★★★★★

魍魎の匣(京極夏彦/講談社)

投稿日:2017年1月3日 更新日:

  • 「生きた美少女の入った箱」という際どいネタ!
  • シリーズ最高傑作の呼び声も高い
  • 京極夏彦の作風が嫌いでなければ必読の一冊
  • おススメ度:★★★★★

一連の京極堂シリーズでは最も人気が高い(と思われる)本作。「箱に入れられた生きた美少女」という際どいネタをメインに、箱をあがめる霊能者や窓のない謎の四角い箱の建物など、面白い要素が満載。シリーズ2作目ということでキャラクターの描写もこなれてきて、キャラ同士のやり取りもより楽しめるようになっている。

このシリーズの長所は、到底現実にはあり得ないと思われる謎を、幽霊や超常現象を極力排して合理的に説明してくれることだ。実際に実現できるかどうかはともかく「できるかも知れない」というリアリティを感じる。凡百の小説なら、先祖の祟りが云々といった部分がきっちり説明されているのが素晴らしい(作中の榎木津を除けば)。

伏線の張り方も見事だし、新しく出てくるキャラクターも魅力的。美少女要素もあり、娯楽作品として非常に楽しめる構成になっている。初版がノベルス版だったこともあり、通称「レンガ本」と呼ばれるほど厚い本なので、気軽に読書を楽しむには向かないと思うが「姑獲鳥の夏」を読んだのであれば、そしてちょっとでも面白いと思えたのならば、本作を読まないのは大変損だと思う。

これは蛇足だが、映画版はいけなかった。個人的に京極夏彦の原作で映画が良かったものは未だにない。嗤う伊右衛門も小雪ばかりが印象に残って、うーむ。

Amazon:
文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)
楽天:

魍魎の匣(1)【電子書籍】[ 京極夏彦 ]

-★★★★★
-, ,

執筆者:

関連記事

桜の下には何がある? ~「桜の森の満開の下/坂口安吾」&「桜の樹の下には/梶井基次郎」

2編とも短くて簡単に読める。 桜には魔力のようなものがある(個人差あり)。 狂気と正気のあやうい均衡が感じられる。 おススメ度:★★★★★ 「桜の森の満開の下」は、桜の魔力にあてられた山賊と、彼が奪い …

ザ・スタンド(5) (スティーヴン・キング/文春文庫) ~あらすじとおススメ度

大長編パンデミック系ホラーの完結編 善と悪が交錯するダイナミックな展開 不思議な後味と感動 おススメ度:★★★★★ 第5巻は、強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパーフルー>が実験施設から漏洩したこと …

海豹島(久生十蘭/ゴマブックスor青空文庫) ~あらすじメイン・一部ネタバレあり

絶海の孤島での、ミステリ的挿話。 読みやすい文章。 かなしげなラスト。 おススメ度:★★★★★ 舞台は、「樺太の東海岸、オホーツク海にうかぶ絶海の孤島」である「海豹島」。時は大正元年三月、「樺太庁農林 …

残穢 (小野不由美/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

実際起こった怪異の謎を追うドキュメントタッチの構成 心霊や呪いを信じるタイプの方は、絶対読まない方がいい 展開は地味だが、リアリティ抜群 おススメ度:★★★★☆(あるいは☆☆☆☆☆) 久々に「ヤバい」 …

模倣犯(1-5) (宮部みゆき/新潮文庫)

続婦女誘拐殺人事件がテーマのサスペンス小説 事件が複数の視点で描かれる。非常にスリリングな展開 気になる点ももちろんあるが、ページをめくる手が止まらない大傑作 おススメ度:★★★★★/li> 「 …

アーカイブ