3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★★ コラム

私をトリコにした怪奇幻想小説10選(海外編)〜「成城のコラム(071)」

投稿日:

 

  • 「コラム071」
  • 夢中で読んだ小説です。
  • 基本的に昔のホラーが多め。
  • オススメ度:★★★★★

【はじめに〜怖くない近況など】

今年の夏も日傘を持ち歩いてます。そんななか、先日日傘と普通の雨傘とを間違えて持っていってしまい、雨傘を日傘代わりにしました。もちろん普通の傘でも直射日光はさえぎれますが、しかし紫外線とか熱気(?)とかは完全に遮断できないようでした。やはり日傘じゃないと満足できないようです。すでに日傘の虜でしたとさ。

虜というと、やはり梅関連の飲み物にお世話になっております。まあ、梅(やレモンや塩)が入った飲料です。チャーハンや冷麺にも梅の果肉を入れてます。梅は万能?

てなわけで近況でした。今回は、私を虜にした怪奇幻想小説の海外編です。ここ数年のうちに読んだ本もありますが、基本的に古めの作品ばかりです。

【私を虜にした怪奇幻想小説10選〜海外編】

ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』

ダンセイニ『ペガーナの神々』

メアリー・シェリー『フランケンシュタイン』

エドガー・アラン・ポー『陥穽と振子』

ラヴクラフト『インスマスの影』

ホジスン『異次元を覗く家』

シャーリィ・ジャクスン『丘の屋敷』

カルヴィーノ『木のぼり男爵』

ソローキン『ロマン』

『聊斎志異』

(補欠)
スティーヴン・キング『ペット・セマタリー』は入れたかったです。

【簡単な解説】

『吸血鬼ドラキュラ』は、必読書のひとつでしょう。マンガやアニメやゲームでもおなじみの吸血鬼。最近読んだ『吸血鬼ラスヴァン』(東京創元社)という本では、その『吸血鬼ドラキュラ』以前の吸血鬼小説(プレ吸血鬼ドラキュラ)が楽しめますので興味がお有りの方はこちらも是非。

ダンセイニとフランケンシュタインとポーは、ホラーやファンタジー大好きな人は読んでみて下さいー。

『インスマスの影』は、ラヴクラフト作品の中では、おそらくもっとも読みました(異なる翻訳で)。初読時のワクワクドキドキは今でも忘れられません。昔、日本を舞台にしたインスマスのドラマを日本で放送してました。チープな感じでしたが、なぜか印象に残ってますー。

ホジスンやシャーリィ・ジャクスンやカルヴィーノの本も色々とこのブログで取り上げてますので、よろしければ読んでみて下さいー。

『ペット・セマタリー』はホラー映画もありますが、小説のほうが怖いです。ペット(猫)を飼ってる方はちょっと泣くかもー。

【余談】

最近のアニメで『吸血鬼すぐ死ぬ』というギャグ作品(?)がありました。現在だと、『よふかしのうた』という吸血鬼アニメが放送してます。私は朝起きして録画したやつを観てます。夜の雰囲気がイイ感じで出てますー。

『ゆゆ式』にも吸血鬼ネタがあります。吸血鬼ネタは色んな作品に侵食してます。というか、ゆゆ式の懐(?)が大きすぎる。そんなゆゆ式の二期を諦めない(待ってます)。

(成城比丘太郎)


-★★★★★, コラム
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏のクラクションをならしたい(成城のコラム-20)

コラム20 8月のこと 日傘のこと オススメ度:特になし 最近、パソコンの調子が悪いので、これからの記事はスマホで打ちますので、なんか変なとこがあるやもしれませんが、悪しからずご了承ください。 さて、 …

白い雲と白い表紙と白いソダシ(成城のコラムー「74」)

「コラム074」 「白」に関する話題。 札幌記念のこと。 オススメ度:特になし 【近況〜最近食べたものとか】 お盆の近況です。お盆の時期になると思い浮かべるのは白い雲がはるかに見渡せた田舎の光景です。 …

生誕の災厄(E.M.シオラン/紀伊國屋書店)

シオランの精髄。 トゲのある、おそろしい箴言(しんげん)集。 万人にお薦めしたいが、万人向けではありません(矛盾)。 おススメ度:★★★★★ ルーマニア出身の作家/思想家シオランのアフォリズム集。アフ …

伊達政宗 (1) 朝明けの巻 (山岡荘八/講談社)

高名な伊達政宗の誕生から最初の挫折まで 読みやすく、かつ、中身が深い 読み物として単純に面白い おススメ度:★★★★★ まず、言い訳がある。言い訳なので、回りくどいのが嫌な方はこの段落は飛ばして欲しい …

読書感想文の書き方(ではありません)~【成城のコラム40】

「コラム40」 読書感想文の書き方ではないです ホラー味すこし オススメ度:特になし 【はじめに】 今回は、読書感想文の書き方についてではありません。「私」と高校生とがなんやかんやと話し合うという設定 …

アーカイブ