3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

コラム 特になし

私をトリコにした怪奇幻想小説10選(国内編)〜「成城のコラム(70)」

投稿日:

  • 「コラム070」
  • 怪奇幻想ものから文学まで。
  • ミステリ要素もあり。
  • オススメ度:特になし

【はじめに(近況)】

今日は少し暑くて、そういう時は買ってきたキュウリのぬか漬けをよく食べます。ぬか漬けの虜です。あとは、すももの虜。そして、知り合いからもらったゴーヤと庭でできたトマトの虜です。トマトは切ってスープか味噌汁に入れてます。

さて、Twitterで、「私を虜にした怪奇幻想小説10選」のタグがあります。私も色々考えましたので、書きたいと思います。まずは、国内編です。ミステリ要素が強めな作品もあります。海外編も考えてますので、近日中には書きたいと思います。

【私を虜にした怪奇幻想小説〜国内編】

安部公房『砂の女』
古井由吉『眉雨』
埴谷雄高『死靈』
吉田知子『お供え』
竹本健治『匣の中の失楽』
奥泉光『ノヴァーリスの引用』
山尾悠子『ラピスラズリ』
多和田葉子『飛魂』
栗本薫『グイン・サーガ』
上田秋成『雨月物語』

(補欠)村上春樹『羊をめぐる冒険』

他にも、江戸川乱歩とか、夢野久作とか、小栗虫太郎とか、谷崎潤一郎とか、稲垣足穂とか、小泉八雲とか中井英夫などもいれたかった。京極夏彦はどうしようかなと思ったけど最近読んでませんので選外です。

【簡単な解説】

基本的に、暗めの小説ばかりです。

来年は確か安部公房の没後30年です。ということは、もうすぐ生誕100年にもなるのです。今でも公房作品が読まれているようなので嬉しい限りです。私もこれからもずっと公房作品とは長い付き合いになりそうです。

ほんで、古井由吉作品も長く読み続けるでしょう。世間一般でも、なるべく長く読み継がれてほしい。

グイン・サーガの、その初期のころの文体に、私は影響を受けました。

【余談】

さて、グイン・サーガのアニメ続編はあるのだろうか?(たぶんない)
この中でアニメ化するなら、やはり雨月物語でしょうか。(日本昔ばなしみたいなかんじ?)

(成城比丘太郎)


-コラム, 特になし
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「死」とは何か(シェリー・ケーガン、柴田裕之[訳]/文響社)

「死の本質」について哲学的に考える 「死」を考えることで「生」が浮かびあがる 「自殺」の合理性と道徳性について おススメ度:特になし 【はじめに注意喚起】 まず注意として述べておきますと、この日本語版 …

猫アニメはじめました(成城のコラムー43)

「コラム043」 ◯◯の秋 猫とウマ オススメ度:特になし 【登場人物】 A:ちょっとご機嫌。 B:NHKアニメよく見ます。 私:少し虚構混じりの私。 【◯◯の秋】 A:こんばんは。今回はアニメに限ら …

通勤電車の光景 ~大和路快速~大阪メトロ(2020年4月)

リアルな恐怖体験 目に見えないということ 侵食される日常 おススメ度:特になし 私は平日の朝は、6:30きっかりに私は家を出て、最寄りのバス停に向かう。その間、約7分。もう600回近く繰り返したので正 …

夏休みにおすすめする短編〔文学〕(成城比丘太郎のコラム-04)

夏休みによんでみてほしい短編 もちろん夏休みでなくてもよい 小学生から大人まで楽しめる怖くて暗くてイヤな短編 おススメ度:★★★★☆ ラジオの「夏休み子ども科学相談」というオモシロイ番組がある。科学に …

作品と暴力 ~きうらの商売抜きコラム

映画にTV、たわわの漫画など 程度と覚悟の問題である 善人の狂人だけで作品世界は構成されていない おススメ度:特になし 作品名は挙げませんが、最近この手の話題をちょくちょく見かけます。私の中での基準は …

アーカイブ