★★☆☆☆

地図にない谷(藤本泉/徳間文庫)

投稿日:2016年12月13日 更新日:

  • 謎の風土病がテーマの伝奇ミステリー
  • 恋愛・歴史要素あり
  • 謎解きはあっさり。
  • おススメ度:★★☆☆

その谷に住む住人は「いきなり病」という正体不明の風土病によって、次々と死んでいく。その原因はいったい何なのか? 大学の夏休みに実家に帰った主人公・帯金多江は自らの故郷に潜む謎に挑む、という魅力的な設定の伝奇ミステリー。

文章は読みやすく、謎解きもストレートで、グロテスクな描写も控えめ。発表が1982年なので、大学生の描写がいささか古く感じるが、そもそも舞台となる鬼兵衛谷はかなり古風な風習が残る地域として描写されるのであまり気にならない。しかし、物語の焦点となる風土病の謎解きはあっさりしており、主人公の恋愛関係の描写が多い部分が、物足りなく感じる。

惚れた腫れたはどうでもいいので、もっと風土病の核心に迫ってほしい、というのが正直なところ。読み終えると「その部分」が不可欠なのも理解できるのだが……。女性作家の描く恋愛観がよく出ているので、女性が読むとまた違った印象を持つかもしれない。

ちなみに本書は1971年の第17回江戸川乱歩賞最終候補作とのことだが、当時タブー視されていた「部落問題」がテーマだったため、受賞を逃したらしい。また、1989年にフランスで消息不明となっているとのこと(Wikipediaより)。興味深い。

(きうら)


地図にない谷【電子書籍】[ 藤本泉 ]


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

マチネの終わりに(監督/西谷弘)

天才ギタリストとジャーナリストの純愛(?) 綺麗に出来ているが大迷惑な話である ラブストーリーの本質的な矛盾感 おススメ度:★★☆☆☆ たぶん、日本の恋愛映画を意識的に鑑賞したのは人生で初めてだ。もち …

ブラッドハーレーの馬車(沙村広明/太田出版)

少女趣味と人体欠損要素あり 全体的に鬱展開で救いがない 絵は作者特有の緻密な画風 おススメ度:★★☆☆☆【閲覧注意】 とある資産家のブラッドハレー家では「慈善事業」と称して、孤児院から少女を選び、養女 …

えじきしょんを呼んではいけない (最東対地/角川ホラー文庫) ~ネタバレ気味注意

怪人系不条理(?)ホラー 設定は面白いが色々大雑把 許せるタイプのホラーファンに おススメ度:★★☆☆☆ ツッコミどころ満載という意味で、近年稀にみる怪作ではないかと思ったが、全体の構造が、先達である …

日出る国の工場(村上春樹・著/安西水丸・画/新潮文庫)

工場見学の文章とイラスト どこを切っても村上春樹 30年前のドキュメントで時代を感じる おススメ度:★★☆☆☆ 初版発行が1987年平凡社となっている。およそ30年前である(2018年現在)。そもそも …

ペスト(カミュ[著]・宮崎嶺雄[訳]/新潮文庫) ~あらましと軽いネタバレ

ペストに襲われた町の、約一年の記録。 登場人物数人の奮闘と、心境の変化が中心に描かれる。 翻訳の日本語文が読みにくいので、あまりおススメしない。 おススメ度:★★☆☆☆ 実際に本書を読むまでは、なぜか …

アーカイブ