★★★☆☆

暗い暗い森の中で(ルース・ウェア[著]・宇佐川晶子[訳]/ハヤカワ文庫) ~感想と軽いネタバレ

投稿日:2017年6月25日 更新日:

  • あるパーティーの夜に起こった事件。
  • 一人の女性の視点から解かれていく謎。
  • 人間関係(特に女性同士のもの)の怖さ。
  • おススメ度:★★★☆☆

ストーリーは、作家である「わたし」こと「ノーラ」のもとに、一通のメールが届いたところから始まる。その内容は、学生時代の友人「クレア」の「ヘン・パーティー(=女性の独身さよならパーティー)」に、「ノーラ」を招待するものだった。「ノーラ」は、いぶかしみながらも、同じく友人の「ニーナ」とともに、パーティーに参加する。そこに待ち受けていたものは……。

パーティーの会場は、「クレア」の友人である「フロ」が用意した、人里離れた森の奥にある別荘。なぜそんな所でパーティーが開催されるのか。別荘周辺はなぜか携帯電話が通じない、(通信するには)隔絶された場所で、一応ミステリーでいうところの閉鎖された環境に準じたものができあがっている。とはいえ、別荘には固定電話もあるし、森から出れば携帯も通じる。そういった外部と通信するのが少々面倒なところが、この作品の肝になる部分だろうか。

パーティーに集まったのは、「ノーラ」を含めて6人。癖のありそうなもの、そうでないものと、色々。6人の職業は、それぞれ作家に医者に弁護士に脚本家などというもので、この作品の舞台がイギリスなので分からないが、日本だったら、ハイソな連中の集まりというところだろうか。集まった6人の間には、パーティーのゲームや会話などを通して、徐々に関係のきしみが生じる。この辺りの描写には、どこか無理矢理の感はあるが、いい緊迫感はある。

叙述は、「ノーラ」の一人称ですすめられる。彼女の2つの状態が交互に語られ、読者は、彼女の置かれている状態と並行して、物語の概要をつかむとともに、事件の核心へと導かれる。だからだろうか、読んでいる途中で、ある程度の真相にせまれるのではないかと思われる。「クレア」は作家なのだが、人への依存心が高いようなところがあり、また真相に繋がることをかくしているため、なんだか人物造形としてはフワフワしている。しかし、読むにあたってはそれほど気になるものではないです。

たいして怖いところはないので、おススメ度は高くはないですが、読みやすい文体で、さくさく読みすすめられるので、新幹線の車内などでの暇つぶしには丁度良い一冊です。

(成城比丘太郎)



暗い暗い森の中で (ハヤカワ文庫NV) [ ルース・ウェア ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

中島らものたまらん人々 (中島らも/双葉文庫)

いそうでいない変なヒトビトの図鑑 絶妙な文章とイラスト 今話題のコンプライアンス的には猛烈にアウト おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 本書は、著者(故人)自身とその周囲の「コワい」人々を語るエッセ …

ケレスの龍(椎名誠/角川書店) 〜あらましと軽いネタバレ、武装島田倉庫との比較

崩壊後の世界での奇妙な冒険 「武装島田倉庫」がベースだが大幅に明るい 著者が楽しく異世界を「旅行」している おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)北と南の戦争が終わってかなり経ち、経済や文化もだいぶ復興 …

魔法の庭・空を見上げる部族(カルヴィーノ、和田忠彦[訳]/岩波文庫)~(020)

読書メモ(20) カルヴィーノの初期短篇集 ユーモア、かなしさ、明るさ、ちょっとした不安あり(目立った怖さはない) おススメ度:★★★☆☆ 以前、『魔法の庭』として単行本とちくま文庫から出されていたも …

冥談(京極夏彦/角川文庫)

死の香り漂う8つの短篇 靄がかかったような景色が広がる 正統派の怪談という気もする オススメ度:★★★☆☆ 冥という漢字を調べてみると「暗い」という意味以外に、奥深い、あの世という意味もあるようだ。当 …

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ と ゴジラ(前編)【完全ネタバレ】

身に染み込んだ怪獣の記憶 ゴジラを巡る個人的な理由と最新作の感想 昭和と令和のゴジラは主張が反対 おススメ度: ★★★☆☆(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ) ★★★★★(ゴジラ) 【前説・なぜ怪獣 …

アーカイブ