3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆ コラム

2022のきうら 短いコラム

投稿日:

本年も無軌道にいろんな物語を楽しんだけど、ほとんど覚えていない。

印象的なのは秋に観た映画「切腹」か。正座してみたいくらいの出来栄えだった。

一方、私生活は淡々と過ぎていった。2021年までの愛憎?に塗れた人生が急に無音になり、私はひたひたと静かにその夜更けのコンクリートの道を歩き続けた。

何を食べても何も感じないし、女性への興味もなくなった。お金もいらない。

喜びも悲しみも微かに感じる程度になったが、別に悲しくはなかった。

諸悪の根源は不眠症で、私が今一番欲しいものは「永眠」だ。

夢を見ない本当の深いふかい眠りが欲しい。

とはいえ、もうしばらくはドライブを続けないといけない。

ただ無感動ライフも別に悪くない。

とても身軽で誰も憎まないし、自分にコンプレックスを持つこともない。

それが創作の源と知りつつも、私は力と別れを告げて一人旅を続けている。

今年、本ブログをお読み頂いた方にはとても感謝。

少しでも記憶に残るテキストがあったら、それが「きうら」です。

本体は行方知れずです。

(きうら)

-★★★☆☆, コラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人的な、岩波文庫の100冊(仮)其のよん〜「成城のコラム(78)」

「コラム078」 少し怖い物語。 そんなに怖くないかも。 オススメ度:特になし 【近況】 最近は、また暑い日が続いておりまして、私の体調もあまりよくありません。朝晩の寒暖差にやられてしまって、しんどい …

ZOO〈1〉 (乙一/集英社文庫)~紹介と感想

趣の違うホラー短編を5つ収録 ワンシチュエーション物からちょっとした感動物語まで 「状況」だけで「意味」が弱い気がする おススメ度:★★★☆☆ 新年、一発目の通常更新は、前年に「平面いぬ。」で紹介した …

夏休みにおすすめする長編5選 ~ミステリ/ホラー/ファンタジー再読

夏休みといっても高校生から大人向け おもしろいけど、長い! 長期休暇に腰を落ち着けて読むシリーズ おススメ度:それぞれ このサイトのもう片一方のライターの成城氏が「夏休みに読みたい短編」という内容で、 …

平面いぬ。 (乙一/集英社)

表題作ほか、4つの短編を収録 ホラー要素よりファンタジー要素が強い 独自の世界観とどこか暖かい読後感 おススメ度:★★★☆☆ 収録の順番でいえば、和風メデゥーサの話を描く「意志の目」、一種の幽霊譚とな …

通勤電車の光景 ~大和路快速~大阪メトロ(2020年4月)

リアルな恐怖体験 目に見えないということ 侵食される日常 おススメ度:特になし 私は平日の朝は、6:30きっかりに私は家を出て、最寄りのバス停に向かう。その間、約7分。もう600回近く繰り返したので正 …

アーカイブ