒脱と言えば聞こえがいいが、良くも悪くも何も残らない小説だ。オチもトリックも強引で、なるほど、力が入っていないのがよくわかる。

途中の娘を亡くした母親の話はそれなりに感慨もあったが、あとはもう「赤川次郎だから」で押し切る凡作、駄作揃い。決して嫌いではないのだが、これが著者の最良の仕事とは思えない。どうしても、暇なら、軽い気持ちで、と三重の前置きをしてから読まれた方がいいだろう。

多作で知られる著者であるから、こういう話もよく混ざるのかも知れないが、20年前に文芸雑誌に載っていたら、損も得も感じずに読み終わる、という所では無いだろうか。つまり、オススメしない。

(きうら)



(ネットオフ)

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

新耳袋殴り込み 第一夜 (ギンティ小林/角川ホラー文庫)

新耳袋のエピソードの舞台を取材 怪談の検証風怪談 イマイチ乗り切れない軽さ おススメ度:★★☆☆☆ 著者が聞いたら絶対に怒り狂うと思うが、本の感想を書くサイトだから仕方ない。はっきり書いてしまおう。文 …

えじきしょんを呼んではいけない (最東対地/角川ホラー文庫) ~ネタバレ気味注意

怪人系不条理(?)ホラー 設定は面白いが色々大雑把 許せるタイプのホラーファンに おススメ度:★★☆☆☆ ツッコミどころ満載という意味で、近年稀にみる怪作ではないかと思ったが、全体の構造が、先達である …

魔の聖域 (楢山芙二夫/角川ホラー文庫)~あらましと感想 、ややネタバレ

映画のスタントマンの事故死にまつわる怪異 イマイチ、何のホラーなのか分からない 昭和映画界の裏側描写は面白い おススメ度:★★☆☆☆ 「魔の聖域」と、抽象的なタイトルがついているが、内容は上記のような …

墓地を見おろす家 (小池真理子/角川文庫) ~あらすじ、感想、軽いネタバレ

訳ありマンションに引っ越してきた一家に襲い掛かる怪異 直球型心霊系ホラー小説。怪しい雰囲気は楽しめる。 余り整合性を重視していないので、オチ重視の方は注意。 おススメ度:★★☆☆☆ 都心に位置する新築 …

死国 (坂東真砂子/角川文庫)

オカルト要素ありの愛憎劇 四国の文化についてはあまり深く突っ込んでいない 女性視点の性的なモノローグなどの描写あり おススメ度:★★☆☆☆ 【ネタバレあり注意】 四国にある八十八ケ所の霊場を死んだ者の …

アーカイブ