3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆ コラム

読書の秋2023【光文社古典新訳文庫】〜「成城のコラム(115)」

投稿日:

  • 「コラム115」
  • 読書の秋〜光文社古典新訳文庫編。
  • ドラキュラの新訳でました。
  • オススメ度:★★★★☆

【近況〜栗拾い】

最近、栗の採取のために崖を登り降りすることがあるためか、普段使わない足腰の筋肉が少し凝るので、そこにロイヒつぼ膏とかを貼ってます。コリに効きそうです。コリほぐしのあとは、栗ご飯をほぐす。今年の栗はうまいです。栗ごはんに舌がよろこびます。というか、栗ごはん以外の栗の料理を知らない。

まあ、旬のものに感謝。

【どくしょのあき〜光文社古典新訳文庫より】

読書の秋ということで、今回は、「どくしょのあき」を光文社古典新訳文庫で行いたいと思います。

「ど」ドラキュラ/ブラム・ストーカー(唐戸信嘉・訳)

「く」クリスマス・キャロル/ディケンズ

「し」詩学/アリストテレス

「よ」幼年期の終わり/クラーク

「の」(該当書なし)

「あ」赤と黒/スタンダール

「き」菊と刀/ルース・ベネディクト

まずはじめに。光文社古典新訳文庫には、「の」からはじまるタイトルのものはないようです。個人的に調べた限りでは、見つけられませんでした。なので、読書の秋ではなくて、読書秋となります。どくしょあき。

さて、今月の新刊にて、『ドラキュラ』の新訳がでました。私はまだ読んでません。最初に読んだドラキュラ(平井呈一訳)の印象が強いので、この新訳の出来がどんなものか、多少不安です。まあ、そのうち読んで感想をどこかで言います。

『クリスマス・キャロル』はまあまあです。クリスマスにかけてのこの時期に読んでみてもよいかも。ページ数は少ないので。

アリストテレスの『詩学』は、創作をしている人には読んでもらいたいと思う秋の日。この光文社古典新訳文庫の解説はよいです。

『幼年期の終わり』は必読です。光文社古典新訳文庫版はよかったです。

『赤と黒』は面白かったですけど、この版を読む必要はないかも。

『菊と刀』はどの版でも読んだことはありません。一応、いつでも読めるように本棚には置いてます。でも、あまり食指が伸びないんだよなぁ。

余談。光文社古典新訳文庫に必要なタイトルは、「の」からはじまるものでしょう。ところが、「の」からはじまる古典(?)はそれほど多くありません。まあ、もし新訳を出すなら、『ノートルダム・ド・パリ』あたりかなと思います。

『野菊の墓』も「の」から始まる書名ですが、新訳する必要はないですなぁ。

【菊の季節に〇〇が満開】

先週の秋華賞は、リバティアイランドの完勝、というか楽勝でした。2着馬はよい追い込みをみせました。この2頭だけが強かった印象です。

そして、今週は菊花賞です。今回はクラシックの勝ち馬が出てくる予定です。ソールオリエンスは、前走で本番に向けての競馬ができたと思います。タスティエーラは菊花賞直行がどうでるか。タスティエーラはここを使って次(香港あたり)を狙ってるのかも。

菊花賞を本当の本当に本気で狙ってきてる有力馬は、サトノグランツとかハーツコンチェルトあたり。ファントムシーフもかな。サトノグランツは以前からの本命候補ではありますので、今のところ本命候補です。枠順によっては変わるかもですけど。菊花賞も秋華賞同様、京都の芝は内枠がまだよさそうか。

ひと昔前なら、長距離を使ってきた馬が菊花賞で好走するケースもあったんでさ。メジロマックイーンとか。そんなメジロマックイーンを母父にもつナイトインロンドン(父グレーターロンドン)が、何気に注目です。何が逃げるかにも注目ですね。

さて、菊花賞にも、アニメ・ウマ娘関連の産駒が出てくる予定です。種牡馬でいうと、キタサンブラック、サトノクラウン、ドゥラメンテ、サトノダイヤモンド。この中で、ドゥラメンテ産駒は菊花賞向きではないという印象です。とはいえ、ドゥレッツァは面白そうな馬だし、シーズンリッチは馬名の意味的に旬だし。シーズンリッチとは、うまそうな馬名です。

さて、ここまで書いてきて、ほとんどが関東馬だと気付きました。関東馬vs関西馬という構図にも注目です。登録馬十七頭のうち、九頭が関東馬です。こんな菊花賞は過去にあったのかなぁー。

さらなる余談。

関東と関西というと、おでんの違いがあります。そろそろおでんの季節です。昨日食べました。大根こんにゃくすじ肉ジャガイモサトイモさつま揚げ玉子。銀杏も入れるときがあります。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆, コラム
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

二十六人の男と一人の女(マクシム・ゴーリキー(著), 中村 唯史(翻訳)/光文社古典新訳文庫)

貧者にまつわる4つの短編ロシア的憂鬱を目いっぱい味わえる人生に絶望したことがあるなら、深く刺さるものがあるおすすめ度:★★★★☆ ロシアの文豪ゴーリキー……という知識しかない状態で、本著を読んでみた。 …

ヒストリエ(1)(岩明均/アフタヌーンコミックス)

アレキサンダー大王の書記官エウメネスの人生を壮大に描く 「寄生獣」ばりの強烈なシーンも散見できる一巻 壮大な物語の興味深いプロローグ おススメ度:★★★★☆ 前回、カズオ・イシグロ氏の「忘れられた巨人 …

ホラーについての質問(成城のコラムー35)

「コラム035」 ホラーについて答えます ウイスキーも競馬も好きですが、ウオッカは飲みません。 オススメ度:特になし 【はじめに】 今回はホラーについての自問自答です。この形式はとても書きやすいので、 …

雑談【2】(成城比丘太郎のコラム-12)

コラム(012) 競馬について(主にJRA) 種牡馬のこととか、クラシック戦線についてなど おススメ度:特になし 【はじめに】 このコラムが投稿される日は、おそらく5/1です。その日は「新天皇即位の日 …

妖怪ハンター 1 地の巻(諸星大二郎/ヤングジャンプコミックス) ~あらましと感想

独自の世界観と画風のホラー漫画 民俗学的知識が下敷きになっている ホラーにとどまらない深みのあるストーリー おススメ度:★★★★☆ かの「漫画の神様」手塚治虫が「僕は誰の絵もまねて書くことができるが、 …

アーカイブ