★★★★☆

(狂気の)テトリス99(任天堂/ Swich)

投稿日:2019年8月19日 更新日:

  • 99人でやるテトリスのバトルロワイヤル
  • ストイックという狂気
  • パッケージ版には一人用モードもある
  • おススメ度:★★★★☆

テトリスは狂気である。病気と言ってもいい。

初めての出会いは、中学校のころ、ファミコン版のテトリス(BPSから発売)をいち早く購入した。これを始めると夜中まで止められない。本格的に流行するのは、翌年からで、14歳でこれをいち早く導入した私には先見の明があった……! 友達や家族がヘンテコなゲームをやる私を不思議そうに眺めていたのを覚えている。

が、翌年のゲームボーイ版で一気にブレイク。版権問題で色々あったが、とにかく流行った。通信ケーブルで友達と対戦できるのだが、これが熱い。私は素早い操作を身上とし、学校の友達をなぎ倒し「あいつとは遊びたくない」とまで言わしめた偉大な愚か者だ。

時は流れて令和元年。私は夜な夜な「テトリス99」を遊んでいた。

ルールは単純。99人の参加者を相手に、テトリスで対戦するだけ。一ひねりあるとすれば、攻撃方法に「ランダム」「カウンター」「バッジ狙い」「とどめうち」の4種類があること。簡単に言えば、ランダムは文字通り、ランダムに相手にブロックを送る。カウンターは自分を狙っている相手にブロックを送る。バッジ狙いとは、相手を倒した時に得られるバッジ(攻撃力が上がる)を多く持っている奴を狙う=強敵を狙う戦略、とどめうちは、弱っている相手を叩きのめす非情な戦略だ。
色々試したが、私はカウンター派だ。ブロックが積み上がり、死にかかったところを狙ってくる「とどめうち」を返り討ちにする。このスリルがいい。

しかし、まあ、そんなことはどうでもいいのである。この、恐ろしく単純なゲームを30年も飽きずに遊んでいるのが怖い。もとは、ロシア(ソビエト連邦)の科学者アレクセイ・パジトノフが開発したソフトというのは有名な話だ。しかも教育用だったらしい。いったいこのゲームのどこが教育なのかは分からないが、ひたすらブロックを消す、という行為に打ち込むのは、ある種、ストイックな修行を思わせられる。

もっともはまった時は、寝る時目を閉じると、上からテトリスが落ちてきて、脳内で消していた。こうなっては脳内麻薬のようなものだ(パチンコも似たようなものがある)。

バトルロワイヤルと言っても、一切の感情の交流はない。ただ、ひたすらにテトリスを通じて、戦うのみ。この潔さが、オンラインゲーム嫌いの私をこの世界に引き込んだ。ゲームに無駄なコミュニケーションなど不要。テトリスとテトリスで語り合う、ある種の狂気に満ちたロマンがここにある。

なお、任天堂のオンラインサービスに加入していれば、無料で遊べるので、一人用モードが不要な方はこちらをどうぞ。

マッチングも早いし(AIも混じっているだろうが)ストレスはほぼない。音楽も一曲だけ。たたただ、シンプルだ。その目的は、画面の中のブロックを横一列にして消すだけ。

この狂気をじっくり味わってほしい。

(きうら)


-★★★★☆
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ずっとお城で暮らしてる(シャーリイ・ジャクスン〔著〕、市田泉〔訳〕/創元推理文庫)

殺人事件のあった屋敷に暮らしてます 周りの人の悪意をひしひしと感じます 閉ざされた世界で自足的に生きていきます おススメ度:★★★★☆ 父:娘よ、シャーリイ・ジャクスンの『丘の屋敷』はもう読んだかい? …

続巷説百物語(京極夏彦/角川文庫) ~(紹介・前編)、あらましと軽いネタバレ

江戸を舞台に怪しい面々が危ない「仕事」を行う 6つの短編集……というより分量的には中編集 前作と合わせて、一応の完結をみる おススメ度:★★★★☆ 前作(巷説百物語)をつい先日紹介したのだが、そのまま …

メイド・イン・アビス(つくしあきひと[原作]・小島正幸[監督]アニメ版) ~感想と軽いネタバレ

少女と少年(半ロボット?)が深い穴に潜るファンタジー 目的は少女の母親の探索 可愛い絵柄ながらグロテスクな描写へ踏み込む おススメ度:★★★★☆ このあいだ「今期[2017年7~9月]アニメ感想まとめ …

それでも人生にイエスと言う(V.E. フランクル[著] 、山田邦男 [翻訳]、‎ 松田美佳 [翻訳])

生きる意味を真正面から問う易しい哲学書 「夜と霧」の著者の講演集 ある意味厳しい問いかけもある おススメ度:★★★★☆ 生きる意味と価値についてかたるということは、こんにち、これまでにもまして、なくて …

カフカの父親(トンマーゾ・ランドルフィ、米川良夫・竹山博英・和田忠彦・柱本元彦[訳]/白水Uブックス)

かなり狂ってる人が登場する 奇想とユーモアとナンセンスとシュルレアリスムと 語り手の饒舌さ 奇妙さ:★★★★☆ 【はじめに】 トンマーゾ・ランドルフィ(1908-1979)は、イタリアの文学者。いつか …

アーカイブ