3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆ 未分類

怪異の表象空間(一柳廣孝/国書刊行会)~読書メモ(60)

投稿日:2020年9月18日 更新日:

  • 読書メモ60
  • 「メディア・オカルト・サブカルチャー」
  • 明治の怪談から、ラノベのなかの怪異まで
  • オススメ度:★★★☆☆

現代の日本でも楽しまれている怪談。もう夏は過ぎ去った感じだけど、個人的には怪談は夏でなくても楽しめると思う。ちなみに、今年の「怪談グランプリ」という番組は、観客を入れずに行われたけど、まあまあおもろかった。まあまあすぎて、内容をあまりおぼえてない。やはり、オーディエンスがいないとだめなのか。そういう意味だと、怪談ってのは、共同的に作り上げるものなのだろうか。

てなわけで、本書についての内容ですが、明治の怪談からはじまり、「明治の新聞メディアにおける怪異の位置」や、心霊データベースとしての「遠野物語」や、ラジオ登場における「音声メディアと怪異」といった具合に、新たなメディア登場とともに、そこへいかなる怪異の表象空間が現れたかを、様々な資料を通して語る。

それから、1970年代のオカルトブームにおよび、大流行したコックリさんや超能力ブームについてに話は及ぶ。ちなみに、自分は一度だけコックリさん的なことをしましたけども、たしかに何かの力が働いているなという、妙な感動をおぼえた、その時には。

本書の後半は、ラノベや「もののけ姫」などから、「異界」やマージナルマン(境界者)をみていく。このへんのラノベにかんしては、比較的ちょっと前のことなので、古いかもしれない。現在のラノベのことを知らないのでなんとも言えんが。もしかしたら、「異世界もの」のジャンルは、「異界」との関連でとらえられるかもしれん。

ところで、この本を読んでいるあいだ(今年の5月頃)、この本には『世紀末オカルト学院』(2010)のことが書かれているだろうかと注視(?)していた、しかし、読んだ限りでは、全く言及されていなかった。このアニメほど、ここ数十年の日本オカルトブームを詰め込んだネタ的な良作はなかったのに。しかも、話の展開もジェットコースターのようで、なんともめまぐるしくてよかった。それに加えて、ミステリーの要素もあったし。この作品に触れてあったら満点だったのに(えらそう)。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆, 未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

出口のない海(横山秀夫/講談社文庫)

人間魚雷の乗組員の半生 戦争×野球という珍しい組み合わせ 娯楽作品として読めば楽しい。メッセージ性は弱い。 おススメ度:★★★☆☆ 第二次世界大戦時、人間魚雷こと特攻兵器「回天」の乗組員がいかにして自 …

【2021秋の再掲載シリーズ03】絶対に3週間で5キロ痩せる方法の解説&2021年ビールを飲みまくっても痩せる方法

一日ビールを1.35L飲む 食べるものを絞るだけ 痩せたい? 前回の記事にも書いたが、別に私は痩せたい訳ではない。確かに健康診断では中性脂肪が多すぎると指摘を食らったが、別に今すぐ入院しないといけない …

インキュバス(レイ・ラッセル ・著、大伴墨人・翻訳/ハヤカワ文庫) ~感想とあらまし、軽いネタバレ

あるアメリカの町を襲う強姦魔の正体とは? 強いエロ・グロ傾向あり。閲覧注意。 ミステリとしての落ちはまあまあ。 おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)ある田舎町であるガレンで、連続強姦事件が起きる。強姦 …

感染領域(くろきすがや/宝島社)

珍しい植物バイオ系サスペンス 途中までは傑作! 不満は無いわけでは無い おススメ度:★★★☆☆ 1/3くらいまで読んだ時は★5でも良いかと思うほど、久しぶりに楽しい作品だった。定番だが、自分の知らない …

死神の棋譜(奥泉光/新潮社)

将棋ミステリ プロ棋士になれなかったものたちの悲哀 ミステリの外見を借りた何か別物のフィクション オモシロ度:★★★★☆ 【はじめに】 この感想文が投稿されてる日は、おそらく11/13でしょう。すなわ …

アーカイブ