★★★☆☆

翳りゆく夏(赤井三尋/講談社) ~概要と感想、おススメ点など

投稿日:2017年5月10日 更新日:

  • 20年前の誘拐事件の謎を追う
  • 錯綜する人間関係をスピーディに
  • 意外性と引き替えに、ラストにも疑問も
  • おススメ度:★★★✩✩

(あらすじ)「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」という「事件」をきっかけに、20年前の誘拐事件が再び動き出す。社命を受けたのは、今や閑職に追いやられた元敏腕記者・梶。犯人はなぜ、両親ではなく、病院をターゲットにしたのか。誘拐犯を父に持つ朝倉比呂子の運命は?

という非常に手堅いストーリーラインと、その期待を裏切らない地に足のついた展開をするドラマ。独特のリズムがあるが、重すぎず軽すぎない文体で、徐々に真実に近づいていく。他のミステリと比べて特段派手というわけではないが、読み進むには十分に興味深い事実が少しずつ明かされる。

登場人物全体にリアリティがあるのもプラス点。特に千代という武藤家のお手伝いさんがいい味を出している。彼女と比呂子が出会うシーンはある意味この小説を象徴している光景だといってもいいだろう。

ここまで上げ調子で書いてきたが、この小説の難しいところは、やはりその「堅実さ」と「リアリティ」にある。両方とももちろん、誉め言葉なのだが、すでに無数の先達の作品があふれかえる現代、その二つが「没個性」を呼び、他の作品に埋没させる要因となっている。

しかし、派手でトリッキーな作品があふれる現在、却って「安心して楽しめる」特異な存在と言えるかもしれないだろう。この辺、評価が難しいのだが、俗な言い方が、いわゆる良くできた「二時間ドラマ」を期待されるのであれば、十分に期待に応える一冊だろう。

(きうら)

翳りゆく夏【電子書籍】[ 赤井三尋 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

プラダを着た悪魔(デイビッド・フランケル監督)

ファッション雑誌の華やかな舞台裏を描く2003年の映画 基本は健気な主人公のサクセス・ストーリー メリル・ストリープは確かにいい演技 おススメ度:★★★☆☆ 雑誌というメディアが極端に市場縮小した20 …

拝み屋怪談 鬼神の岩戸 (郷内心瞳/角川ホラー文庫) ~軽いネタバレ

安定のシリーズもの怪談集 単発怪談+連作怪談 思わせぶりな分、少し肩透かし感 おススメ度:★★★☆☆ この著者の作品は過去にも紹介(拝み屋郷内 花嫁の家拝み屋)している。現役の拝み屋が自分自身の体験か …

冥談(京極夏彦/角川文庫)

死の香り漂う8つの短篇 靄がかかったような景色が広がる 正統派の怪談という気もする オススメ度:★★★☆☆ 冥という漢字を調べてみると「暗い」という意味以外に、奥深い、あの世という意味もあるようだ。当 …

KAPPA (柴田哲孝/徳間文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

沼で人が喰い殺された謎を追うルポライター ホラーでもなく、ミステリでもない、サスペンス系 割と明るい雰囲気の気楽な娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ かなり前に「TENGU」という小説を取り上げたが、そ …

「待つ」ということ(鷲田清一/角川選書)

「待つ」ことの臨床哲学的考察 「待つ」ということは、なにもしないことなのか 本書の紹介ではなく、個人的な考えを断章的に書きます おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 「待つ」ということはいったいどうい …

アーカイブ