★★★☆☆

絲的サバイバル(絲山秋子/講談社文庫)

投稿日:

  • 本当に、簡単に読めるエッセイ。
  • 一人キャンプの、絲山的堪能法。
  • これを読んだ後には、酒と、旨いメシが食いたくなる。
  • おススメ度:★★★☆☆

芥川賞作家絲山秋子、このエッセイ連載当時、40歳になったところ。雑誌の連載名目のため、サバイバルの旅に出た。こう書くと、何か、格好いい感じがするが、実質は(主に)一人でキャンプ場へ行き、その様子を報告したもの。行く場所は、関東近郊の山奥にあるキャンプ場から、出版社の社屋内から、時には海外へと及ぶ。果して彼女を待っているものは何か。何かあるのか。

サバイバルというと、あるいは自然に立ち向かい、あるいは自然の恵みを受け、極力自分の力で、生き延びることに、主眼が置かれるものだろうが、そのような要素は、この本には基本的にはない(キノコ採集したり、日帰りキャンプでワカサギ釣りしたりとかはしますけどね)。ましてや、山奥で熊とたたかうなんてこともなく、無人島でロビンソン的生活をおくるなんてこともなく、ただ単に、車でキャンプ場に向かい、火をおこし、旨いメシをかっ食らい、酒を飲み、最終的には「眠剤」を呑んで、テントの中でぐーすか寝るだけ。

まだ「嫁入り前」のアラフォー女性が、一人で、時には他に誰もいないキャンプ場において、一夜を過ごすので、何らかの危険を感じているんじゃないかと思いきや、本人はそれほど気にしている様子はない。熊出没地帯もあるので、それは気をつけているようなのだが、山賊的な輩に襲われることを、警戒している節はなさそう。

何にも怖いものは(熊以外)なさそうなのだが、一度だけ、本当に恐ろしい目にあう。「躁鬱病を発症してはや九年」で、幻聴は怖くないという絲山であるが、とある河原でキャンプしていた夜、様々な幻聴と、何かしらの気配を「びんびん感じ」車へと逃げ出すのだ。その場所は、とある航空機事故の現場に近く、そういう予備知識があったからなのか知らないが、そりゃあんた、そんなとこで夜に一人で滞在していたら、何か起きるやろう、と私は思った。この箇所だけちょっとした怪談になっていて、怖い話大会にでも出たら、充分通用するものになっている。

本書は、キャンプ時の、ちょっとした心構えや、役に立つ情報が得られるとともに、食事前に読むと、いい具合に、食欲が出てくるかもしれません。また、役所などの公共施設で、長時間の待機が予想される時、(いらいらした状態で)暇を潰さなければならない場合などに、携行するには最適な一冊といえるでしょう。

(成城比丘太郎)

(編者注)内容的には、椎名誠の「怪しい探検隊」シリーズの女性・一人版といったところか。ちなみに怪しい探検隊を読むなら、一冊目の「わしらは怪しい探険隊 (Ama)」に限る。それ以降は実はそれほど名著ではないが、最初の一冊は間違いなく、エッセイ至上最高の作品であり、昭和軽薄体の完成形でもある。


【楽天・電子書籍】

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

とんでもない死に方の科学(コーディー・キャシディー、ポール・ドハティー/梶山あゆみ〔訳〕/河出書房新社)

45通りの死に方を科学する ありうるものから想像を絶するものまで ユーモア(ブラック)を含みつつ、まじめに考察する おススメ度:★★★☆☆ 本書は、「スティーヴン・キングとスティーヴン・ホーキングを足 …

ビッグドライバー(スティーヴン・キング(著)/ 高橋恭美子、風間賢二 (訳))

レイプされた女性の復習劇 と、夫の連続猟奇殺人に気付いた妻の苦悩 キング節たっぷり、いい意味で不愉快 オススメ度:★★★☆☆ 稀代のモダンホラー作家・スティーヴン・キングの作品を一つも読まれていないな …

オブ・ザ・ベースボール(円城塔/文春文庫)

一年に一回人が落ちてくる。それをバットで打ち返す人の話 不条理小説とも単純な人生の比喩とも取れる シャープな文章。怖くはないが少しだけグロイ所も おススメ度:★★★☆☆ 文學界新人賞受賞作、ということ …

エッジ(上)(鈴木光司/角川ホラー文庫)

人が消える怪現象を追う女性ライター 微妙な既視感・疑問・それでも読んでしまった 下巻には嫌な予感しかしない おススメ度:★★★☆☆ 【鈴木光司は終わったのか】 前回「バースディ」を紹介したとき、もう鈴 …

道元「典座教訓」(藤井宗哲〔訳・解説〕/ビギナーズ日本の思想)

禅寺の食事係の僧である典座(てんぞ)について 食事による身体と心の涵養 精進料理と言ってもヴァラエティは豊富 おススメ度:★★★☆☆ 生きることにおいて最も必要なのが食事をとることなのは言うまでもない …

アーカイブ