★★★☆☆

あくむ(井上夢人/集英社)※電子書籍版

投稿日:2016年12月14日 更新日:

  • 悪夢をテーマにした短編集
  • 興味深い設定で文章も読みやすい
  • 話のオチには物足りなさを感じる
  • おススメ度:★★★☆☆

目が覚めると、全身が動かず、おまけに目も見えない。医者の説明によると、全身複雑骨折で、失明までしているという。自分でも事故にあった記憶はある。しかし、本当にそんな大怪我なのだろうか。痛みは感じないし、どうもグルグル巻きにされた包帯の隙間から、明かりが見える気がする。それに、ここはどう見ても病院とは思えない。そもそも、この男は本当に医者なのか?(ブラックライト)。

と、いう興味深い設定から始まる一編のほか、盗聴に取り憑かれた男や自称「吸血鬼」の物語など、日常と非日常を行き来する不思議な物語がこの「あくむ」には五編収められている。テーマはもちろん「悪夢」で、表紙裏には「ホラーストーリー」と紹介されるが、どちらかというとサイコ・サスペンスだと思う。

設定も面白くスラスラ読める小説だが、僕は非常に不満に感じる点がある。冒頭紹介したような思わず引き込まれる出だしは各話共通しているが、オチが全部同じに思えるのだ。詳しく書くと興が削がれるが、すでに「あくむ」というタイトルからもネタばれしているような気もする。

せっかくの面白い設定なので、もう一ひねりして意外なオチをつけて欲しいとも思うう。ただ、無理やり奇抜な結末を用意していないので、全体の読み口は悪くない。この辺は好みによるだろう。そういえば、阿刀田高氏(Wikiリンク)の作風を思い出す部分もある。

(きうら)


あくむ【電子書籍】[ 井上夢人 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

仮面病棟(知念実希人/実業之日本社) 〜あらましと感想、軽いネタバレ

病院に立て籠もった犯人と医者のサスペンス 文章は読みやすい。キャラもわかりやすい そこそこ楽しいがもう一捻り欲しい おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)アルバイトである病院の夜勤についた主人公の外科医 …

ステーシーズ―少女再殺全談 (大槻ケンヂ/角川文庫)

スプラッタ系ゾンビもの グロくはあるが余り直接的エロ要素は無い ちょっと変わった少女偏愛小説 おススメ度:★★★☆☆ またグロい小説を読んでしまった。副題に少女再殺全談とあるのである程度、覚悟はしてい …

グリーン・マイル(1)~(3)(スティーヴン・キング/新潮文庫)

ある不思議な黒人死刑囚と看守たちとの物語 残酷でグロテスク、そしてどことなく不穏 前半では「何を意味するか」は語られない おススメ度:★★★☆☆ この「グリーン・マイル」は、私のような40代には忘れら …

総員玉砕せよ!! 他 水木しげる漫画大全集 (コミッククリエイトコミック/水木しげる)

水木しげるの実録戦記マンガ 淡々とした作風の中に戦慄 素晴らしい一コマにハッとする おすすめ度:★★★☆☆ ゲゲゲの鬼太郎などで著名な漫画家・水木しげるが従軍した南方戦線のニューブリテン島での、日本兵 …

さらに悩ましい国語辞典(神永曉/時事通信社)~内容の簡単な紹介と「真逆」への所感

言葉の用法の悩ましさ。 揺れ動く日本語の意味。 本の紹介というより、私のとある言葉への違和感。 おススメ度:★★★☆☆ 今回は紹介というより、この書物をパラパラとめくってみて(改めて)考えた、普段から …

アーカイブ