3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

鬼滅の刃 1(完全生産限定版) [Blu-ray](原作:吾峠呼世晴/監督: 外崎春雄)

投稿日:

  • 令和にみるジャンプの原点
  • 何度も繰り返し見る法則
  • 単純におもしろい、が。
  • おススメ度:★★★☆☆

あ、ヤバイ。最近ホラー小説を読んでいない。というか、読んでいるが先に進んでない。来週あたりはちゃんとホラーに戻るので、今週はご容赦願いたい…というか誰に何を誤っているのか分からなくても面白い。ちなみにアニメ14話までの感想なので、総評でないことも断っておく。

ただ、ホラーというならこの漫画も結構思い切った人体欠損描写のあるホラー・アクションと分類できるだろう。今までのジャンプアニメなら(まあ、北斗の拳とかの例外は除いて)イメージ画像で済ませていたところを真正面から描いている。今の子どもには誤魔化しは効かないということだろうか。とにかく、バイオレンス&シリアスな物語だ。

画力は十分であるし、動きも面白い。一応開設すると、大正時代、鬼が跋扈していてそれを倒すための鬼滅隊に入った主人公・竈門炭治郎は、鬼となってしまった妹の禰豆子(ねずこ)を連れて鬼退治の旅に出る。基本のストーリーラインはそれだけ。

人物描写に魅力があり、特に主人公のウルトラナチュラル&ポジティブな思考は、連綿と続くジャンプ漫画の正に王道中の王道。ピンチに陥っても自分を鼓舞し、強敵に立ち向かうさまはいつ見ても熱い。いや、この歳になってみると、ひたすら「眩しい」と言った方がいいだろうか。何度も見てきたパターン。自分の未知なる能力を信じて、今できることを精一杯やる。そして、勝つ。正しい構成だと思う。俺もこんな話を書いてみたい。

仲間も漸く出てきたが、狙いすましたようなキャラクター設定で、コメディ的要素を強化してきた。敵の目的が分かりにくいが、それでもちゃんと間が持つだけの要素が満載で、見ていて飽きることは無いだろう。

戦闘は流行りのタクティカルなもので、結構今風の演出が取り入れている。どの能力とどの能力を組み合わせると相手に勝てるか? などと言う風に楽しめる。矢印鬼と手毬鬼の設定は、まったく同じことを考えて小説に書いた記憶がある。

この先はどうなっていくのかは分からないが、中ボス戦などが行われていくのであろう。そういう安心感も含めて、高いクオリティで楽しめる。見たのはアニメ版だが、漫画版も面白そうだ。

とはいえ、俺はいったいこの「愛・友情・正義」を何度、目にしてきたのだろう。そして、その裏側を何度抉られただろう。モニターの中だけの悲劇と勝利をじっと眺め、俺は後どれくらい生きているのだろうか? 生きて「愛・友情・正義」について考えるのだろうか、などと、死ぬ255日前くらいに思いつくようなことを考えていた。

まあ、やるべきことをやろう。とりあえず、ホラー読みます。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

デーミアン(ヘッセ[著]・酒寄進一[訳]/光文社古典新訳文庫) ~

「ぼく」ことシンクレアの「魂の遍歴」。 デーミアンという少年に導かれる「ぼく」。 BL小説として読もうと思えば、読めなくもない。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、エーミール・シンクレアが語り手となって …

グリーン・マイル(4)~(6)(スティーヴン・キング/新潮文庫) ~簡単なあらすじ、前半ネタバレなし、後半ネタバレ感想

神への挑戦状か、捻くれた人間賛歌か? 残酷な視点で描かれる悲劇的展開 キングらしさは十分味わえる おススメ度:★★★☆☆ 本文に入る前に、まずは、お礼を述べたい。この一年、このサイトを訪れて頂いた全て …

玩具修理者(小林泰三/角川文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

「何でも」修理する謎の男が「あるもの」を治す恐怖を描く スプラッター的要素もあるが精神的に揺さぶられる 表題作は短編、他に中編「酔歩する男」も収録 おススメ度:★★★☆☆ 第2回日本ホラー小説大賞の短 …

MASK 東京駅おもてうら交番・堀北恵平 (内藤了/角川ホラー文庫) ~ややネタバレ

新人婦警のほのぼの事件簿(?) とはいえ、猟奇殺人を扱っている 都会の孤独がテーマか。読みやすい。 おススメ度:★★★☆☆ タイトルにある堀北恵平は「ほりきたけっぺい」と読むのだが、女性の新人警察官だ …

日本人の恋びと(イサベル・アジェンデ、木村裕美〔訳〕/河出書房新社)

恋愛と老いと友情をテーマに かなり重い過去を背負った人々 現在(2010年代)と過去(20世紀のこと)を交互に描く おススメ度:★★★☆☆ 本作は、イサベル・アジェンデが72歳の時に書いたもの。現代版 …

アーカイブ