★★☆☆☆

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

投稿日:2016年12月28日 更新日:

  • 少年少女の日常生活が壊れる系のホラー
  • かなりのトンデモ結末
  • 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う
  • おススメ度:★★☆☆☆

本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校していった友達は、本が好きという共通項で集まった仲だったのだ――。町おこしイベントの失敗がもとで転校を余儀なくされる同級生、横行するいじめ、クラス中が熱狂しだした<植物占い>、友人の行方不明……」というもので、その後、夏休みの親子キャンプで驚愕の事実に遭遇するというストーリー。

少年が大人達の欺瞞に徐々に気付いていくという内容で、「日常が壊れる」系の作品だ。怖さの種類も、心理的・生理的に嫌悪感を抱くようなタイプ。読みやすい文体だが、かなりグロテスクな表現もあるので苦手な方は注意が必要だ。

しかしである。状況だけ見るとホラーなんだが、やり過ぎて怖いと言うよりむしろ笑えるシーンになってしまっているのが残念。詳しくは書けないが「真相」を知った瞬間「そんな馬鹿な話はあるわけはない」、もっと短く書くと「んなアホな!」という感じだ。

「日常が壊れる」パターンの話は大好きなのでまずまず楽しめたが、もうちょっとキャラクターに愛着が持てると良かった。良きにつけ悪しきにつけ、目を疑うような結末であることは間違いない。

夏の滴 (角川ホラー文庫)
夏の滴【電子書籍】[ 桐生 祐狩 ]

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

ここから先はどうするの: 禁断のエロス (新潮文庫)

5人の作家によるエロスがテーマのアンソロジー 性的に興奮するというより後味の悪い話が多い イマイチこの本を読むシチュエーションが分からない おススメ度:★★☆☆☆ 新年早々「禁断のエロス」はないと思う …

空飛ぶタイヤ(上)(池井戸潤/講談社文庫)

きわめて真っ当な企業小説 本当に予想通りの展開 随所にいい台詞もあるが・・・・・・ オススメ度:★★☆☆☆(上巻のみの評価) 発刊当初からそのインパクトのあるタイトルからすごく気になっていた一冊。この …

いきはよいよいかえりはこわい (鎌田敏夫/ハルキ・ホラー文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

セックス描写の多い、オカルト的サスペンス 謎の理由が不可解 内容と真逆の純愛もの おススメ度:★★☆☆☆ お話の導入はありがちだが面白い。広告代理店に勤めている由紀恵という主人公は、都心に格安マンショ …

牛家 (岩城裕明/角川ホラー文庫)

ゴミ屋敷の清掃員が体験する恐怖 リアルな出だし、シュールな結末 ゾンビ物「瓶人」収録。長さは同量。 オススメ度:★★☆☆☆ このところ、別の世界を覗きたいという欲求から、自分が詳しく知らない職業を扱っ …

アーカイブ