3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

水域(椎名誠/講談社)

投稿日:2017年5月25日 更新日:

  • 怪しくも美しい水のディストピア
  • 椎名誠史上、最高の抒情性
  • 美しいラスト、SFファン必読
  • おススメ度:★★★★✩

この小説を読もうと思った方、それは正解だ。ハルキストがいるとすれば、私はシーナリスト。そのひいき目を差っ引いてもこの小説は面白い。かつ怖い。椎名誠はウォーターワールドを盛んに意識しているが、あんな能天気な映画とは比べ物にならないくらい、細やかな感情の起伏に満ちている。ただ、水に覆われた世界をさまようだけの物語に、これほどまでのドラマを設置できるとは。椎名誠、初期SF三部作の二作目。読みやすさ、面白さ、切なさにおいては、おそらくこの三部作では最強の一冊。

(あらまし)どことは知れぬ水に覆われた世界。その世界と、一隻の小舟――ディンギィで漂う男ハル。謎の生物、悪意ある人物、そして美しい娘との出会い。水で漂うというだけの設定を果てしなく豊かに、そしてリアリティ豊かに描く傑作SF。椎名誠史上最も美しいラストを迎える、渾身の一作。椎名誠はその経験を活かし、あくまでも読者に寄り添いながら、異世界に誘う。素人お断りのSF界において、唯一無二の存在と言っても過言でない。

出だしから感じるのは、その肌感覚のある水上生活の描写。小舟で大海をさまよった日本人は少ないと思うが、数ページ読めば、間違いなくその経験ができる。著者が実際に体験した「水の感覚」が存分に振るわれている。ただ読むだけで、異常に湿度の高い世界の冒険者として、主人公ハルと一緒に忿怒奔流を漂える。

忿怒奔流? それが第二の魅力。椎名誠は、まったく意味を説明しないにもかかわらず、豊かなイメージを読者に抱かせる高度な技術を持っている。サキシマドクタラシ、シルスイ、クチマガリ……その文字そのものがSFであるというのは稀有なイマジネーション力だ。実は椎名誠の最新SFの「ケレスの龍(Ama)」も読んではいるが、この小説のような神がかった展開はない。若く、才気に溢れた椎名誠の渾身の一作。SF三部作はどれも面白いが、物語として完成度が高いのはおそらく本作だ。

恐怖小説としても十分機能する。「死人船」や前述のサキシマドクタラシ、そして、ズーとの出会いとその顛末。椎名誠は容赦なく物語る。腰の引けた描写はしない。「このキャラクターは人気が出るから殺さないでおこう」などとさもしい思いで小説を書いていない。ただただ、水に覆われた世界を描くことだけにすべての力がそそがれている。これが面白くないなら、面白い話など紹介できそうもない。

ホラーを主眼としているサイトなので、SFというだけで★を一つ差っ引いたが、個人的には満点。何度読んでも新しい発見があるし、読むたびに切なく思う。再読性が高いのは、登場するキャラクターとの距離感が絶妙だからなのだろう。通俗的なドラマはや漫画など何するものぞ。この小説がこれほどマイナーなのは驚くばかりだ。

特にグロウとズー、ラストシーンはあまりに美しい。あなたに少しSFの世界に旅する気持ちが有れば、この小説は最適なpilotageとなろう。

(きうら)


-★★★★☆
-,

執筆者:

関連記事

哲学塾の風景(中島義道/講談社学術文庫)

実況感覚でおくる哲学書読解と、<哲学>実践。 特に何かに役立つわけではないのが、この塾のミソ。 哲学的センスのない人は、哲学書を読む必要がない。 おススメ度:★★★★☆ 哲学者中島義道が、<本当に>哲 …

マークスの山(高村薫/新潮文庫) ~あらましと感想

謎の殺人者マークスを追うミステリ 硬質な文体と警察小説の側面 なかなかの読み応え、オチはまあ納得 おススメ度:★★★★☆ 山というものは、ある種の人間にとって非常に魅力的に感じるものだ。私は登山家では …

わたしを離さないで(カズオ・イシグロ、土屋政雄[訳]/ハヤカワepi文庫) ~途中からネタバレ感想

平易な文章と、密度の濃い内容。 ある役目を生得的に背負った人物たちの、閉塞的な世界。 この紹介文の後半はネタバレ混じりです。 おススメ度:★★★★☆ 【ネタバレ抜きのあらすじ】 本書の主人公、というか …

吉野大夫『後藤明生コレクション・3』(後藤明生/国書刊行会)

「吉野大夫」という人物をめぐるお話 ノンフィクションの体をとった小説 「吉野大夫」を探るうちに、わけいる謎 個人的オモシロ度:★★★★☆ 【1】 今年は後藤明生の没後20年である。去年このブログにも書 …

日本怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫)

巨匠たちが描く怪奇・幻想・怪談短編集 万華鏡のような怪奇世界 読書の基本に戻られる良書 おススメ度:★★★★☆ 夏目漱石に森鴎外、芥川龍之介、川端康成、谷崎潤一郎、室生犀星……文学短編集かと思うほどの …

アーカイブ