3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

結ぶ(皆川博子/創元推理文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年5月28日 更新日:

  • 18の短編からなる幻想小説集。
  • 特に怖いところなし。
  • 幻想小説初心者向け。
  • おススメ度:★★☆☆☆

まず表題作の「結ぶ」だが、これはなんか思考実験のような短編。身体が縫われることから着想し、球体へと至るまでにどのようなイメージが湧いてくるか、その過程を小説にしたような、なんか(素人にもできる)マジックの裏側を見せられたようなかんじがした(悪い意味ではない)。球体に縫われていくところと、身体を刃物で薄く切り開き無限に身体が拡がっていく想像との対比は、少し面白かった。できればもうちょっと分量があればよかったが。

「湖底」は、ある画集に魅せられた「わたし」が、それに触発されて過去の光景を幻視する。見たことのないはずのfaxの文面が混信して、現実へ侵食した幻像に沈み込む。過去の「わたし」と今の「わたし」との混在。ホテルで出会えなかった男性との再会と自らの過去像は、湖の底に映った鏡像のごとく揺らめいて見えて、かなしい。どこか切ない一品。

その他は特にこれといって書くこともない短編が続くだけ。その中で、「空の果て」と「心臓売り」はまあまあ良かった。全体に怖いところはあまりなく、ホラーとしてはおススメするほどのものはなかった。個人的に胸に残るものもこれといってなかったが、ただ、読んでいる時、たまに小中学生時におぼえた感情(←名前が付けられない)がよみがえってきたのが、唯一良かった点。

本書は、今まで幻想小説の類を読んだことがない人や、小学生高学年になって児童書などに飽きた人向けの読み物としては、いいのではないかと思う。

(成城比丘太郎)

(編者注)二日続けて、本をススメない書評サイトというのは、アフェリエイトサイトとしての自覚を失っている気がする。まあいいか。面白くないものは面白くない。上の書評にある「たまに小中学生時におぼえた感情」を私なりに表現すると、「大人の感覚が理解できた気がする優越感」ではないだろうか。次は面白い本を紹介しようぞ!(きうら)


結ぶ [ 皆川博子 ]

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

墓地を見おろす家 (小池真理子/角川文庫) ~あらすじ、感想、軽いネタバレ

訳ありマンションに引っ越してきた一家に襲い掛かる怪異 直球型心霊系ホラー小説。怪しい雰囲気は楽しめる。 余り整合性を重視していないので、オチ重視の方は注意。 おススメ度:★★☆☆☆ 都心に位置する新築 …

魔窟 〜ネタバレあり【閲覧注意/ポルノ小説】

陰惨な暴力が支配する官能小説 暴力:エロ=30:70 多少変態要素もある オススメ度:★★☆☆☆ この間、心の闇系を連続して読んでいた。欲望と殺人がいかに人を狂わせるかというテーマが多かった。今回はほ …

LINEスタンプを作った話「俳句と猫とブリッジと」

5年越し! LINEスタンプが審査に通ったよ! ニッチすぎるコンテンツ。 ま、売れないでしょう笑。 おススメ度:★★☆☆☆ 5年ほど前は、LINEスタンプ長者という言葉が流行った。つまり素人のスタンプ …

新耳袋殴り込み 第一夜 (ギンティ小林/角川ホラー文庫)

新耳袋のエピソードの舞台を取材 怪談の検証風怪談 イマイチ乗り切れない軽さ おススメ度:★★☆☆☆ 著者が聞いたら絶対に怒り狂うと思うが、本の感想を書くサイトだから仕方ない。はっきり書いてしまおう。文 …

ファントム・ピークス(北林一光/角川文庫)~ネタバレなしのモヤモヤする感想

山で起こる謎の失踪事件を追う 可もなく不可もない文章 オチにはちょっとがっかり おススメ度:★★☆☆☆ 困った。ジャンル分けや詳しい感想を書くと、ネタバレに直結するという本なので、非常に扱いづらい。し …

アーカイブ