★★☆☆☆

首都消失 (小松左京/ハルキ文庫)  ~概要と感想、かなりのネタバレ

投稿日:2017年5月22日 更新日:

  • タイトルが全てのがっかりSF小説
  • 首都は消失する、するが……
  • 読みたいテーマと微妙に違う
  • おススメ度:★★✩✩✩

(あらまし)首都圏に突如発生する正体不明の異変。都心を半径30㎞、高さ1000mにもなる巨大な雲が覆ってしまった。都心とは完全に通信や交通が遮断されてしまう。閉じ込められた人々の運命はどうなるのか。この異常事態に政府はどのような対応をするのか。第6回(1985年) 日本SF大賞受賞のディザスター小説。

はっきり言ってこの本を読むことはおススメしない。迂遠な表現をすると、痒い所に全く手が届かないまま小説が終わるからだ。分かりにくいのでネタバレ覚悟ではっきり書く。これから読もうと思う人は間にCMを挟むので、そのまま読み飛ばしてほしい。この小説の欠点は……


雲の正体が最後まで分からないことだ!

何なんだこのラストは。人がせっかく期待して長編小説に付き合ったのに「雲の中は謎に包まれているのであった」みたいな終わり方をするのは、ずるい。同じような設定のスティーブン・キングの「ミスト(闇の展覧会 霧 (Ama))」はちゃんと霧の説明と、霧が晴れた後の説明を明確に示している(それがいいかどうかはまた別の話)。こんなモヤモヤしたラストは、そうないと言っても過言ではない。

多方面で評価の高い小松左京氏だが、この作品を見る限り、はっきり言って私は全く評価していない。思わせぶりな描写ばかり重ねて、話の中心から逃げているように思える。もちろん、描きたかったのは謎の雲の正体ではなく、それに右往左往する社会と人間の群像だったのだろう。それはわかる。でも、文学作品じゃないんだから、ちゃんと落としてもらわないと読み手は大変困る。何を面白がっていいのかよくわからないのだ。

どうせ謎のまま終わらせるなら、いっそ霧は晴れず、どんどん広がっていくほうがまだ面白い。解決の糸口だけつかんだような状態で終わるのは、汚い言葉いえば無意味な美人局そのもの。この娼窟には、怖いお兄さんは出てこないが、美しいお姉さんもいない。誰もいない。

結局、お話も結論もこの小説の面白さも「霧の中」のまま。SF好きの方がいれば、後学のためにお勧めするくらいの作品だ。

(きうら)


首都消失(上)


首都消失(下)

-★★☆☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

いきはよいよいかえりはこわい (鎌田敏夫/ハルキ・ホラー文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

セックス描写の多い、オカルト的サスペンス 謎の理由が不可解 内容と真逆の純愛もの おススメ度:★★☆☆☆ お話の導入はありがちだが面白い。広告代理店に勤めている由紀恵という主人公は、都心に格安マンショ …

角の生えた帽子(宇佐美まこと/角川ホラー文庫)

猟奇的な内容の表題作はサンプルで全文読める から予想した内容とは違うねっとりとしたホラー短編集 どんでん返しもあるが、うーん微妙 おススメ度:★★☆☆☆ 表題作は無味乾燥な工場業務に明け暮れる男が、毎 …

X‐ファイル―未来と闘え(クリス・カーター(著)、 エリザベス・ハンド(著)、 南山宏(翻訳)/角川文庫)

伝説の超常現象捜査官の映画版ノベライズ モルダーとスカリーが出てくるだけで満足 当時としては異常によくできたドラマだった おススメ度:★★☆☆☆ これもまた古い話になるが、テレビドラマである第1シーズ …

地図にない谷(藤本泉/徳間文庫)

謎の風土病がテーマの伝奇ミステリー 恋愛・歴史要素あり 謎解きはあっさり。 おススメ度:★★☆☆☆ その谷に住む住人は「いきなり病」という正体不明の風土病によって、次々と死んでいく。その原因はいったい …

私が彼を殺した (東野 圭吾/講談社文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

毒殺した犯人を探るミステリ 類型的設定と「推理」中心の内容 ミステリという組立ブロックを組み合わせたよう おススメ度:★★☆☆☆ (あらまし)あまり特定の主人公を主役にしない東野圭吾にあって珍しいシリ …

アーカイブ