★★★★☆

淫売婦・死屍(しかばね)を食う男(葉山嘉樹/ゴマブックス) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:


  • 幻想とホラーの混じった短編。
  • 少し作り物めいているが、妙に後に残る。
  • 夏の夜のお供にどうぞ。
  • おススメ度:★★★★☆

『淫売婦』は、ある男の体験談。事実なのか幻想なのか分からないという、なんだか覚束ない口上からはじまります。男は半年の航路から帰ってきたところです。「横浜」であやしい三人組に、五十銭の「見料」で何かを見せようと声をかけられ、半ば強制的に引っ張られます(もしかしたら男の方に何か期待があったのでは、とも言えます)。連れて行かれた先は、あやしい一画にある部屋です。自分の身体が「六神丸」という漢方薬の材料にされるのではないか、という妄想にとれわれ、男は恐れを抱きます。そこで彼が見たものとは……。

その場所には悪夢のような光景が広がっていた、というのが読み始めの印象です。ひどい悪臭を放つ若い女性が寝転がっている様は、搾取されつくしたものの末路を比喩的に表したものという印象です。「あらゆる人生の惨苦と戦って来た一人の女性が、労働力の最後の残渣まで売り尽くして、愈々(いよいよ)最後に売るべからざる貞操まで売って食いつないで来たのだろう。」という説明くさい男の感想がそれをあらわしています。

男がひどい状態の女性に性的興奮を覚えることは間違っているのでは、と耐えているシーンが少し滑稽です。ここで欲情することは、金銭で身体を買うということになる、つまり資本主義のくびきにからめとられ、それに屈することになってしまうとでも思っているのでしょうか。

最初はおそろしい話のようですが、ラストは出来すぎの感動ものになってしまった感じです。

『死屍(しかばね)を食う男』は、「見たため、聞いたために命を落とす人が多くある。」話を書くという出だしで始まり、なんだか物騒な感じです。怪談か何かがはじまりそうな雰囲気です。話の内容は単純です。中学生の「安岡」が、寄宿舎で同室になった「深谷」の奇怪な行動を追跡して、「安岡」がその先に見たものとは……。この話は完全にホラーで、夏の夜に一人きりの部屋で読むと怖さが増すでしょう。ただ残念なことに、この話も少し出来すぎのような感があります。

(成城比丘太郎)

(編者追記)一応有料の本にリンクは貼っていますが、青空文庫で読めますので、そちらで試してみても全然大丈夫です。なんというか、趣味性の高いサイトなのです。



(三省堂)

-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

引き潮(R・L・スティーヴンスン&ロイド・オズボーン[著]、駒月雅子[訳]/国書刊行会)~あらすじと感想

タヒチにくすぶる三人組。 海に出た三人組のとある計画。 ある島で彼らが出会う強大な人物。 おススメ度:★★★★☆ 著者のスティーヴンスンは、先日紹介した『ジーキル博士とハイド氏』の作者で、ロイド・オズ …

神聖喜劇 第一巻(大西巨人/光文社文庫)

1942年対馬要塞に配属された一兵卒の戦い とにかく学問でもって他を圧倒するという主人公東堂 古今東西の哲学者・文学者の著作の的確で膨大な引用 おススメ度:★★★★☆(あるいは保留) 本ブログの共同執 …

千霊一霊物語(アレクサンドル・デュマ、前山悠〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

「語り手」デュマによる「枠物語」 殺人事件から始まる怪奇譚の披露 まさに19世紀オカルティズムの潮流 おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 時は19世紀フランス。語り手のデュマは20代の劇作家。彼はあ …

二十六人の男と一人の女(マクシム・ゴーリキー(著), 中村 唯史(翻訳)/光文社古典新訳文庫)

貧者にまつわる4つの短編ロシア的憂鬱を目いっぱい味わえる人生に絶望したことがあるなら、深く刺さるものがあるおすすめ度:★★★★☆ ロシアの文豪ゴーリキー……という知識しかない状態で、本著を読んでみた。 …

洞爺丸はなぜ沈んだか(上前淳一郎/文春文庫) ~あらましと感想、阪神淡路大震災の記憶

日本史上最大の海難事故の記録 冷静で客体化された文章 極限状態での人間の本性を垣間見る おススメ度:★★★★☆ (あらまし)洞爺丸の事故(wiki)と言えば、昭和29年(1954年)に起こった死者・行 …

アーカイブ