★★★☆☆

ランゴリアーズ (スティーヴン・キング/文春文庫)

投稿日:2017年1月6日 更新日:

  • 11人を残し乗客が消失したジャンボジェットというイントロ
  • 異世界に迷い込んだ人々の恐怖が精緻に描かれる
  • キング作品好きなら、読んで損はない一冊
  • おススメ度:★★★☆☆

飛行中のジャンボジェットの乗客が11人を除いて全て消失してしまう。しかも、飛行機は、街の明かりさえ見えない謎の空間を飛行している。残された乗客たちの運命は……。と、いうスティーブン・キングらしい読まずにはいられない素晴らしいイントロダクション。例えれば、楳図かずおの「漂流教室」のような、突然、異空間に飛ばされる系のお話である。

乗客消失から着陸までの流れは非常に良くできていて、リアリティがあって引き込まれる。物語の開始時点では、表題の「ランゴリアーズ」の意味も分からず、何が起こるかわくわくする。そして、ある場所に到着してからの異空間の様子も中々斬新で、「悪いことしか起こる気がしない」という雰囲気はキング作品独特のものだ。

ただ、謎に対して科学的、合理的な説明がされるかというとそうでもなく、あくまでも異常なシチュエーションを楽しむための小説で、その辺は割り切って読まないと、こんな筈ではなかったという思いが残るだろう。ランゴリアーズの正体は、個人的には斬新だと感じたが、何が出てくるかは「お楽しみ」。予想以上でも以下でもないと思う。

ちなみに、表題作以外に「秘密の窓、秘密の庭」という「自分の小説を盗作した」と不条理な言いがかりをつけられる作家の恐怖を描く中編も収録されているが、個人的には毛色が違いすぎて、あまり好みではなかった。「ランゴリアーズ」だけでも十分満足できるとは思うが。

(きうら)


スティーブン・キングのランゴリアーズ [ パトリシア・ウェティグ ]

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

甲賀忍法帖(山田風太郎/講談社)

忍術バトルが見もののエンタメ小説 展開がかなり早い 個人的に伊賀の方が悪者のように思えてしまう おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじ】 時は、江戸時代初期。大阪冬の陣の半年ほど前のこと。徳川家康は将軍後 …

ラッキーマン(マイケル・J・フォックス〔著〕、入江真佐子〔訳〕)

ハリウッドスターとパーキンソン病 バックトゥザ・フューチャーの裏話も 示唆に富む著者の半世記 おススメ度:★★★☆☆ マイケル・J・フォックスと言えば、今でも知らない人の方が少ない俳優だろう。それもほ …

雪の階(奥泉光/中央公論新社)

心中事件を探る推理ものの体をとったもの 奥泉文学の題材を詰め込んだ、ごった煮的作品 いろんなものに目を配った娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ 【時候の挨拶的まえがき】 先日(4/2)、軽い花見をしてき …

<ひとり死>時代のお葬式とお墓(小谷みどり/岩波新書)

葬式のありようが変わる。 お墓(埋葬)の多様化。 <ひとり死>の弔いをどうするのか。 おススメ度:★★★☆☆ <死>のことを、まず、自分が死んだらどうなるのかという実存的な問題として考えたことのある人 …

ベルセルク 39(三浦建太郎/ヤングアニマルコミックス) ~ベルセルクの今と昔(後編) ※基本的に38巻まで読まれた方向け

遂に妖精の王と謁見。キャスカの運命は? 完全にファンタジー回帰、しかも穏やか 内向的なストーリー展開 おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)数々の脅威を退けて、ガッツたちはついに妖精たちの王の住む島に上 …

アーカイブ