★★★★☆

嗤う伊右衛門 (京極夏彦/角川文庫)

投稿日:2016年12月29日 更新日:

  • 有名な四谷怪談を京極夏彦風にリブート
  • 元ネタが有名なので意外性がある設定
  • 怖いというより非常に美しい物語
  • おススメ度:★★★★☆

有名な「四谷怪談」を京極夏彦が独自の解釈を加えて、再構築した作品。映画風に言うと、リメイクというよりリブートという風になるのではないか。

小説の設定はよく知られているは四谷怪談(醜い顔のお岩が夫に災いを為す)なのだが、その動機や展開はかなりオリジナルとは違う。元ネタが人間の醜さゆえの悲劇を語ったものとすれば、本作は人間の美しさ故に悲劇に至るという構図で、いわば真逆だ。よく知っている話だけに、逆に話の展開に意外性を感じて面白い。

作品の文体はこれぞ京極夏彦といった内容で、少々堅めの文章だが読みやすい。京極堂シリーズなどが好みであれば、全く違和感がないだろう。読後感も恐ろしいというよりは、非常に悲しい。繊細で美しい作品だ。

他にも「番町皿屋敷」を扱った「数えずの井戸」、「復讐奇談安積沼」をもとにした「覘き小平次」もあるが、このシリーズは総じて質が高い。興味があればこの2冊もお勧めしたい。

Amazon:
嗤う伊右衛門 (角川文庫)
楽天:
嗤う伊右衛門 [ 京極夏彦 ]

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

新装版 蚤と爆弾 (吉村昭/文春文庫)

いわゆる731部隊の細菌兵器についての「小説」 真にDemoniacな内容 終始冷静な視点・単純なヒューマニズムを描かない おススメ度:★★★★☆ 読書中、なぜか頭の中にDemonという単語が浮かんで …

ロマン【1・2】(ウラジーミル・ソローキン、望月哲男[訳]/国書刊行会-文学の冒険シリーズ)

  ソローキンの傑作 前半は、ロシア文学の系譜に連なるロマン 後半は、すべてが解体されていく おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 ソローキンの『ロマン(POMAH)』は、傑作(怪作・快作)ですので、 …

タタール人の砂漠(ブッツァーティ[作]、脇功[訳]/岩波文庫)

語の舞台である砦に捉われた人々。 幻の敵を待ち続けるドローゴ。 人生の寓話として読むもよし、幻想小説として楽しむもよし。 おススメ度:★★★★☆ 将校の「ジョヴァンニ・ドローゴ」が、九月のある朝、任地 …

うなぎ鬼(高田侑/角川ホラー文庫)

裏社会系正統派(?)エログロホラー 本当にあった「ヤバい話」風でもあり、都市伝説風でもあり 最後、微妙に狙いがズレた気がするが…… おススメ度:★★★★☆ 過激なものから、純文学まで振れ幅が激しくなっ …

幽霊海賊(ウィリアム・ホープ・ホジスン、夏来健次〔訳〕/ナイトランド叢書)

ホジスンの海洋奇譚 謎の影につきまとわれる恐怖 徐々におとずれる怪異 おススメ度:★★★★☆ 【物語のあらすじ】 「わたし」ことジェソップが、自らの遭遇した怪異体験を語るという内容の物語です。サンフラ …

アーカイブ