★★★☆☆

六番目の小夜子(恩田陸/新潮文庫)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

  • ファンタジー要素のある青春小説
  • 類型的なキャラクター設定だが展開が早くて上手い
  • 読みやすい文体で内容と併せ軽い読書向き
  • おススメ度:★★★☆☆

恩田陸のデビュー作となる「六番目の小夜子」は、ジャンルとしては青春小説・ジュブナイル小説だが、当初はファンタジーノベルとして刊行されていた。確かに、ある種のファンタジー要素が含まれていて、最後まで読むと納得できる。

導入部は、とある高校にやってきた美少女転校生、その高校には奇妙なゲームが受け継がれており、それは、3年に一度、サヨコと呼ばれる謎の存在が選ばれるというものだった……と、これだけではよく分からないが、高校3年生の1年間を通じ、青春時代特有の喜びや苛立ち、もどかしさが盛り込まれている。

読み始めた当初は、たいへん否定的な印象を持った。何しろ美少女転校生に、天性の秀才である主人公、爽やかなスポーツマンの友人、ひがみっぽいいかにもな役回りのクラスメイトなど、あまりに型通りの人物造形だったからだ。また、青春小説特有の「恥ずかしい」感じも少しあって、ヒネたホラーファンには厳しいものがある。

ただ伏線をあまり引っ張らないのは好感が持てるし、一つひとつのエピソードに山場があって飽きずに一気に最後まで読み通せる。特に、学園祭の描写が良く、この部分は不気味で印象に残る。また、一見ミステリーや青春小説の形を借りながら、ジャンル小説に囚われない不思議な雰囲気が漂っている。

とはいえ、未消化のまま終わる伏線もあったりし、不満点がないわけではないが、普段このサイトで紹介しているような血生臭い怪談に飽きたら一読をお勧めしたい。

(きうら)


六番目の小夜子 [ 恩田陸 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

考える蜚ブリ(ごきぶり)(奥本大三郎/中公文庫)

ファーブル昆虫記の訳者によるエッセイ 上品な読み物。旅行記やファーブルの生涯の描写も多い タイトルの正確な表記は画像参照 おススメ度:★★★☆☆ また何でこの本を読もうと思ったかは簡単で、そのインパク …

死の棘(島尾敏雄/新潮文庫)

壮大な夫婦の痴話喧嘩の詳細 妻の狂いっぷりが凄い ひたすら繰り返される嫉妬の恐怖 おススメ度:★★★☆☆ この本もいつもの本屋の女性店員さんに推薦頂いた一冊だ。本の帯には「絶望的煉獄か 究極の夫婦愛か …

神鳥―イビス(篠田節子/集英社)

「発狂する謎の絵」「過去の惨劇」などの魅力的な設定 個性的なキャラクター造形。好みが分かれる。 オチは賛否両論。文章は読みやすい。 おススメ度:★★★☆☆ 本作品の大筋は、古典的な怨念モノのプロットを …

黒猫・黄金虫 (エドガー・アラン・ポー/新潮文庫)~概要と感想

クラシカルなホラー・幻想譚・探偵小説 名前だけ知っていて読んでいない系作家の一人 後世への影響力を垣間見る短編5つ おススメ度:★★★☆☆ 前日の記事が「乱歩と正史」というのは、全くの偶然だが、江戸川 …

日本代表を、生きる。(増島みどり/文藝春秋)

1998年フランスワールドカップに関わった人たちのインタビュー 現在日本のサッカー(選手)への提言 Jリーグなどについても おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 先日襲来した台風21号は、25年ぶりの …

アーカイブ