★☆☆☆☆

呪怨(大石圭/角川ホラー文庫)

投稿日:2016年12月11日 更新日:

  • 設定は魅力的だが、リアリティは薄い。
  • 映像の文章化に疑問を感じる
  • 小説単体としてはお薦めできない。
  • おススメ度:★☆☆☆☆

2003年公開の有名なホラー映画のノベライズ版。「介護のボランティアで訪れた一軒家で女子大生が体験する恐怖」という設定が興味深かったので、手に取ってみたが「文字で映画の恐怖表現を再現するのは相当辛い」というのが率直な感想だ。

一例だけ挙げると、どこからともなく猫の声が聞こえるシーンの描写は「ニャ――オ――」。
当たり前だが優れたホラー映画のノベライズ版が、優れたホラー小説ではないということだ。もちろん映画の素晴らしいノベライズ版は存在するとは思うし、映画の追体験用のアイテムとしては有効なのかもしれない。そもそも、もとの映画を知らない人間が小説を読みのが間違っている気もする。

ただ、それでもあまりにも「霊が出る」ことが当たり前なこととして描かれていることが不満だ。ホラー小説を読んでいてこんなことを言うのも気が引けるが、いきなり霊が出てきたらそれはもうホラーではなくギャグだ。そういえば、ダウンタウンの松本人志や漫画家のいがらしみきおが「ギャグとホラーは紙一重」と、言っていた気がする。そういう意味では楽しめないことはない、のかも知れない。素直に映画を観よう。

(きうら)

-★☆☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

四日間の奇跡(浅倉卓弥/宝島社文庫) ~あらすじと簡単なネタバレ、罵倒

魂入れ替わり系の「感動」的なストーリー 音楽にテーマを取った作品 作品そのものよりも「このミス」に猛烈な悪意を感じる おススメ度:★✩✩✩✩ (あらすじ)脳に障害を負った少女と、ピアニストの道を閉ざさ …

犬鳴村〈小説版〉(保坂大輔(著)・清水崇/久田樹生(脚本))

自らの血統にまつわるホラー 古典的手法と聞きなれた展開 ちょっとトレンドを取り入れてみたり おすすめ度:★☆☆☆☆ 映画「呪怨」の監督で有名な清水崇の新作映画の小説版。これだけで、私たちのようなホラー …

エッジ 下 (鈴木光司/角川ホラー文庫) ~完全ネタバレ

やっちまったな鈴木光司 あらゆる意味で支離滅裂 素人考えでもありえない オススメ度:★☆☆☆☆ 著者はいったい何を描きたかったのか? 量子物理学的な知識をひたすら打ち込んだ上、この世には並行世界があっ …

死の泉(皆川博子/早川書房)

ナチスドイツ、去勢といった興味深いテーマ 描写が中途半端で、テーマのピントはボケたまま 感情移入できない登場人物の変態性 おススメ度:★☆☆☆☆ 本作の題材は非常に興味深く、ナチスドイツの人体実験、カ …

怖い話を集めたら 連鎖怪談 (深志美由紀/集英社文庫) ~ややネタバレあり

怪談を集める作家に降りかかる災難 5つの呪いの顛末 個人的に苦手な作風 おススメ度:★☆☆☆☆ あらすじは簡潔だ。官能的な携帯ノベルで一度だけ当てた30代の女性作家が、知り合いの元編集から「怪談アプリ …

アーカイブ