★★☆☆☆

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

投稿日:2016年12月28日 更新日:

  • 少年少女の日常生活が壊れる系のホラー
  • かなりのトンデモ結末
  • 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う
  • おススメ度:★★☆☆☆

本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校していった友達は、本が好きという共通項で集まった仲だったのだ――。町おこしイベントの失敗がもとで転校を余儀なくされる同級生、横行するいじめ、クラス中が熱狂しだした<植物占い>、友人の行方不明……」というもので、その後、夏休みの親子キャンプで驚愕の事実に遭遇するというストーリー。

少年が大人達の欺瞞に徐々に気付いていくという内容で、「日常が壊れる」系の作品だ。怖さの種類も、心理的・生理的に嫌悪感を抱くようなタイプ。読みやすい文体だが、かなりグロテスクな表現もあるので苦手な方は注意が必要だ。

しかしである。状況だけ見るとホラーなんだが、やり過ぎて怖いと言うよりむしろ笑えるシーンになってしまっているのが残念。詳しくは書けないが「真相」を知った瞬間「そんな馬鹿な話はあるわけはない」、もっと短く書くと「んなアホな!」という感じだ。

「日常が壊れる」パターンの話は大好きなのでまずまず楽しめたが、もうちょっとキャラクターに愛着が持てると良かった。良きにつけ悪しきにつけ、目を疑うような結末であることは間違いない。

夏の滴 (角川ホラー文庫)
夏の滴【電子書籍】[ 桐生 祐狩 ]

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

この世の春(上・中・下) (宮部みゆき/新潮文庫)※完全ネタバレありの感想

   時代劇ミステリ・サスペンス 小さな世界で話が終始する 書きたいものは分かるが…… おススメ度:★★☆☆☆ このところ「これは!」という作品との出会いがない。本作も期待して読んだのだが、どうしても …

星の王子さま(サン=テグジュペリ[作]・内藤濯[訳]/岩波文庫) ~ベストセラーを読む(3)、紹介と感想

「岩波文庫版」としての評価です。 作者のキャッチ―なイラストが効果的。 王子がいろんな人(動物・もの)に出会っていくという流れ。 おススメ度:★★☆☆☆ 「ベストセラーを読む」第三弾は、言わずと知れた …

地図にない谷(藤本泉/徳間文庫)

謎の風土病がテーマの伝奇ミステリー 恋愛・歴史要素あり 謎解きはあっさり。 おススメ度:★★☆☆☆ その谷に住む住人は「いきなり病」という正体不明の風土病によって、次々と死んでいく。その原因はいったい …

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(監督:庵野秀明)~ストーリーについてはほぼ言及なし、ネタバレもごく僅か

禊のような完結編 燃えるものはなかった 妙に冷めた目線で おススメ度:★★☆☆☆ 作中の随所から、監督自身がこの作品について、興味を失っていることをひしひしと感じた。かつて、破壊と新生、まさに新世紀の …

死国 (坂東真砂子/角川文庫)

オカルト要素ありの愛憎劇 四国の文化についてはあまり深く突っ込んでいない 女性視点の性的なモノローグなどの描写あり おススメ度:★★☆☆☆ 【ネタバレあり注意】 四国にある八十八ケ所の霊場を死んだ者の …

アーカイブ