★★★★☆

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)

投稿日:2016年12月23日 更新日:

  • 妖怪をテーマにした悲恋
  • 古典調だが読みやすい
  • 予想以上に二転三転する物語
  • おススメ度:★★★★☆

玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂がそんな妖怪を題材にどんな小説を書くのか。結構ワクワクして読んだ。

出だしは地味な展開だが、これが実に面白い。古文調だが、読みやすく、すぐに物語に引き込まれる。基本的な物語構造は悲恋で、立場の違う二人が惹かれあい、やがて悲劇を迎えるロミオ&ジュリエット方式だ。

物語の展開は非常に不安定で、現代的な予定調和を見ないところがいい。地味な展開が続くかと思うと、突然、妖怪が跋扈する幻想的な描写が入る。主人公が破滅しそうになると救われ、救われそうになると破滅する。大団円に落ち着くと見えて、まだ何転かする。偉大な先達にこんな言い方は失礼だが、小説の作りが非常に上手い。

九尾の狐、陰陽師、術比べなど、ライトノベル的要素を内包しながらも、これほど奥の深いエンターテイメントに仕上げるとは、岡本綺堂は恐るべき作家だ。妖怪好き、奇譚好きには是非オススメ。ちなみに青空文庫でも読める(玉藻の前のみ)。

(きうら)


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

Q&A(恩田陸/幻冬社)

タイトル通り「質問」と「答え」だけで構成される小説 正体不明の大惨事が多数の視点から描かれる オチは弱いがゾッとする恐怖を味わえる おススメ度:★★★★☆ 作者のデビュー作「六番目の小夜子」に続いての …

天使の囀り (貴志祐介・角川文庫)

気持ち悪いとはこういうことだ 貴志作品で二回読みたくないのはこれだけ 意外に読みにくい文章が惜しい おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)主人公の北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医だ。その恋人で作家 …

鍵-自選短編集(筒井康隆/角川ホラー文庫)~概要と感想、軽いネタバレ

不条理を感じるSF要素もある現代(少し古いが)ホラー 筒井康隆ならではのアイロニー 正解を知っていて敢えて外すというテクニックはさすが おススメ度:★★★★☆ 筒井康隆と言えば、知らない人はいないベテ …

黒い家(貴志裕介/角川ホラー文庫)

「やっぱり生きた人間が一番怖い」をたっぷり楽しめる リアルな設定と抑えた文章 スリリングな展開で抜群の没入感 おススメ度:★★★★☆ 保険会社に支払査定主任として勤める主人公とその顧客である不気味な登 …

来るべき種族(エドワード・ブルワー=リットン、小澤正人[訳]/月曜社-叢書・エクリチュールの冒険)

「来るべき種族」という新人類? ユートピア文学の系譜を受け継いだSF的作品 謎の力「ヴリル」におびえる語り手 オモシロ度:★★★★☆ 【最初におしらせ】 はじめにちょっとしたおしらせですが、個人的な体 …

アーカイブ