未分類

新編霊魂観の系譜(桜井徳太郎/ちくま学芸文庫)~読書メモ(39)

投稿日:2019年5月20日 更新日:

  • 読書メモ(039)
  • 民俗学から歴史を捉えられるか
  • 著者は柳田國男の弟子
  • おススメ度:★★★☆☆

著者は柳田國男の謦咳に接した弟子でもある民俗学者。民俗学と歴史とをどうつないでいくかに、それなりの補助線を用意してくれるかもしれない本(ちょっと書かれた時期が古いが)。シャーマニズム(巫女)や「呪いの人形(くぎ人形)」についての考察は興味深かった。それと、民間における祖霊信仰や、祖先霊についての考え方、怨霊と御霊についてなども。それに沖縄方面の宗教的な習俗についても。あと、イザナギが向かった冥界とは、古代人にとって近しいものだった。これは、冥界とは垂直的世界ではなく、平行的世界であるということを示していると思われる。

日本人は無宗教だといわれたりするが、墓参りにおける祖先の弔いとか、神社などへの参拝とか、宗教的行為は色々おこなわれている。もちろん天皇陛下という存在への何らかの尊崇の念もまた同様かもしれない。しかし、祖先をどう祀るかという意味では、これから変わってくるかもしれない。それは形が変わるだけなのか、信念としては何も変わらないのか。先日とある番組で、ある歌い手さんが、「歌いながら、亡くなった作曲家の存在を感じていました」というようなことを歌唱後に語っていたけど、それもまた死者の霊に対するひとつの態度なのだろう。それは誰にでも受け入れることのできる信憑だろう。また、非業の死を遂げた人(若くして死んだとか)という意味の「異常死者」への何らかの弔い方における想いはこれからも変わらないだろうか。

あと、著者は基本的に折口信夫の学問的方法の非科学性(?)には批判的だけど、それでもそこにはある一定程度の見るべきものはあると書いている。まあ何事も全否定するだけではいかんなぁと思った次第。

(成城比丘太郎)


-未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

怪異十三(三津田信三〔編〕/原書房)~読書メモ(014)

読書メモ(14) 三津田信三自身が「本当にぞっとした作品」を選ぶ 直球の怪談といった印象 おススメ度:★★★★☆ 『怪異十三』は、ホラー作家の三津田信三(著者の作品で本サイトで紹介した本:「凶宅」「禍 …

ミスト(フランク・ダラボン監督)~暇なのでゆっくり観てみた

伝説の「胸糞悪い系」映画を再観賞 何といおうか……雰囲気は好きだ クリーチャーデザインは良い おススメ度:★★★☆☆ はっきり言ってしまうと、時間の都合で、今読んでいる本の感想が間に合わない。そのため …

首無の如き祟るもの(三津田信三/講談社)

疑昭和調の推理サスペンス小説 謎解きがメイン、幾重ものミスリード 猟奇要素は控えめ。あくまで推理を楽しむもの おススメ度:★★★☆☆ 当ブログのコメントからおススメ頂いた一冊。あらすじはAmazonの …

シュナの旅 (宮崎駿/アニメージュ文庫)

初期・宮崎駿の絵物語 ナウシカ+もののけ姫の原点 地味だが惹かれるものはある おススメ度:★★★☆☆ 若さとは変化を捉える感受性のことではないか、などと史上最長のGWを終えて腐っていた。何しろ仕事が始 …

動機 (横山秀夫/文春文庫)

警察・新聞記者・裁判官・元殺人犯の渋いドラマ ミステリ要素からサスペンス、ちょっとしたサイコ的要素も 安定した内容。一編を除いて地味でもある おススメ度:★★★☆☆ 著者の横山秀夫と言えば、「半落ち( …

アーカイブ