★★★☆☆

肉食屋敷(小林泰三/角川書店)

投稿日:2016年12月20日 更新日:

  • 生粋のホラー短編集
  • 怪獣・ゾンビ・恋愛・サスペンスなど多彩な要素
  • 要グロ表現耐性
  • おススメ度:★★★☆☆

本作は「玩具修理者」などで著名な小林泰三氏による4篇を収録した短編集。簡単に分類すると(1)怪獣系ホラー、(2)ゾンビをテーマにしたシュール・グロテスクなSF、(3)サイコなラブストーリー、(4)本格多重人格サスペンス、となっている。

共通するのは、腐臭を放つ肉塊のようなおぞましく、同時に奇妙に心地よい読書感がある。(3)を除けば、大なり小なりグロテスクな描写があり、変態的ともいえるテーマが語られる。たぶん、おぞましいものを「茶目っ気」たっぷりに書いているからではないだろうか。その辺の楽しんでいる感覚が、生粋のホラー作家だと思わされる。

(1)、(2)はグロテスクで、しかも余りにも着想やオチが異常で、好みが分かるだろう。個人的に(2)はちょっと苦手だ。一方(3)や(4)は上質サスペンスとして楽しめる。若干、物語に深みが足りない気もするが、他の作品も読んでみたいと思う。面白いが、要グロ表現耐性といったところ。

(きうら)


肉食屋敷【電子書籍】[ 小林 泰三 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ホラー小説大全 ドラキュラからキングまで(風間賢二/双葉文庫) ~内容の紹介

文化論も含む硬質な欧米ホラーの概観 歴史、3つモンスター、おススメ本100冊の3つのパート ガイドブックというよりは、正統派の評論としての性格が強い おススメ度:★★★☆☆ 怖い本の紹介サイトで、さら …

感染(仙川環/小学館)

「臓器移植」がテーマの医療系サスペンス とにかく軽快で展開が早い。軽い読書向き。 タイトルから想像されるようなグロ系描写はほぼ無い おススメ度:★★★☆☆ 「感染」は、臓器移植を中心とした医療知識を縦 …

怪談・奇談(ラフカディオ・ハーン/角川書店)

有名な怪談を含む42編の短編ホラー集 ほとんどは「昔ばなし」風だが、たまに強烈なガチ系の話が混じる 最下段に完全ネタバレ紹介が若干あり。 おススメ度:★★★☆☆ 今回は日本古来の怪奇譚を集めたラフカデ …

ビッグドライバー(スティーヴン・キング(著)/ 高橋恭美子、風間賢二 (訳))

レイプされた女性の復習劇 と、夫の連続猟奇殺人に気付いた妻の苦悩 キング節たっぷり、いい意味で不愉快 オススメ度:★★★☆☆ 稀代のモダンホラー作家・スティーヴン・キングの作品を一つも読まれていないな …

隣の不安、目前の恐怖(アンソロジー/双葉文庫)

「日本推理作家協会賞受賞作家短編集」 隣人や家族における、不安や恐怖または異変 まあまあのおもしろさ おススメ度:★★★☆☆ アンソロジー(異なる作家の作品をテーマ別などでまとめたもの)を読むおもしろ …

アーカイブ