★★☆☆☆

水に似た感情 (中島らも/集英社文庫)

投稿日:2019年12月23日 更新日:

  • ほぼ実話のTV制作ドキュメント
  • 驚くほどの下品さと繊細さが混在
  • ちなみに躁病の時に半分書いたらしい
  • おススメ度:★★☆☆☆

まず「中嶋らも」という作家の情報をどの程度知っているかで、この本の面白さが変わる。私はこの小説に出てくる出来事の前後を別の著書で知っている。著者はもともとずば抜けて賢い(歯科医の息子で進学校に一桁入学)。この本でも自分のIQが150近くあったと嘯いている。薬物中毒、とりわけアルコール依存症だった。それがきっかけで落命している。とにかく、でたらめな生き方をして、それが許されるだけの才能と、その才能ゆえに普通に生きられない苦悩を持っていた。薬物摂取をメディアで公言してそのまま本当に捕まるなど、今の世の中では考えられない。要するに「紙一重」の人である。

本書はそんな著者(作中では主人公モンク)がTVの旅行企画の出演者として、バリ島取材に行った体験をほぼそのまま書いている。著者とミュージシャンがバリ島をレポートするという1時間番組だが、全く事前準備がない状態でスタートして、怒り狂う。しかし、同時に神秘体験を経て、何かに目覚める。もちろん、クスリもやるし、ウィスキーを常に飲んでいる。この破滅的な状況から、番組を成立させるモンクの活躍が主な娯楽要素である。しかし、本当に躁状態で書かれたと思う。凡人の作文とは比べることは出来ない筆力はあるが、他の傑作と比べれば文章も構成もめちゃめちゃだ。一人称と三人称が混在していたり。

特に滑った時のギャグがひどい。ハイスピードで下ネタを連発する。躁鬱病(いまの双極性乖離障害)と自称しているが鬱部分はほとんどない。そんなシーンに辟易していると、急にTVマンとして覚醒して、マシンガンのように指示を出して、ダメなクルーをまとめあげる。同時に自分の存在について恐ろしく気弱な分析もする。曰く表現し難い独自の世界は堪能できるだろう。

私は映像制作に携わっている友人がいるので、本書のメインテーマには終始興味を持つことができた。だいたい友達から聞いていた通りだ。外から見るのはいいが、TV番組の制作なんて、本当に好きでないとできないな、と感じた。

この間、私は弱気な読書を続けていて、新しさより居心地の良さを求めている。中島らもは、前述の通り、アルコール依存症で躁状態と鬱状態を行ったり来たりする。おまけに不眠症。その割に責任感が強くて、無駄に行動力があって損ばかりする。ずっとスケールは小さいが、私もほとんど同じ状態なので、奇妙なシンパシーを感じながら本書を読んでいた。要するにダメ人間同士、同病相哀れむという感覚だ。

ダメ人間にも色々あるが、この種の人間は、弱気で傲慢な自我を無理やり捻じ曲げて、社会に適合してしまう。Macの上でWindowsを走らせるBoot Campみたいなもので、余計な負荷を負っている。もともと不適合な訳でもなく、かと言って真っ直ぐに生きている訳でもない。強い思いはあっても、信念というものが薄い。なので年を経ると矛盾が拡大して自己崩壊していく。読者の中に、そんな要素があれば、理論的なモンクが神秘体験に呆気なく屈する様子にも共感できるだろう。

色々書いたが、暴走する人間というのは、実は結構怖い。ウィスキー瓶片手に本書を書いたであろう著者はまさに狂人である。しかし、誰にでもそんな要素はあるのではないだろうか? 積極的に勧めはしないが、まあ変わった小説だ。

個人的にアルコールが、ダウナー系のドラッグではなく、アッパー系だということに初めて気付かされた。私は眠るために酒を飲んでいたつもりだったが、知らずにハイを求めていたのか。酒で睡眠薬を流し込む私の命もそう長くないだろう。ちなみに中島らもは享年52歳。そんなものだろう。むしろよく生きた。

(きうら)


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

日本〔論〕についての会話

死者と先祖の話 (山折哲雄/角川選書) 日本論(石川九楊/講談社選書メチエ) 日本と日本文化を規定するものとは 宗教観と日本語から見る日本論 どちらも中途半端なかんじです おススメ度:★★☆☆☆ 【登 …

角の生えた帽子(宇佐美まこと/角川ホラー文庫)

猟奇的な内容の表題作はサンプルで全文読める から予想した内容とは違うねっとりとしたホラー短編集 どんでん返しもあるが、うーん微妙 おススメ度:★★☆☆☆ 表題作は無味乾燥な工場業務に明け暮れる男が、毎 …

日出る国の工場(村上春樹・著/安西水丸・画/新潮文庫)

工場見学の文章とイラスト どこを切っても村上春樹 30年前のドキュメントで時代を感じる おススメ度:★★☆☆☆ 初版発行が1987年平凡社となっている。およそ30年前である(2018年現在)。そもそも …

岡山女(岩井志麻子/角川ホラー文庫) ※ネタバレなし

霊が見られる霊能士の短編小説集 幻想的な作風で怖くない 読後感は爽やかだが求めてたものとは違う おススメ度:★★☆☆☆ 日本人の皮膚感覚を逆なでするようなデビュー作「ぼっけえ、きょうてえ」が、極めてよ …

アーカイブ