3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

レオン 完全版 (リュック・ベッソン監督) ~あらすじと感想

投稿日:2017年7月4日 更新日:

  • 孤独な殺し屋と不幸な少女の純愛ストーリー
  • リュックベッソン奇跡の一本
  • 主演二人の出世作
  • おススメ度:★★★★☆

最近、やたらと古い映画が観たくなる。先日は「Shall we ダンス? [DVD]」なんて観ていたし「ロボコップ」なども、もう何回目になるか分からないが見直し、「やはりポール・バーフォーベンは偉大な変態紳士だ」と実感せずにはいられない。そういう流れで、本作の紹介に入る。

(あらすじ)凄腕だが、私生活は質素で孤独な生活を送っている謎の暗殺者・レオン(ジャン・レノ)、彼は少し「足りない」のをいいことに、町のマフィアにいいように使われている。一方、麻薬に手を出すチンピラを親に持ったマチルダ(ナタリー・ポートマン)は、ある日、家族を皆殺しにされ、隣の部屋に住んでいたレオンに助けてもらうのだが、彼女も「殺し屋」になりたいと言い出し……というストーリー。居間で堂々と観ていたら、子どもが怖がったので、家人に注意された。確かに、ゲイリー・オールドマンが散弾銃をぶっ放して冒頭から人を殺しまくるんだから、小学生が観ていい映画ではないだろう。

とはいえ、映画の主題はレオンとマチルダの心の交流なので、殺人シーンやアクションシーンはあくまでも必要な時だけ展開される。この映画の魅力は、凄腕の殺人者だが、子どものような純粋な心を持ったレオンと、大人びたマチルダの疑似的な親子と恋人の間の関係性に尽きる。両者とも、この演技しかないというほど「ハマった」演技をしており、ストーリーそのものはそれほど複雑ではないものの、ついつい見続けてしまう魅力がある。

それにしても今を時めくナタリー・ポートマンを見出したのが、リュック・ベッソン監督の最大の功績だろう。彼の映画は後に何作も観たが、この作品だけが特別で、あとはそれほど傑作揃いというわけでもないので、まさに三人が奇跡の融合を果たした一作と言える。こんなことを書いては怒られると思うが、監督もやはりある程度のロリコンであるのは間違いないだろう。WASABIで広末涼子を口説いたという話は有名だ。ある種の変態気質がプラスに作用して、本作のような「奇跡の一本」が生まれたと推測される。

特別編となっているのは、公開時にカットされたシーンが入っているためで、主に印象に残っているのは、レオンとマチルダの交流の場面だろう。これは後から考えると、なくてもいいかなと思わないでもないのだが、二人に感情移入している観客にとってはいいシーンかもしれない。最高に切ないラストシーンへの伏線となっているので、必要かもしれないが個人的にはやはりなくてもいい。

とにかく、男性視点で見ると、ナタリー・ポートマンの演技が素晴らしい。「タイガー・モス」号に乗り込んだラピュタのシータのように、時には大胆に、時には女性らしく振舞うさまは永遠にスクリーンの中に残り続けるだろう。今の自分が一番泣けるシーンは、冒頭のナタリーの「大人になっても人生は辛い?」という質問に「辛いさ」と答えるジャン・レノの何気ないセリフ。人生、本当にそうだよな。そういったディティールの良さも含め、いい映画だと思う。

「怖い本」的には結構直接的な殺人シーンがあるので、間違っても家族と一緒に見たりはしないほうがいいと思う。性的なシーンも若干ある。しかし、そんなナタリー・ポートマンも立派な女優になった。なかなか感慨深いものがある。

(きうら)



レオン 完全版 [ ジャン・レノ ]

-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

犯人に告ぐ(雫井脩介/二葉文庫)

劇場型犯罪を追う警察小説の傑作 多少のけれん味はあるが緊迫した展開 真に迫るラスト。読ませる。 おススメ度;★★★★☆ これも映画化もされているようなので、有名な作品だ。いわゆる「劇場型犯罪(Wiki …

異常快楽殺人 (平山夢明/角川ホラー文庫)

実在のシリアルキラー7人のエピソードを中心に収録 ドキュメンタリーと小説を混ぜたような内容 ライトなホラーファンにはおススメできない久々の「閲覧注意」 おススメ度:★★★★☆ とにかく「キツイ」の一言 …

わたしを離さないで(カズオ・イシグロ、土屋政雄[訳]/ハヤカワepi文庫) ~途中からネタバレ感想

平易な文章と、密度の濃い内容。 ある役目を生得的に背負った人物たちの、閉塞的な世界。 この紹介文の後半はネタバレ混じりです。 おススメ度:★★★★☆ 【ネタバレ抜きのあらすじ】 本書の主人公、というか …

最近読んだ本と、そうでない本~読書メモ(018)

  ブッチャーズ・クロッシング(ジョン・ウィリアムズ、布施由紀子[訳]/作品社) 火星の人(アンディ・ウィアー、小野田和子[訳]/ハヤカワ文庫SF) 読書メモ(18) 19世紀アメリカの大自然での経験 …

夢見る少年の昼と夜(福永武彦/小学館P+D BOOKS)

暗さを彫琢したような短篇集。 寂しさ、死、不安、孤独。 とにかく、ただひたすら暗い。 おススメ度:★★★★☆(暗い雰囲気が好きなら) 福永は本書に載せられた「『世界の終り』後記」において、自らの作品の …

アーカイブ