★★★☆☆

暗い暗い森の中で(ルース・ウェア[著]・宇佐川晶子[訳]/ハヤカワ文庫) ~感想と軽いネタバレ

投稿日:2017年6月25日 更新日:

  • あるパーティーの夜に起こった事件。
  • 一人の女性の視点から解かれていく謎。
  • 人間関係(特に女性同士のもの)の怖さ。
  • おススメ度:★★★☆☆

ストーリーは、作家である「わたし」こと「ノーラ」のもとに、一通のメールが届いたところから始まる。その内容は、学生時代の友人「クレア」の「ヘン・パーティー(=女性の独身さよならパーティー)」に、「ノーラ」を招待するものだった。「ノーラ」は、いぶかしみながらも、同じく友人の「ニーナ」とともに、パーティーに参加する。そこに待ち受けていたものは……。

パーティーの会場は、「クレア」の友人である「フロ」が用意した、人里離れた森の奥にある別荘。なぜそんな所でパーティーが開催されるのか。別荘周辺はなぜか携帯電話が通じない、(通信するには)隔絶された場所で、一応ミステリーでいうところの閉鎖された環境に準じたものができあがっている。とはいえ、別荘には固定電話もあるし、森から出れば携帯も通じる。そういった外部と通信するのが少々面倒なところが、この作品の肝になる部分だろうか。

パーティーに集まったのは、「ノーラ」を含めて6人。癖のありそうなもの、そうでないものと、色々。6人の職業は、それぞれ作家に医者に弁護士に脚本家などというもので、この作品の舞台がイギリスなので分からないが、日本だったら、ハイソな連中の集まりというところだろうか。集まった6人の間には、パーティーのゲームや会話などを通して、徐々に関係のきしみが生じる。この辺りの描写には、どこか無理矢理の感はあるが、いい緊迫感はある。

叙述は、「ノーラ」の一人称ですすめられる。彼女の2つの状態が交互に語られ、読者は、彼女の置かれている状態と並行して、物語の概要をつかむとともに、事件の核心へと導かれる。だからだろうか、読んでいる途中で、ある程度の真相にせまれるのではないかと思われる。「クレア」は作家なのだが、人への依存心が高いようなところがあり、また真相に繋がることをかくしているため、なんだか人物造形としてはフワフワしている。しかし、読むにあたってはそれほど気になるものではないです。

たいして怖いところはないので、おススメ度は高くはないですが、読みやすい文体で、さくさく読みすすめられるので、新幹線の車内などでの暇つぶしには丁度良い一冊です。

(成城比丘太郎)



暗い暗い森の中で (ハヤカワ文庫NV) [ ルース・ウェア ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

妖し語り 備前風呂屋怪談2(岩下志麻子/角川ホラー文庫)

天女のような湯女・お藤が客から聞く時代怪談 湯女は今で言う風俗嬢(ソープランド?) 嘘と真を行き来するので幻想的 おススメ度:★★★☆☆ シリーズものの本を読む場合、滅多に巻数を飛ばして読まないのだが …

さらに悩ましい国語辞典(神永曉/時事通信社)~内容の簡単な紹介と「真逆」への所感

言葉の用法の悩ましさ。 揺れ動く日本語の意味。 本の紹介というより、私のとある言葉への違和感。 おススメ度:★★★☆☆ 今回は紹介というより、この書物をパラパラとめくってみて(改めて)考えた、普段から …

「幻想文学――転覆の文学」『幻想と怪奇の英文学・3』(ローズマリー・ジャクスン、下楠昌哉[訳]/春風社)~読書メモ(33)

読書メモ(033) 「幻想文学」とはジャンルではなく、「様式(モード)」である 「幻想文学」ファン必携の本 おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 幻想文学(幻想小説・ファンタジー)という用語をよく使う …

ラヴクラフト全集(1)(H・P・ラヴクラフト (著)、大西尹明(翻訳)/創元推理文庫)

架空のクトゥルフ神話体系をベースにした怪奇譚 恐怖の周辺を描く独特の作風 コズミックホラーと称される壮大なバックグラウンド おススメ度:★★★☆☆ 日本でも二次創作や三次創作が行われ「知る人ぞ知る」怪 …

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編(村上春樹/新潮社) ~あらましとモヤモヤした感想、軽いネタバレ

結局、上手く騙された感じがする とにかく性的メタファーの多い後編 誰かに勧めるかといわれると勧めない おススメ度:★★★☆☆ 第1部を読んだのが3月で、今が7月なのでそれから第2部を読み終えるのに4か …

アーカイブ