★★★☆☆

波よ聞いてくれ(1) (沙村広明/アフタヌーンコミックス)

投稿日:

  • ラジオにまつわるドタバタコメディ
  • ちょっとオタク風な作風
  • 作者が伸び伸びとしている
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらまし)繁盛しているカレー店の女性店員であるミナレは、仕事はできるが、恋人に50万持ち逃げされ、鬱憤のたまったヤケクソ状態。ある夜、バーで意識不明になるまで呑んで、初対面の髭の男に自分の愚痴をまくしたてる。実は彼は地方ラジオ局の制作者で、その時の「愚痴」がラジオ番組の一コーナーとして勝手に流され、リスナーに大うけ。勝手に録音されてたことに憤るミナレだが、それがさらに事態を混迷させ、ラジオの世界に引きづりこまれていく……。

無限の住人」の著者は、人体破損や活劇にかなりの興味と才能があるのだが、一方、一種オタク的な独自のギャグセンスを持っており、これまでも「ハルシオン・ランチ(Ama)」や「おひっこし(Ama)」でその一端を披露していたが、SF要素や不慣れな恋愛要素があって、どうにも不完全燃焼の感があった。本作はそれらの中途半端感を払しょくし、「ラブコメ」一本で勝負するという覚悟の感じられる作風だ。

とにかく、ミナレの行動が破天荒で、ストーリーの先が読めない。たぶん、作者も半分くらいしかプロットを立てず、その時のテンションで物語を動かしているのではないかと思う。「ラジオ」という一種、地味な舞台装置の上で、けっこう派手な展開が、ハイテンションで展開される。ある意味痛快で、面白いことをしているから笑えるのではなく、そのハチャメチャぶりに笑えてくるという作風だ。

一方、「無限の住人」時代からあるサブカル的というか、オタク的というか、内輪受け的な要素も残っており、全ての一般読者には薦められないある種のオーラも持っている。「無限の住人」で言えば、一番近いのは、主人公は目黒と百琳を足したようなキャラクターで、一巻の恋愛の相手との関係は、真理路を思わせる。つまり、あの漫画の戦闘要素を抜いて書かれた、純粋なギャグマンガだ。

それにしても、作者がこの舞台で楽しんで書いていることがよくわかる。キャラクターも可愛いし、エロ・グロ要素もほとんどない。それでいて、ラジオ局というノウハウモノの要素も有り、作風が合えばあと★を一つ足してもいい中々の傑作だ。実は二巻も読んだがまだまだ面白くなりそう。結構、この先の展開も期待している。ちなみにホラーと呼べる要素はないので、怖い本好きの方は、申し訳ないが今回はスルーしてください。

(きうら)



波よ聞いてくれ1巻【電子書籍】[ 沙村広明 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

隣の家の少女(ジャック・ケッチャム/扶桑社ミステリー)

「少女虐待」という強烈なモチーフ 悪趣味かつグロテスク、ある意味期待通り 興味本位で読むのはお勧めできない おススメ度:★★★☆☆ 「読後感が最悪の小説」のベスト1に選ばれていることもある、実話をヒン …

エッジ(上)(鈴木光司/角川ホラー文庫)

人が消える怪現象を追う女性ライター 微妙な既視感・疑問・それでも読んでしまった 下巻には嫌な予感しかしない おススメ度:★★★☆☆ 【鈴木光司は終わったのか】 前回「バースディ」を紹介したとき、もう鈴 …

幽霊の歴史文化学(小山聡子・松本健太郎[編]/思文閣出版~二松学舎大学学術叢書)~読書メモ(34)

読書メモ(034) 古代から現代までの「幽霊」表象を追う 様々な学術的見地から多角的に「幽霊」を捉える おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 新元号が、「令和」に決まりました。はじめ、「れいわ」と聞い …

レキシントンの幽霊

暗い印象を残す7つの短編集 著者独特の文章を味わうタイプ 落ちが不可思議だ オススメ度:★★★☆☆ 村上春樹が1990〜1996に断続的に書いた短編が改稿された上で一つにまとめられたもの。1996年1 …

パルプ(チャールズ・ブコウスキー、柴田元幸[訳]/ちくま文庫)~読書メモ(35)

読書メモ(035) いい加減な探偵が奇妙な依頼を受けまくる 猥雑だがどこか爽快で、読みやすい、しかし気も滅入る おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじとか感想とか】 ブコウスキーは、今年が生誕100年かと …

アーカイブ