3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

拝み屋郷内 花嫁の家拝み屋(郷内心瞳/MF文庫ダ・ヴィンチ)

投稿日:2016年12月12日 更新日:

「拝み屋」を営む著者の実話怪談集

魅力的な登場人物と秀逸なストーリー

単なる実話系会談集の枠を超えた傑作

おススメ度:★★★★☆

憑き物落としや安全祈願などを生業とする拝み屋を営む著者が、自らの奇怪な体験をまとめた実話系の怪奇譚。「花嫁が必ず死ぬ」という旧家と著者の関りが「花嫁の家」「母様の家」という二つの連作を通して語られる。

本作は「実話系」の会談集の系譜ではあるが、いわゆる「本当にあった怖い話」とは決定的に違う点がある。全体に大きなストーリーが流れていてる点と、著者をはじめ師匠の拝み屋や依頼者など、確立されたかキャラクターが存在している点だ。それによって、単なる会談の寄せ集めではなく、一つの小説として完成されている。

「花嫁の家」「母様の家」という二つの連作が互いに深く関連しながら、ストーリーは時間や空間を超えて想像もしない方向に延びていく。怪談の枠を超えた人情話や謎解き、果ては拝み屋同士のバトル要素まで、実に多彩だ。こんなパターンをたどる怪談は読んだことがなく、読み慣れていればいるほど意表を突かれるだろう。

お話としても大変面白いし、文章も読みやすい。ちょっと大げさかもしれないが実話系会談の新しい可能性を感じた。

ちなみに著者は2016年の12月現在、この作品以外に3篇の著作を発表している。どれも面白いが、私はこの「花嫁の家」が一番だと思う。

(きうら)


拝み屋郷内 花嫁の家【電子書籍】[ 郷内 心瞳 ]


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ユリゴコロ(沼田まほかる/双葉文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

不幸な主人公を襲う驚愕の家族の真実 かなり暗いタッチ&怖い。好き嫌いはあるかも オチが秀逸。かつ感動できる おススメ度:★★★★☆ ドックランを経営する主人公が、母親を失い、父が末期癌であるところから …

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(フロムソフトウェア/PS4)

ストロングな和風3Dアクション 美麗な絵、軽快な動き 社会人殺しの難易度 オススメ度:★★★☆☆ ホラーを読むと言っておきながら、ゲームのレビューになるのだが、このゲームには言いたいことがいっぱいある …

パンドラの少女(上)・(下)(M・R・ケアリー/創元推理文庫) ~あらましと感想、軽いネタばれ

不気味な存在が跋扈する、ポスト・アポカリプスもの。 荒廃した世界での、命をかけたサバイバル。 自分は何者なのか、ということに苦悩する少女。 おススメ度:★★★★☆ 世界は「<大崩壊>」という人類の危機 …

凍(トーマス・ベルンハルト、池田信雄[訳]/河出書房新社)

ベルンハルトの長編小説第1作 研修医が、とある画家を観察する 何もかもが凍てついた集落での呪詛のごとき言葉 おススメ度:★★★★☆ 【はじめに、本書紹介など】 トーマス・ベルンハルト(1931-198 …

ぷよぷよ テトリス S ~レビューと回顧録

テトリスとぷよぷよが上手く融合 楽しいキャラクター 安定の面白さ。接待用にも最適 おススメ度:★★★★☆ ストーリーのある「ゼルダの伝説 BOW」はともかく、さすがに怖い本のサイトでパズルものゲームの …

アーカイブ