★★★★☆

日常(あらゐけいいち/角川コミックス・エース)

投稿日:2018年12月22日 更新日:

  • 生粋のギャグ漫画
  • アニメも原作を丁寧に映像化
  • ギャグにかける心意気がいい
  • おススメ度:★★★★☆

アイキャッチからも分かるように、非常にかわいい絵柄。その絵から想像されるような萌え要素は無いとは言わないが、ほぼ全編、熱いギャグが展開される。これは生粋のギャグ漫画。端々にギャグ漫画の先達へのリスペクトも感じる。内容についてはいまさら詳しく説明してもどうかと思うので詳しくはWikipediaでも参照されたし(読まれた方が早いかも)。とはいえ、概要くらいは書いておこう。

主な登場人物は、時定高校の一年のゆっこ、みお、麻衣の女子高生3人と、はかせ(8歳の女の子)となの(はかせが作ったロボット)、阪本(猫)。なのは高校に通う(原作とアニメではタイミングが違う)。ゆっこが主にボケ担当(突っ込みもするが主だって話を進行させることが多い)、みおは突っ込み(時にボケ)、麻衣はジョーカー的。はかせとなの、阪本のやり取りはほのぼのしている。その他、クラスメイトの面々、先生、それぞれの家族、ペットなどで話は展開する。全10巻、アニメは26話(円盤には0話も収録)。

この「日常」のダイナミックなギャグと安定した画力、そして品の良さに魅かれた。タイトルの「日常」は、非日常的なものが実は日常であると言う少しねじれた意味で付けられていると思う。例えばかわいいロボットがいたり、ヤギに乗って通学するイケメンの先輩がいたり。これらを日常と捉えるギャップが面白い。そもそもギャグマンガとはギャップを楽しむ側面が強い。読者の予想をどこまで裏切れるか、なかなか大変なジャンルだ。

メインストリームのギャグは、畳み掛けるようなボケとツッコミが特徴。突然ボルテージが上がって異常なテンションになるのが熱い。シュールなネタもあるが、分かりやすく、且つ、読みやすい。それでも意味がわからない場合もある。ただ、赤塚不二夫やいがらしみきおの様な不気味と思えるほどネタを振り切ることもなく、日常が戻って来るので安心できる。ほとんど下ネタ要素が無いのも素晴らしい。

過去のギャグ漫画……私が理解した範囲では、例えば「つるピカハゲ丸/のむらしんぼ」や藤子不二雄、あるいは「丸出だめ夫(森田拳次)」などの擬音が使われていたりして(一部自信がない/ソースを拾えなかった)、1980年代を小学生として過ごした方にはディティールが楽しめるのではないかと思う。「べーしっ君(荒井清和)」のネタ(だと思う)があるのも笑った。私が気づいていない元ネタも多いと思うので、作者はかなり広範なギャグ漫画に通じていると思う。

腕が千切れたり、首が飛んだり、汚物がブチまけられるホラーに飽きたら、一服の清涼剤として、ぜひご一読を。漫画を読んで久し振りに明るく笑った。

アニメも原作を相当愛していないと作れない様なハイレベルな翻案がされている。構成も含め、原作の分かりにくい部分が整理されていて、本当によくできている。アニメ化されていないエピソードもあるので原作も捨てがたいが、アニメ独自のネタもあり、なんだかスタッフ・キャストもすごく「楽しんで」作ったんじゃないかと思う。最後の次回予告のベテラン声優の方もウキウキして仕事をしているように見える(当時も話題になったはずだが、信じられないくらい豪華)。本当によく動くので、アニメらしいアニメだと思う。

ホラーサイトで純粋なギャグを紹介するのも、どうかなと思うが、読んで/観て損はしないものは紹介したいという方針なのでご容赦を。アニメでも漫画でも、ぜひ一度、ご覧頂きたい。ある種のユートピア的な漫画でもあるので、疲れた方には特におススメ。

以上、ギャグ漫画を極めて普通のテンションで紹介するという謎の回でした。

(きうら)


-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

死刑 その哲学的考察(萱野稔人/ちくま新書)

日本の死刑制度のもつ意味とは。 道徳的に、または政治哲学的に考える。 価値観の押しつけや、抽象論に堕しない死刑の考察。 おススメ度:★★★★☆ 【大雑把な本書の見取り図】 まず、(欧州に非難される)日 …

カルヴィーノまみれ~木のぼり男爵/不在の騎士/ある投票立会人の一日

木のぼり男爵(イタロ・カルヴィーノ、米川良夫[訳]/白水Uブックス) 不在の騎士(イタロ・カルヴィーノ、米川良夫〔訳〕/白水Uブックス) ある投票立会人の一日(イタロ・カルヴィーノ、柘植由紀美〔訳〕/ …

たたり(丘の屋敷)(シャーリイ・ジャクスン[著]・渡辺庸子[訳]/創元推理文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

モダンホラーの古典的名著とされています。 とある幽霊屋敷の調査に参加した四人に起こる怪奇現象。 参加者の一人「エレーナ」の視点から主に語られます。 おススメ度:★★★★☆ まず本書のタイトルについてで …

夏の花(原民喜/集英社文庫<青空文庫>) ~紹介と感想、軽いネタばれ

「壊滅」の予感を三人称で書く。 「私」が妻の墓に供えた花と、その後の惨禍と。 「廃墟」になった街を歩き回る「私」。 おススメ度:★★★★☆ この集英社文庫版には、『夏の花』三部作が収められています。ち …

江戸の刑罰(石井良助/吉川弘文館) ~内容の紹介と軽いネタバレ

江戸の刑罰と牢屋に関する、古典的名著。 処刑の記述や、牢屋内でのドキュメントは結構おそろしい。 刑の執行や牢屋内の取り決めは、かなり細かい。 おススメ度:★★★★☆ 著者は、「日本法制史」の研究者で、 …

アーカイブ