3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

魔窟 〜ネタバレあり【閲覧注意/ポルノ小説】

投稿日:

  • 陰惨な暴力が支配する官能小説
  • 暴力:エロ=30:70
  • 多少変態要素もある
  • オススメ度:★★☆☆☆

この間、心の闇系を連続して読んでいた。欲望と殺人がいかに人を狂わせるかというテーマが多かった。今回はほとんど人は死なない。ホラー小説のクライマックスである殺人シーンが丸ごとセックスシーンに入れ替わっているような構成だ。

設定は単純で主人公はボッタクリバーの店長・又吉、28歳。元バーテンダーだが半グレの亀森という男に因縁をつけられて、強制的に働かされている。この男が人の支配に使うのが暴力である。亀森は筋金入りのサディストで、人のメンタルを壊す方法を知っている。

それにしても男女合わせて7人前後の店で、一晩500万円もボッタくる。それも作中では1年間ほど年中無休だ。一晩7組として2,000組以上が騙されている。15億円以上売り上げている計算になる。ここまでやるとさすがに訴えされると思うので、そこはどこか設定が甘い気がする。

登場人物全員が疲れ切っていて、覇気も何も無い。魔窟とはこのこと。最初の頃は余り官能描写もない。

その又吉に偶然に彼女ができる。千鶴という若い天然のロリータ風美人で、彼の店に面接に来たことで情事に発展する。ここからは本職のエロ描写が続く。千鶴はセックス依存症気味だが、素直でいい女だ。ただ確かにエロいとは思うが、私はその部分に余り期待はしていなかったので淡々と読んだ。官能小説というのは意外に難しく、読者に読ませるにはかなりのテクニックが必要だと思う。いかに感情移入させるかが問題だ。残念ながらこの本ではそこまで千鶴の魅力は語られない。メインのボッタクリバーの顛末が面白いので、この千鶴パートは正直どうでもいいところ。

二人は割と真剣に愛し合い最後は逃亡計画を練るが……。

亀森が又吉たち従業員たちを支配する方法がユニーク。真っ暗な森に素っ裸で穴に埋め、顔だけ出してコーラをかける。虫と小動物でズタボロになる。しかし死なない。これが亀森のメソッドだが、正直、これだけでは何とも……。

あくまで私の話だが、私が又吉なら、その時点で失う物は何もないから、アーミーナイフでも買っていきなり亀森を刺す。刃を横にして確実に心臓を通す。もしくは頸動脈のある首。情状酌量の余地ありで5年くらいで出てこられるかも。人間、自分や家族の命を大事だと思ったらつけ込まれる。相手が狂人でない限り、いきなり刺す方が簡単だと思うけどな。

みんな「生きたがり」だから仕方ない。官能は性=生そのもの。妙にスッキリした読後感はそういうルールが徹底されているからだろう。

完全なポルノ小説なので積極的にオススメはしないが、そういう世界に興味があればご一読を。同じ地獄でも「赤目四十八滝心中未遂」はより闇が深かった。地獄にもランクがあるよね。

(きうら)


-★★☆☆☆
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

マチネの終わりに(監督/西谷弘)

天才ギタリストとジャーナリストの純愛(?) 綺麗に出来ているが大迷惑な話である ラブストーリーの本質的な矛盾感 おススメ度:★★☆☆☆ たぶん、日本の恋愛映画を意識的に鑑賞したのは人生で初めてだ。もち …

メルキオールの惨劇 (平山夢明/ハルキ・ホラー文庫)  ~あらましと感想、軽いネタバレ

エキセントリックな文章と物語 ケレン味たっぷり 普通の悪趣味幻想小説 おススメ度:★★✩✩✩ 書評サイトとしては反則なのかもしれないが、Amazonのレビューが高かったので、内容を一切確認せずに購入し …

鬼(高橋克彦/ハルキ・ホラー文庫)

陰陽師を扱った連作短編集 平安時代の怪奇事件簿という趣(おもむき) 地味と言うか渋いというか…… おススメ度:★★☆☆☆ (あらすじ・紹介文より)平安の都で起こる怪事件の影で跋扈する道鏡、菅原道真らの …

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

少年少女の日常生活が壊れる系のホラー かなりのトンデモ結末 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う おススメ度:★★☆☆☆ 本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校して …

空飛ぶタイヤ(上)(池井戸潤/講談社文庫)

きわめて真っ当な企業小説 本当に予想通りの展開 随所にいい台詞もあるが・・・・・・ オススメ度:★★☆☆☆(上巻のみの評価) 発刊当初からそのインパクトのあるタイトルからすごく気になっていた一冊。この …

アーカイブ