★★★☆☆

肉食屋敷(小林泰三/角川書店)

投稿日:2016年12月20日 更新日:

  • 生粋のホラー短編集
  • 怪獣・ゾンビ・恋愛・サスペンスなど多彩な要素
  • 要グロ表現耐性
  • おススメ度:★★★☆☆

本作は「玩具修理者」などで著名な小林泰三氏による4篇を収録した短編集。簡単に分類すると(1)怪獣系ホラー、(2)ゾンビをテーマにしたシュール・グロテスクなSF、(3)サイコなラブストーリー、(4)本格多重人格サスペンス、となっている。

共通するのは、腐臭を放つ肉塊のようなおぞましく、同時に奇妙に心地よい読書感がある。(3)を除けば、大なり小なりグロテスクな描写があり、変態的ともいえるテーマが語られる。たぶん、おぞましいものを「茶目っ気」たっぷりに書いているからではないだろうか。その辺の楽しんでいる感覚が、生粋のホラー作家だと思わされる。

(1)、(2)はグロテスクで、しかも余りにも着想やオチが異常で、好みが分かるだろう。個人的に(2)はちょっと苦手だ。一方(3)や(4)は上質サスペンスとして楽しめる。若干、物語に深みが足りない気もするが、他の作品も読んでみたいと思う。面白いが、要グロ表現耐性といったところ。

(きうら)


肉食屋敷【電子書籍】[ 小林 泰三 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

最近読んだ本などについて(2018年08月)~読書メモ(015)

読書メモ(15) テクノロジーから歴史書関係の対談本まで 暇つぶし用に読んだもの おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 八月下旬から九月上旬にかけては、いつもなんやかんやとあって、ややこしい本やホラー …

『フォンターネ』(パオロ・コニェッティ、関口英子〔訳〕/新潮クレストブックス)~「読書メモ(70)」

「読書メモ070」 「山小屋の生活」 山には人の歴史あり オススメ度:★★★☆☆ 【本書について】 著者のパオロ・コニェッティは、現代イタリアの作家です。本書『フォンターネ』(2013年)は、代表作の …

K・Nの悲劇(高野和明/講談社) ~あらすじと感想、ネタバレもあり

妊娠・中絶をテーマに壮絶な夫婦の戦いを描く 最初を抜ければ、一気に読み通せる通読性 ただ、傑作に至るには今一歩何かが必要だ おススメ度:★★★☆☆ 随分長くかかってしまったが、この度の本屋の「店員さん …

【特別投稿】PlayStation 5体験記 ~家庭用ゲーム機への思い

基本的に性能の上がったPS4 絶対的な専用コンテンツ不足 でかい、そして、変わらない おススメ度:★★★☆☆ この40年、ゲーム機は私にとって科学技術の進歩、素晴らしい未来と同義であった。今の幼児がi …

ELDEN RING(フロムソフトウェア/PlayStation5| 4/Xbox Series X|S / Xbox One / Steam) 2022/6/24Update!!

システム的には完全にソウルライクシリーズ 相も変わらず厳しい難易度 本作のテーマの探索感は中途半端 おススメ度:★★★☆☆ 本作はソウルシリーズの生みの親・宮崎英高がプロデュースし、脚本(設定の一部) …

アーカイブ