★★★☆☆

最後から二番目の真実(P・K・ディック[著]、佐藤龍雄[訳]/創元SF文庫)

投稿日:2017年10月11日 更新日:

  • 世界を二分する勢力による戦争の行方とは。
  • 地下に移り住んだ人々に隠された真実。
  • 主要人物数人のドラマ。
  • おススメ度:★★★☆☆

フィリップ・K・ディックは日本でよく読まれています。最近読んだ『フィリップ・K・ディックの世界』(ポール・ウィリアムズ、河出書房新社(Amazon))によると、ディックの小説が北米ではあまり読まれていない時期に、世界ではフランス・日本・オーストラリア・ドイツなどには熱心な読者がいたようです。先月(2017年9月)から、4ヵ月連続で文庫化(復刊・新訳)が早川書房で予定されているように、(日本での)ここ数年の作品刊行ペースはすごいですね。新訳もされていて(表紙も黒を基調にしたもので、なかなか渋い)、これほどの短期間にこれだけ出版される海外作家はなかなかいないでしょうね。私は残念ながら翻訳について何かを語るだけの能力を持ち合わせていませんが、このような出版ブームはすなおにうれしいです。といっても、私はディックの熱心な読者というわけではないですが。今回とりあげるこの本も十年間本棚の肥やしになっていたくらいですし。これを読むきっかけは上記の『フィリップ・K・ディックの世界』です。ちなみにこの『フィリップ~』は、ざっと読んだところ、内容としてはファンならまあ読んでみてはいかが、という程度のものでした。

(簡単な出だしの説明)
時は、近未来の地球です。世界は、「西半球民生圏」と「太平洋人民圏」とに二分され、両者は終わりの見えない戦争を続けていた……と思われていたのですが、それは地下に避難した人々への方便で、実際は、とっくに終戦しており、(ある特権階級が)地上から地下に住む人々を管理しているという状況です。ある映像によって地下の人々を欺瞞するその支配形態は、一読してディストピアものかなとも思いました。このことは読者に所与のものとして最初から示されるので、ネタバレというほどのものではありません。つまり、ここから物語が始まるということです。

地下からある目的を携えて地上に向かおうとする「ニコラス・セントジェームズ(ニック)」と、「地下管理局補佐官」の「ジョゼフ・アダムズ」とを(地下と地上を代表する)物語の二本の柱としつつ、そこにキーとなる人物が複数絡んできます。といっても、この二人が中心になるというわけでもなく、ただその時の状況に応じて、何人かの主要人物が舞台に出てくるといった感じです。彼らは思惑をそれぞれに持っていて、作者はSFガジェットを用いつつ、次第にそれらを社会派のミステリーのように書きだしていきます。

ここまで書いて、物語の概要はほとんど書いていませんが、はっきりいうと書くほどのことがありません。戦争に使われる「要員(レッディ)」という人造兵器や、予知能力(プレコグ)や「シミュラクラ」といった、ディック作品に出てくるような要素はあるものの、それらは物語のスパイス程度にしかすぎないように思います。要は、戦争が終わった世界で、地上と地下に分かれて住まうものたちと、地上に住む人間でありながら地下の人々を助けようとする人との政争めいた相克と、そのために起こるとある事件でしょうか。

おそろしい人物というと、地下管理局のボス(実質的な最高権力者)である「スタントン・ブロウズ」でしょうか。ブロウズはまさに巨魁といった感じで、(特に)アダムズは彼に終始振り回される格好になります。登場人物でちょっと情けないのはこのアダムズでしょう。補佐官といった立場ですが、物語が進むに従って、彼は「人の内部で音もなく広がる霧」を手探りで進むようになります。ある事件が起こってからは。

一番謎めいた人物は、補佐官である「デイヴィッド・ランターノ」でしょう。彼はいったい何者なのか、何をなそうとしているのか、といったことがミステリー風で一つの読みどころです。他の人々がある意味自らの職務というか役割に忠実であろうとしているなか、彼は途中まで何を考えているのかわかりません。作品後半からは、このランターノが絡みだして、ちょっとごちゃごちゃした感じですかね。ごちゃごちゃした、というのは、色んな内容を詰め込みずぎかなという感想です。

ところで、先に書いた『フィリップ・k・ディックの世界』には、ディックが実際に見舞われたある事件(住居侵入事件)のことが書いてあり、それが支配者層への不信という執筆のモチーフをもたらしたのかな、という妄想をもちました。といっても、その事件はこの作品発表後のことのようですが。

ディック作品によく言われる現実の崩壊感覚とかはないですが、まあまあ面白いです。ディックのファンなら。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ぼぎわんが、来る(澤村伊智/角川ホラー文庫)

正統派の化け物系ホラー 視点の転換は新鮮 ただし、後半は半ばマンガ…… おススメ度:★★★☆☆ 「映画化決定! 全選考委員が絶賛した第22回日本ホラー小説大賞受賞作!」という華々しいキャッチコピーもあ …

ダーク・タワー1 ガンスリンガー (スティーブン・キング(著),‎ 風間賢二 (著)/新潮文庫)~あらましと感想

西部劇風のロードムービー風娯楽小説 ファンタジー要素が多数 キング作品の根幹となるシリーズ おススメ度:★★★☆☆ キング作品ではおなじみの長い前書きで書かれているが、この作品はJ.R.R.トールキン …

ザ・スタンド(3)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

疫病による「崩壊後」の世界に現れる善と悪の組織が描かれる 初登場の人物が多い、宗教観が強く分かりにくい等の理由で前半はややダレる 中盤からは再びスリリングに。キング節全開のエピソード満載 おススメ度: …

二階の王(名梁和泉/角川ホラー文庫)~紹介と感想、軽いネタばれ

二階に引きこもる兄の正体は? 元「ひきこもり」達だけに見える異形と化した人々 彼らは「悪因研」と称し、見えない悪と対峙するが……。 おススメ度:★★★☆☆ 旧サイトの「新刊を勝手に予想」というコーナー …

ゾンビの小哲学(マキシム・クロンブ、武田宙也・福田安佐子〔訳〕/人文書院)~読書メモ(49)

読書メモ(49) 現代社会や現代人を表すゾンビのイメージ 記事の後半は、アニメコンテンツからみるゾンビ性 おススメ度:★★★☆☆ 【本書についての大雑把なまとめ感想】 本書は、西洋世界から見た「ゾンビ …

アーカイブ