★★★☆☆

隣の不安、目前の恐怖(アンソロジー/双葉文庫)

投稿日:2018年1月19日 更新日:

  • 「日本推理作家協会賞受賞作家短編集」
  • 隣人や家族における、不安や恐怖または異変
  • まあまあのおもしろさ
  • おススメ度:★★★☆☆

アンソロジー(異なる作家の作品をテーマ別などでまとめたもの)を読むおもしろさの一つに、今まで読んだことのない作家の作品を手軽に読めるということでしょう。私はこの文庫では、三人(有馬・石沢・鈴木)の作品を読んだことがなかったですが、そのなかでは有馬頼義の一品がよかったです。すごく面白いわけではないですが、手軽に読めると思います。

有馬頼義『空家の少年』…少年の勝海が、隣家の人妻に恋情(初恋)のような想いを抱き、彼女のことを自宅から眺めたり、実際に彼女と話をしたりします。そのうちに、彼のある行動がきっかけになり、ひとつの事件が明るみに出ることになるのですが。初恋としては奇妙なものであり、その終わりは切ないものに。とくに、ラストの光景は思春期の残骸を象徴しているよう。

石沢英太郎『その犬の名はリリー』…由利子は、隣の家で飼われている「リリー」という犬が、飼い主の未亡人に虐待を受けているのではと疑います。話の内容としては、過去のちょっとした近隣トラブルのことから、女性同士のおそろしいプライドゆえの事件におよび、できすぎた推理のプロセスを経て、最終的にはそれらをひっくり返す真相にいたります。

江戸川乱歩『陰獣』…言わずと知れた乱歩の傑作中篇小説。陰獣というと今では「ハンター×ハンター」が出てくる向きもあるでしょうが、これが本家(?)。『孤島の鬼』でも「陰獣」というワードが出てきましたがお気に入りなのでしょうか。あらすじを書くと長くなるし、何も聞かずに読んでもらいたい作品です。それでもちょっと読みどころを。本編語り手(書き手)の「私=寒川」によると、探偵小説家には、二つのタイプがあるようです。「犯人の残虐な心理」を描きたいタイプの作家(=大江春泥)と、探偵の推理の径路を描く理智的な作家(=私)と。私こと寒川は、知り合った女性(=静子)から、その大江春泥(本名は平田一郎)から脅迫されている(彼女への復讐)という相談を受けます。話としては、寒川が大江春泥の行方を追うとともに、ある殺人事件の推理へとおよぶのですが、ここでその推理等に用いられるのが、大江春泥が実際に発表した作品の数々。その作品名とは、『屋根裏の遊戯』からはじまり『一枚の切手』に『B坂の殺人』といった作品群。これは言うまでもなく乱歩自身の自己言及です。いや、乱歩作品を模倣(?)した春泥を本作で葬ることは、過去への反省的な面もあるのでしょうか。まあそれはいいとして、はたして寒川の推理は正しいのか、本当の犯人はいったい誰なのか(それともいるのか)、最後にはそれらが宙吊りになったかんじです。クライマックスで、理智的なはずの寒川は、推理物の謎解きに情念的なものをもちこんで非理性的にうつってしまいます。寒川の推理は推理とは言えず、自己完結した末に自家中毒を起こしたようになり、やがて彼は非-決定の闇に沈むことになります。

折原一『耳すます部屋』…団地でのご近所トラブルの行末を描いた作品。私は団地で生活していただけに、この話にひそむ怖さはなんとなくわかります(実際に体験したわけではないですが)。ある日家に訪れるようになった子どもの傍若無人な振る舞いと、その子への疑惑を、過去の回想として断片的におりまぜながら話は進みます。主婦同士の会話と、主人公の久恵の言動が、最後になって転倒する仕掛けになっているのが話としてうまいです。

鈴木輝一郎『あなたのためを思って』は、「あなたを思って」いろいろタイミングよく現れる老婆と、パッとしない日々を送る小海老との話。都会で起こりそうなある意味不気味な一コマ。宮部みゆき『さよなら、キリハラさん』は、ある家族に起こった異変にまつわる話。はじめはSF的な話かと思いきや、最後はちょっとほのぼのしたユーモアになります。

(成城比丘太郎)



隣りの不安、目前の恐怖 (双葉文庫 日本推理作家協会賞受賞作家傑作短編集 3)

-★★★☆☆
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

雨月物語(上田秋成、佐藤至子〔編〕/ビギナーズ・クラシックス日本の古典)

『雨月物語』の簡単な成立状況などが分かる 古典への取りかかりにイイ本 和歌や漢詩が効果的に使われているのがよく分かる おススメ度:★★★☆☆ 『雨月物語』は、以前の記事(2017年9月19日)に円城塔 …

東京伝説―うごめく街の怖い話 (平山 夢明/竹書房文庫)※ネタバレあり

幽霊系を排除した実話(的)オンリーの短編怪談集 まあ、面白くは読める 事実っぽいものがあったり、創作っぽいものがあったり おすすめ度:★★★☆☆ 同じ怪談集のシリーズを2週連続読むのは初めてかも知れな …

荒神(宮部みゆき/朝日新聞社) ~あらすじとおススメ度 ※大きなネタバレなし

元禄時代に現れた怪獣と人々の戦いが真面目に描かれる 登場人物は多いが、丁寧な描写。残酷表現もあり 感想は「ギャーかいじゅうぅ!」に尽きる おススメ度:★★★☆☆ 本の帯に書かれていた文句は「東北小藩の …

絲的サバイバル(絲山秋子/講談社文庫)

本当に、簡単に読めるエッセイ。 一人キャンプの、絲山的堪能法。 これを読んだ後には、酒と、旨いメシが食いたくなる。 おススメ度:★★★☆☆ 芥川賞作家絲山秋子、このエッセイ連載当時、40歳になったとこ …

朝の少女 (マイケル ドリス(著)/灰谷健次郎(訳)/新潮文庫) ~ややネタバレ気味感想

灰谷健次郎っぽい児童文学と思わせて…… とんでもないオチを仕込んでいる食わせ物 基本的には美しい人間賛歌、基本的には。 おススメ度:★★★☆☆ 最初に書いておきたいが、この本の真の読書体験をされたい方 …

アーカイブ